院長ブログ

【医師が解説】脂肪注入豊胸は痩せながら胸を大きくできる?

出演者情報

柴田医師:美容整形の女性の悩みについて本音の情報を発信している「Dr.柴田の美容整形予備校」主宰。

くらぬき:美容クリニックの主任カウンセラー。

てんP:マスコットキャラ兼プロデューサー。

脂肪注入豊胸とは?

柴田医師:脂肪注入豊胸の動画を見ながら解説しましょう!こんにちは、ドクターの柴田です。

くらぬき:秘書のくらぬきです。

てんP:MCの天の声プロデューサー、てんPでーす!回は、吸引した脂肪を、バストに入れて大きくする、脂肪注入豊胸について、手術動画を見ながら、本音解説です。くらちゃん、この治療は、女子的にどうなの?

くらぬき:はい。いらない脂肪を吸い取って大きくしたいバストに入れるって、最高の自給自足治療だと思います。ほぼ全女子が憧れる治療かもしれないです。

脂肪注入豊胸のイメージは?

てんP:胸への注入自体は女子的には怖くない?

くらぬきヒアルロン酸豊胸なんかだと気軽なので、胸への注入自体は平気なイメージです。脂肪吸引のハードルが高いと思います。

てんP:柴田先生、実際に、脂肪吸引と胸への注入だと、患者さんにとっては脂肪吸引の方が怖いイメージはありますか?

柴田医師:はい。やっぱり脂肪吸引っていうのはね、大変なイメージがあるかと思います。

治療方法は?

柴田医師脂肪吸引の人気部位はお腹とか、太もも、お尻ですが、そこから吸引をします。脂肪吸引をする時間は大体、30分から45分ていうところですかね。吸引した脂肪の中から定着しやすいものを選別して注射器に移し替えます。胸へ注入していくのですが、バストを整えながら注入するので、そこに20〜30分ほど時間をかけていきます。

くらぬき:バストへ注入する場合、どれくらいの量の脂肪を吸引して、どれくらいの量を入れられますか?どのくらい残りますか?

柴田医師:はい。どれぐらいの量の脂肪が吸引できるかは体格とかあと部位にもよりますが、例えばお腹だと500ccから1000ccぐらい脂肪が取れるかと思います。その内、選別して入れられる脂肪っていうのは150ccずつ…から200ccずつ…ぐらい。でその内残るのは、30〜60%かなっていう風になります。

持続期間は?

てんP:どれぐらい持つものですか?

柴田医師:脂肪の場合、入れたものが、吸収される分っていうのは必ずあって、吸収されるのは大体3週間から1ヶ月で吸収されてしまって、1ヶ月後に残っているものは大体半永久的に残ってくれますので、それが3割から6割っていうところになります。

てんP:そうすると、ある程度入れる量は多い方がいいですか?

柴田医師:多い方が定着する…残りはある程度多いかとは思いますけども、適切な量っていうのはあるかなと思います。

脂肪注入豊胸はデザインが大事?

てんP:ザーッと注入すればいいものではなくて、どの位置にどれぐらい入れる、元々のバストの左右差を考えながら入れるんですよね。それってデザインが大事ですか?

柴田医師:デザインも大事ですけど、どちらかというと、乳腺と大胸筋の位置とか、そういった中で、中の仕組みというか解剖をちゃんと知ってた方がより大事かなと思います。

術後の状態は?

くらぬき:入れた後はしばらく手触りが硬いですか?

柴田医師:そうですね。最初はちょっと多めに入れる感じになって、ちょっとパンパンみたいなとこがあるので、触るとちょっと硬さが感じられると思いますけど、定着した脂肪はもう脂肪の細胞なので、段々硬さはなくなります。

くらぬき:私の友人が、実際に脂肪注入豊胸を受けていて、入れた後の形を見せてもらったことがありますが、デコルテははじめバンッと張ってますが、3ヶ月くらいするとデコルテ部分も滑らかになってきれいになりますよね。始めは手触りが硬かったのが、段々柔らかくなって自然な感じになります。10年経ってるけど、今もいいサイズです。

徐々に柔らかくなり自然な感じになる10年経ってもサイズをキープしている

柴田医師:最初に多めに入れて定着する、その吸収されるのは大体、される時間っていうのは大体1ヶ月なので、1ヶ月の間は少し硬さがあるかなと思います。1ヶ月過ぎて定着したものは大体ずっと残ってくれますからね。自然な元の脂肪の柔らかさになってくれます。

シリコンバックと比べてどうなの?

くらぬき:シリコンバッグの手触りと比べるとどう思いますか?

柴田医師:そうですね。シリコンバッグは、ちゃんと上手に入れたらきれいなこともあるんですが、被膜ができて拘縮したりする可能性があるので、その場合はやっぱりちょっと硬さを感じることがあります。あるいは、シリコンの端っこが何か分かるとかいうこともありますので、自然な柔らかさっていうのはやはり脂肪の方が勝るかなと思います。

 

まとめ

柴田医師痩身と豊胸が同時に叶う理想的な治療だと思います。安全でダウンタイムもできるだけ短くなって、尚かつ料金も安くなれば、もっと具体的に考える方は多くなると思います。そうできるように、私も研究していきたいと思います。

てんP:くらちゃんどう?脂肪注入豊胸のこと伝わったかな?

くらぬき:はい。ハードルが高い治療でしたが、とても分かりやすかったので検討する方が多いと思います。

てんP:今回は、脂肪注入豊胸を手術動画を交えて柴田先生に解説してもらいました。

柴田医師くらぬき:ありがとうございました。

©フェアクリニック All Rights Reserved.

メニューへ戻る

}