最新
情報

美容コラム

二重整形の失敗が不安な方へ|失敗例や大切なポイントを知ろう!

この記事を書いた人

柴田 健了(しばた たけのり)

京都大学医学部卒。日本形成外科学会専門医。長年の治療実績、論文の成果が認められた医師のみが認定される日本形成外科学会専門医の資格を持つ。20年以上形成外科・美容外科の専門医として従事し、大手美容外科を経て、フェアクリニック川口院/東京院を開設。クリニックのコンセプト「フェア(正しい・明瞭)」を掲げ、良質な技術を提供。▶公式サイトURL:https://fairclinic.jp/about/

「二重整形に興味があるけれど、失敗するのが怖い」
「どこのクリニックなら失敗しないのか知りたい」

ネットの検索欄には「二重整形 失敗」「二重整形 しない方がいい」といったネガティブワードが多く見られるため、二重整形に対して不安な気持ちをお持ちの方も多いでしょう。

本記事では、二重整形の失敗例と失敗を回避するための方法について紹介していきます。二重整形を検討している方は、ぜひ参考にしてください。

 

二重整形を失敗する確率は0%とは言い切れない

二重整形は、短時間で施術が完了することから手軽な美容整形として知られています。しかし、クリニックで二重整形をしたからと言って必ずしも「理想の二重」になるとは限りません。

カウンセリングが不十分であったり、医師の技術力不足であったり、失敗の理由はさまざま。施術自体は成功しても「思っていたイメージと違う…」と患者側が感じたなら、失敗といえるでしょう。

また、埋没法や切開法によっても失敗例は異なります。
埋没法はまぶたを糸で止めて二重を作るため、ラインの仕上がりや糸の持続性に関する失敗リスクが考えられます。

一方、切開法はメスをまぶたに入れるため、腫れや痛みなどの肌トラブルが多い傾向にあるのです。

二重整形における失敗の確率は施術を受けるクリニックによって異なるので、一概に0%とはいえません。失敗しないためには、失敗症例を知り自分に合った方法を選ぶことが重要です。

理想の二重になるために、本記事で失敗例を事前にチェックしていきましょう。

埋没法?切開法?詳しく知りたい方は、以下の記事も参考にしてください。

二重整形の埋没法・切開法はどっちがいい?さまざまな観点から比較!

 

実際にある!二重整形の失敗例を確認しよう

具体的な二重整形の失敗例とは大きく分けて次の2つが考えられます。

1. 仕上がりが理想の二重ではない
2. 腫れや痛みなどの後遺症

ここでは、二重整形のよくある失敗例を8つ紹介します。

 

失敗例①二重幅が広すぎる・不自然なライン

芸能人のようなぱっちりとした幅広い二重に憧れを持たれる方は多いでしょう。二重の幅が広ければ広いほど目力が強く印象的な目もとになれると思われがちですが、実際はそうとも限りません。

元々目が小さめの方が二重の幅を広げすぎてしまうと、まぶたに負荷がかかり余計に小さく見えてしまう傾向があります。

「幅広い平行型の二重にしたい」「とにかく目もとを大きく見せたい」という要望を持つ気持ちはとてもよくわかりますが、二重のラインはほんの数mmの差で印象が大きく変わります。

医師の説明を受けて、自分に合った二重のデザインを提案してもらいましょう。

 

失敗例②左右の目で二重に差がある

どんな人でも目の大きさや形には左右差があります。医師はカウンセリングで患者さまの目の形状を把握し、施術後の仕上がりイメージを踏まえたうえで施術を行います。

しかし、実績のない医師だと患者さまの希望を優先してしまい、結果的に左右差に大きな違いが出てしまうことがあるのです。

そうならないためにも、カウンセリングを丁寧に行ってくれる実績の高いクリニックを選びましょう。

また、ダウンタイムの影響で左右差が目立つこともあるので、アフターケアに力を入れているクリニックで施術を受けることもおすすめです。

 

失敗例③二重ラインが消えてしまった

二重ラインが消えてしまい、元のまぶたに戻ってしまうケースもあります。これは、埋没法で起こる現象です。

埋没法は糸を皮膚に縫い留めて二重のラインを作りますが、術後に目もとを強く掻いたりこすったりすると、糸がゆるんだり外れてしまうことがあります。

また、元々まぶたが重めの一重の方や目力が弱い方の場合は、二重のラインの折り込みが弱まり浅いラインになってしまうことも。リスクを避けるためには、メスを入れる切開法を選ぶことがおすすめです。

 

