院長ブログ

【医師が解説】フェイスリフト治療でヒラメ顔になるって本当!?

出演者情報

柴田医師:美容整形の女性の悩みについて本音の情報を発信している「Dr.柴田の美容整形予備校」主宰。

くらぬき:美容クリニックの主任カウンセラー。

フェイスリフトで顔が横に広がる!?

柴田医師:ヒラメ顔にならないフェイスリフト手術について授業を始めましょう!!こんにちは、ドクターの柴田です。

くらぬき:秘書のくらぬきです。

柴田医師くらぬき:よろしくお願いします。

柴田医師:今回の授業内容をくらぬきさんからお願いします!!

くらぬき:はい!!今回はフェイスリフト手術で顔が横に広がらないかについての授業です。

柴田医師フェイスリフト手術は究極の若返り治療と言われ、古くからとても人気の治療です。様々な若返り治療がありますけれども、フェイスリフト手術が圧倒的な効果だと思います。ただ多くの方が余った皮膚を取り除いて引っ張る手術だから、ヒラメのような平べったい顔にならないかと、顔全体が横に広がるのではないかと心配をされています。

様々な若返り治療の中でもフェイスリフト手術は圧倒的な効果が期待できる

くらぬき:ただ柴田先生のフェイスリフトではそのような仕上がりになる事はないので、その点を聞いていきたいと思います。

フェイスリフトで引っ張られた顔にならない?

柴田医師:確かに患者様からフェイスリフトを受けると引っ張られた顔にならないかと心配なさる声は聞きますね。

くらぬき:実際に他のクリニックでフェイスリフト手術を受けて引っ張り顔になり、「修正できないか見て欲しい…」という患者様も数名いらっしゃいましたね。

柴田医師:はい。横に引っ張られたヒラメ顔になる・ならないは手術方法によります。実際ヒラメ顔にした事がないので、よく分からないと言えば分からないんですけど(笑)フェイスリフト手術というのは皮膚を切って縫うだけではなくて、たるみの原因になっている皮膚の1つ奥にあるSMAS層という層を引き上げる事が大切で、それをしっかりしておけば皮膚を無理に引っ張る必要がなくなり、必要な分だけ切り取るというふうになるので、顔がつっぱったような結果にはまずならないかなと考えています。

必要な分だけの皮膚を切り取れば顔がつっぱった感じにはならない

柴田医師:皮膚のみを引っ張るだけだとどうしても無理が出て、それが目尻だったり口だったりの余計なつっぱりみたいになるのかなというふうに思いますけども。実際は今、SMAS層を処理しない先生がいるのかどうかは不明なんですけども、もしそういう事をされている場合は顔がつっぱる事が起こり得るのかなと思います。

SMAS層を処理しないクリニックでは顔がつっぱる可能性があるので要注意

SMAS層とは?

くらぬき:SMASってそもそもなんですか?

柴田医師SMAS層というのは『Superficial Muscular Aponeurotic Syestem』と言って、顔にしかない層なんですけど年齢によってやっぱり伸びちゃうんですね。伸びているところを治さずに手術しても欧米の人はそんなに問題ないらしいんですけれども、日本人とかアジア人の皮膚を上げる時には顔の皮膚だけではフェイスリフトがちゃんとできなくて、SMAS層をちゃんと見つけて引っ張り上げないとフェイスリフトがうまい事いかないというふうに言われています。

特にアジア人の顔はSMAS層をしっかり引っ張り上げないと良い仕上がりにならない

顔面の神経が麻痺することはない?

くらぬき:SMASをイジっても顔面神経が麻痺するという事はないですか?

柴田医師:はい。顔面神経は基本的にはSMAS層の下、SMASより深いところを走っているので、SMAS層を上げるだけならば顔面神経を切るような危険性はあんまりないと言っていいと思いますが、皮膚の切開線から遠いところにいくとだんだん顔面神経が浅いところに出てくるので、そこまで皮膚を剥離する必要があるとなるとそこを心配して治療をするべきかなというふうになってきます。

くらぬき:ただそこまで皮膚を剥離しなくてもしっかり引き上がるという事ですか?

柴田医師:そうですね。そこまで剥がさないといけないという事はほとんどないですね。中には顔面神経があるか・ないかのところまで剥離して手術される先生もおられるので、一概に剥がしちゃダメという事でもなくて、どこまで剥離すればちゃんと引き上がるのかという事がフェイスリフト手術では大事かなと思います。正しくリフトすればヒラメ顔にならないと理解していただけると嬉しいですね。今回の授業はここまで!!

くらぬき柴田医師:ありがとうございました。

©フェアクリニック All Rights Reserved.

メニューへ戻る

}