二重・目の専門外来

柴田院長の失敗しない二重・眼瞼下垂・たるみ治療とは?
柴田院長の失敗しない二重・眼瞼下垂・たるみ治療とは?
“痛くない腫れない治療”をご提供できるよう、いつも心がけています。

二重まぶたクイック挙筋埋没法費用:72,000円(税別)治療後一定期間、むくみによってご希望のラインより広くなります。

柴田院長の症例解説
「下垂気味のまぶたが挙筋に糸を通すことで開きやすくなり、黒目が大きいばっちりしたやさしい印象の目になりました。」

  • 二重まぶたクイック挙筋埋没法 治療前治療前
  • 二重まぶたクイック挙筋埋没法 直後直後
  • 二重まぶたクイック挙筋埋没法 7日後7日後

脱脂法(上まぶた脂肪除去)の風景

小さな針穴から、まぶたを重く見せる脂肪を除去します。黄色く出ているかたまりが、まぶたの脂肪です。

  • 脱脂法(上まぶた脂肪除去)の風景
  • ワンデーカット埋没法
  • ワンデークイック挙筋法

Profile

院長 柴田 健了

フェアクリニック 院長柴田 健了(しばた たけのり)

京都大学医学部卒業
日本形成外科学会形成外科専門医

経歴

平成11年3月 京都大学医学部卒業
平成11年6月 京都大学医学部形成外科入局
平成12年4月 大阪赤十字病院形成外科
平成18年4月 城本クリニック京都院院長就任
平成29年4月 青山セレスクリニック川口院 開設
令和2年5月 フェアクリニック川口 開設

こんにちは、院長の柴田です。
私が行う「二重まぶた」「眼瞼下垂(がんけんかすい)」「まぶたのたるみ」の治療について、治療方法、効果、料金、術後の経過や注意事項などをわかりやすくご説明します。
治療を検討している方の参考になればうれしいです。
当院の治療は、すべて私、院長の柴田が低価格で行います。
「YouTubeカウンセリング」もぜひご覧ください。

当院の治療は保険外診療となります。
料金はすべて税別表記です。

ワンデークイック埋没法(3年保証)費用:両目29,800円

ワンデークイック埋没法ワンデークイック埋没法

まったく切らない埋没法

【治療方法】
【治療時間】両目で10~15分
まぶた2か所に極細の糸を通して結ぶ、まったく切らない方法です。
片目で2点ずつ留める方法が一般的です。片側だけの治療も可能です。
目を閉じて鏡を近づけると糸が小さな点のように見えますが、やがて埋まっていくため治療あとは残りません。

【3年保証】

3年以内にラインが消えた場合、再治療を無償で行います。

【術後の経過・痛み・腫れ・内出血】

目薬の麻酔を使用して治療を行うため、治療中の痛みはほぼありません。
一時的に希望の二重のラインよりも広くなりますが、4~5日から7日で落ち着き、仕上がっていきます。糸を通す際に小さな内出血の青さが出ることがありますが、周囲にわかることはありません。メイク、洗顔、シャワーは当日より可能です。

ワンデーカット埋没法(永久保証)
費用:両目59,800円

ワンデーカット埋没法

数ミリ切開する外れにくい埋没法

【治療方法】
【治療時間】両目で約20分
まぶた2か所を1~2ミリ切開し、極細の糸を通して結ぶ方法です。
片目で2点ずつ留める方法が一般的です。
片側だけの治療も可能です。
目を閉じて鏡を近づけてみると、数ミリの切開あとが見えますが、二重のラインに隠れやがてふさがるため治療あとはわかりません。

【術後の経過・痛み・腫れ・内出血】

目薬の麻酔を使用して治療を行うため、治療中の痛みはほぼありません。
一時的に希望の二重のラインよりも広くなりますが、4~5日から7日で落ち着き、仕上がっていきます。
糸を通す際に小さな内出血の青さが出ることがありますが、周囲にわかることはありません。
メイク、洗顔、シャワーは当日より可能です。

【永久保証】

ラインが消えた場合、再治療を無償で行います。

クイック挙筋埋没法(永久保証)
費用:両目8万円

クイック挙筋埋没法

広め・平行型希望の方向けの埋没法

【治療方法】
【治療時間】両目で10~15分
まぶた2か所に極細の糸を通して結ぶ、まったく切らない方法です。
挙筋と呼ばれる目を開ける筋肉に糸を通すことで、広めのライン、平行型のラインをきれいに出すことができる方法です。目頭部分の蒙古(もうこ)ヒダが広い方で、切らずに広めのラインや平行型のラインに仕上げたい方におすすめです。
目が開きにくい眼瞼下垂症を解消する効果もあるため、目の開きがよくなります。
目を閉じて鏡を近づけると糸が小さな点のように見えますが、やがて埋まっていくため治療あとは残りません。片側だけの治療も可能です。

【永久保証】

ラインが消えた場合、再治療を無償で行います。

【術後の経過・痛み・腫れ・内出血】

目薬の麻酔を使用して治療を行うため、治療中の痛みはほぼありません。
一時的に希望の二重のラインよりも広くなりますが、4~5日から7日で落ち着き、仕上がっていきます。糸を通す際に小さな内出血の青さが出ることがありますが、周囲にわかることはありません。メイク、洗顔、シャワーは当日より可能です。

切開法費用:部分切開9万円
全切開20万円

切開法

目の内側のヒダが広く、二重のラインがかぶさりやすい方へ

  • たるみを切開する位置をデザイン①たるみを切開する位置をデザイン
  • 切除後、瞼板に糸を通す②切除後、瞼板に糸を通す
  • ③縫合し終了
【治療方法】【治療時間】両目で30~45分