失敗例④いつになっても傷跡が目立つ

切開法で二重整形を受けた場合、メスを入れたことで傷跡が目立ってしまうことがあります。

術後1ヵ月ほどは内出血やむくみなどが気になるかもしれませんが、長くても半年経つと傷跡は治まっていきます。メイクでカバーするなどして、目立たないようにセルフケアしましょう。

特にケロイド体質の方は傷跡が目立ちやすい傾向にあります。医師からのアフターケアに従って、目もとへの刺激は避けるなど対策を行うようにしてください。

 

失敗例⑤糸によってくぼみが生じた

埋没法の場合、糸を結んだ箇所がくぼんでいるように見えて、目を閉じると結び目が点状に目立ってしまうことが考えられます。まぶたが厚い一重や奥二重の方や、皮膚が元々硬めの方に見られるケースです。

一般的に1ヵ月ほど経つと自然と馴染んでいきますが、なかなかくぼみが消えない場合は、糸が皮下に引き込まれている可能性があります。

そのままにしておくと「大きなしこり」となってしまうこともあるので、早急に施術を受けたクリニックへ相談するようにしてください。

 

失敗例⑥まぶたにしこりができた

失敗例⑤と似た事例ですが、埋没法によって糸を縫い留めた箇所がしこりとなり違和感を抱くことがあります。

皮膚の浅い部分に結び目を作ってしまうことで、しこりのような異物感に悩まされてしまう方も。

ただ通常は糸を縫う際、糸玉を留める深さや数などを患者さまの目もとの状態に合わせてデザインするため、しこりができてしまう可能性は少ないので安心してください。

施術後1ヵ月経っても目もとのゴロゴロとした違和感がなくならなければ、迷わずにクリニックへ相談しましょう。

 

失敗例⑦ハム目・眠そうな二重になった

術後にまぶたの腫れが目立ち、眠たそうな目もとに見えてしまうことがあります。こうした目もとは「ハム目」と呼ばれます。

ハム目は、患者さま側の「幅広の二重にしてほしい」といった希望を鵜呑みにして、カウンセリングが不十分なまま施術を行ってしまうことが原因です。ほかには、医師の技術不足もハム目の要因の1つといわれています。

まぶたが腫れぼったくなることで目もとが開けにくくなり、理想の二重とはほど遠い見た目になってしまうことも。

再手術も可能ですが修正には高い技術を要するので、二重整形を行う場合は、クリニックの実績や医師の技術力をリサーチして選ぶようにしましょう。

 

失敗例⑧腫れや内出血がいつまでも治らない

ダウンタイムとして、腫れや内出血が長引く可能性もあります。

術後にダウンタイムが強く現れる方は大きく分けて、以下の2パターンに分けられます。

①体質
②デザインが合っていない

まぶたが硬く厚い方やアトピーをお持ちの方、二重アイテムなどの影響でまぶたに炎症が起こっている方は腫れやすい傾向にあります。

二重を大幅に広く取った場合も、術後の腫れは目立ちやすい傾向があります。特に元々の幅よりも大きく変化があればあるほど長引きやすいといわれています。

腫れや内出血の肌トラブルはダウンタイムによるものが多いですが、2ヵ月以上長引く場合は医師の診断を仰ぎましょう。

 

失敗・後悔を回避!二重整形において大切なポイント

二重整形の失敗は、施術方法や体質などによって原因はさまざまであることがわかりました。ここからは、自分の理想の目もとに近づくために押さえておくべきポイントを5つ紹介します。

 

Point①リスクやダウンタイムについて理解する

二重整形は、美容整形の中でもカジュアルな施術として若い世代を中心に人気ですが、あくまでも「整形」です。腫れや内出血といったダウンタイムはあるものと理解して、施術に臨みましょう。

ダウンタイムは、施術を受けて通常の生活に戻るまでの期間のことです。

この期間に起こる腫れや内出血、痛みといった症状は患者さまの体質やまぶたの状態によって異なるため、術後に症状が出たとしても失敗ということではありません。

ダウンタイムでは以下のような症状があります。

  • 腫れ
  • 内出血
  • まぶたの違和感
  • まぶたのゴロゴロ感
  • かゆみ

ダウンタイムに起こる症状は時間が経つと徐々に治まるため、慌てず安静にして過ごすことが大切です。

二重整形のダウンタイムについて詳しく知りたい方は、以下の記事も参考にしてください。

二重切開法ダウンタイムの症状と経過を紹介!短くするコツは?

