院長ブログ

たるみ取りについて

院長ブログ

年齢によって皮膚が下がってくる 、いわゆる「たるみ」を悩まれる方はたくさんおられます。
そして、それを治しにクリニックに来る方もたくさんおられます。

①種類
フェイスリフト、糸リフト、ウルセラなどのリフトアップレーザー

フェイスリフトはしっかり引き上げて長い間保たせるという意味ではこれに勝る方法はありません。余った皮膚を切除することができるのもこの方法だけです。腫れなどのダウンタイムはどうしても他の方法よりは長いです。

糸リフトは、溶ける糸を入れる場合と溶けない糸を入れる場合で多少違いはあります。
溶ける糸の場合、あげたいパーツ毎に細い糸をたくさん入れることでその部分を引き上げることが出来ます。腫れなどのダウンタイムは少なめです。

溶けない糸の場合、ほうれい線やマリオネットラインなどの引き上げたい部分から頭髪の部分まで長めのしっかりした糸を入れることでリフトアップを行います。手術直後のうち糸によるエクボのようなものができたりするのがデメリットかもしれませんが、いずれ治っていきます。

そしてウルセラなどのリフトアップレーザーです。切ったり針を刺したりなどはしませんので、割と受けてもらいやすい治療だと思います。人に会う予定がすぐにあるとか忙しい方はこちらがいいかもしれません。

院長ブログ

院長ブログ

【医師が解決】脂肪吸引治療の疑問

院長ブログ

YouTube撮影が楽しい!!

©フェアクリニック All Rights Reserved.

メニューへ戻る