まぶたのラインに沿って切開し、二重のラインを作る方法です。上まぶたの皮膚が厚い、埋没法では糸が安定せず外れやすい、幅の広いラインを希望している方おすすめの治療法です。片側だけの治療も可能です。

【術後の経過・痛み・腫れ・内出血】

目薬の麻酔を使用して治療を行うため、治療中の痛みはほぼありません。
術後の腫れが出やすく、10日~14日ほどで落ち着き、1~2か月をかけて仕上がっていきます。
7日後に抜糸を行いますが、しばらくは縫合部分に赤みがあります。
治療部位以外のメイク、洗顔、シャワーは当日より可能、治療部位は抜糸後より可能です。

脱脂(だっし)法費用:両目9万円

脱脂(だっし)法

数ミリ切開し脂肪を除去してまぶたの重さを解消

上まぶたの脂肪が多いことで、目が重く見える、二重のラインがかぶさりやすい方には脱脂法を合わせて行う方法もおすすめしております。二重のラインに沿って数ミリ切開し、上まぶたの脂肪を可能な限り多く除去します(将来的にくぼまないよう、細心の注意を払います)。
目元がすっきりし、安定した幅がきれいなラインに仕上がります。

目頭切開法費用:両目18万円

目頭切開法

目の内側のヒダが広く、二重のラインがかぶさりやすい方へ

【治療方法】
【治療時間】両目で30~45分
目の内側には蒙古(もうこ)ヒダと呼ばれる、水かきのようなヒダがあります。
アジア人はこのヒダが広いことが特徴で、目が小さく見える、二重のラインがかぶさりやすいなどのデメリットがあります。
目頭切開はこのヒダを切除・縫合して目の幅を広げることで、目を大きく見せる、二重のラインのかぶさりがなくなり平行なラインが出やすくなる、という効果があります。

【術後の経過・痛み・腫れ・内出血】

目薬の麻酔を使用して治療を行うため、治療中の痛みはほぼありません。
目頭の切除部分に糸が付き、7日後に抜糸を行います。
大きな腫れは出にくいですが、1~3か月ほど縫合部分に赤みがあります。治療部位以外のメイク、洗顔、シャワーは当日より可能、治療部位は抜糸後より可能です。

他院二重治療後の修正~糸の除去は無料です~

過去に他のクリニックで二重まぶた治療を受けたが、「ラインが気に入らない」「薄くなった」「消えた」などを修正する修正治療も私は得意です(形成外科出身の腕が鳴ります!)。
当院で修正治療を受けるにあたり、過去に入れた埋没法の糸を除去したほうがよいと判断した場合でも、除去費用は無料で行っております。
修正治療を受けたいけれど料金が心配、という方もどうぞご相談ください。

眼瞼下垂ワンデー埋没法(永久保証)費用:両目14万円

眼瞼下垂ワンデー埋没法

埋没法の応用による切らない眼瞼下垂治療

【治療方法】両目で20~30分

目を開ける筋肉である挙筋(きょきん)が弾力なく伸びたゴムのようになっている場合、目が開きにくい、目が小さく見える、などのデメリットがあります。
極細の糸によって挙筋を縫い縮めることで、目が開きやすくなる方法が「眼瞼下垂ワンデー埋没法」です。
まったく切らない方法で、眼瞼下垂の治療に加えきれいな二重のラインを作ることが可能です。
目を閉じて鏡を近づけると糸が小さな点のように見えますが、やがて埋まっていくため治療あとは残りません。片側だけの治療も可能です。

【術後の経過・痛み・腫れ・内出血】

目薬の麻酔を使用して治療を行うため、治療中の痛みはほぼありません。
一時的に希望の二重のラインよりも広くなりますが、4~5日から7日で落ち着き、仕上がっていきます。
糸を通す際に小さな内出血の青さが出ることがありますが、周囲にわかることはありません。
メイク、洗顔、シャワーは当日より可能です。

【保証】

症状が改善されにくい場合、ご相談ください。

眼瞼下垂切開法費用:両目28万円

眼瞼下垂切開法眼瞼下垂切開法

眼瞼下垂の症状が非常に強い方へおすすめの方法

【治療方法】【治療時間】両目で60分

上まぶたをラインに沿って切開し、挙筋を瞼板(けんばん)に固定することで目の開きをよくする手術です。
切らない方法である「眼瞼下垂ワンデー埋没法」でも多くの眼瞼下垂症は改善しますが、症状が強い場合は切開法をおすすめしております。
上まぶたのたるみがある、脂肪が多いなどの場合、手術によって同時に解消するメリットがあります。片側だけの治療も可能です。

【術後の経過・痛み・腫れ・内出血】

目薬の麻酔を使用して治療を行うため、治療中の痛みはほぼありません。
術後の腫れは、10日~14日ほどで落ち着きます。最終的な仕上がりは2~3か月が目安となります。
7日後に抜糸を行いますが、しばらくは縫合部分に赤みがあります。
治療部位以外のメイク、洗顔、シャワーは当日より可能、治療部位は抜糸後より可能です。

当院の治療は保険外診療となります。料金はすべて税別表記です。

フェアクリニック川口

フェアクリニックフェアクリニック

当院は柴田院長のみが治療を行うワンドクタークリニックです。
川口駅直結で最高のアクセスです。
(川口駅東口1分)

〒332-0017 埼玉県川口市栄町3-5-1 川口ミツワビル 6F

tel0120-667-080

©フェアクリニック All Rights Reserved.

メニューへ戻る