院長ブログ

【医師が解説】たれ目整形は切らなくても大丈夫!

院長ブログ

出演者情報

柴田医師:美容整形の女性の悩みについて本音の情報を発信している「Dr.柴田の美容整形予備校」主宰。

くらぬき:美容クリニックの主任カウンセラー。

てんP:マスコットキャラ兼プロデューサー。

たれ目形成を考える方は多い

柴田医師:こんにちは。ドクターの柴田です。

くらぬき:秘書のくらぬきです。

てんP:MCのプロデューサーてんPです。今回は最近非常に人気の治療たれ目形成について柴田先生に解説していただきます。

くらぬき:つり目を治したい、癒し顔になりたい、大きな目にしたい、優しい印象にしたい、たれ目でセクシーになりたいという理由でたれ目形成を考える方が多いですね。

てんP:てんP的にはセクシーはいらないから優しい印象とか癒し顔とか言われたいよな。

柴田医師:確かに目が下方向に向いているたれ目は優しい印象で癒し顔に見えますね。

 

グラマラスラインとは?

くらぬき:たれ目形成はグラマラスラインともいわれていますが、色っぽい印象にもなるグラマラスラインの語源はなんでしょうか?

柴田医師:たれ目形成はグラマラスライン形成とかパンダ目形成と呼ばれますね。グラマラスラインはたれ目になると大きなトロンとした目になるので、セクシーな印象になると、これを表したんでしょうね。

グラマラスライン形成の特徴でもある大きくトロンとしたセクシーな目になることが語源

目尻を下に下げるには具体的にどうすればいいの?

くらぬき:先生、目尻を下に下げるには具体的にどうすればいいか教えてください。切らないと駄目ですか?

柴田医師:切る方法と切らない方法があって、最近は二重の埋没法のように切らずに糸で留めるだけでできる治療が人気ですね。
※具体的な内容は動画をご確認下さい。

てんP:二重の埋没法は二重の折り目で糸が隠れますけれども、たれ目形成はあっかんべえをした皮膚の内側を縫うということですね。

柴田医師:そうですね。あっかんべえした赤いところを縫って、この糸も実際には結んでから留めます。

てんP:それはチクチクした感じとかどうなんでしょうか?

柴田医師ちゃんと埋まらないとチクチクする可能性がある手術なので、それは手術の際にちゃんと埋めるということを最後にします。

目薬麻酔の後、下まぶたの内側に麻酔の駐車を行います。痛みはほぼ感じません。

たれ目整形は腫れない?

てんP:切らないですけれども、腫れはどうでしょうか?

柴田医師:二重の埋没法で腫れるといってもそこまで腫れないというのと同じぐらいの感じでさほど腫れないと思います。ただ1週間ぐらいはちょっとむくみが出るかなとは思います。

てんP:それは治療するのが下まぶたの内側だから、下まぶたの部分が腫れる?

柴田医師:そうですね。目元、目の下がやはり腫れるということになります。

たれ目整形のダウンタイム

てんP:ダウンタイムについて教えてください。

柴田医師腫れの期間と同じ1週間ぐらいかなと思います。後は内出血が出たらちょっと紫色になることがありますけど、それは1~2週間ほどで引きますので、メイクでカモフラージュしていただければいいかなと思います。

内出血が出て紫がかることもあるが、メイクでカバーできる程度

目への影響はない?

てんP:目への影響、視力とかですね。その辺の影響はどうでしょうか?

柴田医師:基本的に視力自体は影響がないと思います。

てんP:違和感はどうですか?

柴田医師最初のうちはちょっと突っ張った感じというのは恐らくあると思いますけれども、直になじみますね。

たれ目整形をする上での注意事項

てんP:注意事項ってどうでしょう?

柴田医師:傷も残しませんので、基本的には特にないと言っていいかと思います。

コンタクトレンズはしても良いの?

てんP:コンタクトレンズをしていいかどうか、どうでしょう。

柴田医師コンタクトレンズは念のため3日ほどやめていただければよいかと思います。

切らないたれ目形成は糸が外れない?

てんP:埋没法も外れるリスクというのがあるんですが、切らないたれ目形成の外れるリスクはどうですか?

柴田医師多少はつり目の具合によって戻りというのは考えられますけれどもね。

てんP:戻ることを想定して多少たれたれにする、ちょっとたれ目を強くするみたいのはありますか。

柴田医師:あります。最初ちょっとやや強めにたれ目になります。良くも悪くもちょっと戻りますので、強めに計算してやります。

てんP:該当する人、しない人いらっしゃいますか。

柴田医師:三白眼といって、たれ目を作ったときに黒目の下にすぐ白目が出てしまうタイプの方は適用ではないかなと思います。

たれ目整形はできない人もいる!

てんP:先生、たれ目形成は二重の埋没法を違って、かなりの割合で適用するという感じではなさそうですね。できない人もいるという前提で来ていただかないといけないですか?

柴田医師:そうですね。特に三白眼になりやすい方というのが来られるので、そういった方はご案内できないということはあり得ると思います。

てんP:自分の目だと適用しないかもなというガイドライン的なのありますか?鏡でこうやってみてくださいみたいな。

柴田医師:軽くあっかんべえしたときにすぐ白いのが黒目の下に出る方というのはちょっと考えないといけないかもしれませんね。

くらぬき:逆さまつげの人も駄目ってことですよね?

柴田医師:はい。目の方向にまつげが向く傾向になるので、逆さまつげがある方はちょっと適用としては難しいかもしれません。

まとめ

柴田医師手軽に20分くらいでかわいらしい印象に変われるので、目がきつい方や印象を変えたい方はおすすめになります。

てんP:今回はたれ目形成、パンダ目形成、グラマラスライン形成について解説してもらいました。

柴田医師:ありがとうございました。

くらぬき:ありがとうございました。

院長ブログ

院長ブログ

【医師が解説】韓国で整形は超危険!?

©フェアクリニック All Rights Reserved.

メニューへ戻る