 

Point②術後の生活に気をつける

施術後はダウンタイムの影響で、目もとの腫れや痒み、違和感に悩まされるかもしれません。しかし、気になって触ったり冷やし過ぎたりしては、余計に状態が悪化してしまう可能性があります。

クリニックで処方された薬を用法用量を守って使用し、安静に過ごすようにしましょう。ダウンタイムに無理をしないよう、あらかじめ長期間の休暇を取ることもおすすめです。

 

Point③自分に適した治療法を選択する

「せっかく二重整形をするなら、幅広の二重になりたい」「モデルのようなぱっちり平行二重になりたい」こうした希望のある患者さまはたくさんいます。

しかし、二重幅が広すぎると、眠たそうな目もとになったり、反対に目が小さく見えたりして不自然な仕上がりとなってしまうことも。二重幅は、必ずしも「理想のデザイン」と「自分に合ったデザイン」が同じとは限りません。

美しい目もとを目指すためには、カウンセリングで医師の説明を受けて自分のまぶたの状態に適した治療法を選ぶようにしてください。

 

Point④信頼できるクリニック・医師に依頼する

二重整形を失敗しないために最も重要なのは、クリニック選びを間違えないことです。

クリニックで行っている施術内容や症例実績数、保証内容について事前にリサーチすることが大事です。ネットやSNSの口コミから情報を仕入れる方法もありますが、おすすめは実際にカウンセリングで医師の説明を直に受けることです。

カウンセリングでは、医師がまぶたの状態を診察し最適な施術法を提案してくれます。医師の説明を受け「このクリニックなら信頼できる」と納得出来れば、そのまま契約に進みましょう。

 

Point⑤痛みや腫れ対策をしている医院を選ぶ

二重整形の実績があるクリニックは、術後の痛みや腫れを麻酔によって軽減できます。痛みが不安という方は、麻酔を行ってくれるクリニックを選ぶようにしましょう。

フェアクリニックでは、麻酔に目薬と局所麻酔を併用するため、治療中に痛みを感じることはほとんどありません。

術後の腫れも10〜14日ほどで落ち着くので、長引く心配もありません。施術は腫れや内出血が少ないように治療部位を最小限にした施術を行っているので、ダウンタイムが心配な方も安心してご相談ください。

 

二重整形に失敗した場合は?当院にある万が一の保証

万が一、二重整形に失敗した場合はどうすればよいか気になる方も多いのではないでしょうか。ここでは、フェアクリニックで行っている二重整形の保証についてご紹介します。

他院で失敗されてしまった際の修正治療も積極的に取り組んでいるため、お困りことがあれば当院へご相談ください。

 

①他院の修正治療|無料で糸を除去

フェアクリニックでは、他院の修正治療を積極的に行っています。

二重整形における他院修正治療とは、治療してもらったけれど仕上がりに不満足だったり、ラインが消えてしまったり、術後のトラブルが目立つなどの不具合を他院で再手術することです。

仕上がりに不満がある場合は、施術を行ったクリニックで再手術を行うことが理想的ですが、失敗されてしまったクリニックに再度手術を依頼するのは抵抗を感じてしまうもの。実績の高い修正治療が得意なクリニックに任せたほうが安心という方もいるでしょう。

フェアクリニックの修正治療は、他院で入れた埋没法の糸の除去費用は無料で行います。修正治療費を少しでも抑えたいという方におすすめです。

 

②無料の再治療|失敗が怖い方も安心

フェアクリニックでは、無料で再治療を行えるなど保証内容が充実していることでも知られています。

保証期間は治療法によって異なります。それぞれの治療の保証期間は以下の通りです。

治療プラン 保証期間 保証内容
ワンデークイック埋没法 1年保証 1年以内にラインが消えた場合、再治療を無償で行います。
ワンデーカット埋没法 永久保証 ラインが消えた場合、再治療を無償で行います。
クイック挙筋埋没法 永久保証 ラインが消えた場合、再治療を無償で行います。
眼瞼下垂ワンデー埋没法 永久保証 症状が改善されにくい場合、ご相談ください。

 

当院は、失敗への不安に寄り添った二重整形を行います

目が与える印象は大きいため、「ぱっちりとした二重に憧れるけど失敗したらどうしよう」と不安に感じてしまう方も多いでしょう。

当院では、患者さまの不安な気持ちに寄り添った二重整形を提供しています。

 

当院院長が患者様に約束する5つの条件

当院の院長・柴田は二重整形を検討している患者さまへ向けて、次の5つの条件をお約束します。

1. カウンセリングは、院長自らが治療プランをご提案
2. ダウンタイムを抑えた治療方法を推奨
3. 目薬の麻酔や完全無痛麻酔で痛みを抑える対策
4. 患者さまに合った二重のラインをデザインのご提案
5. 満足度の高いアフターケアをご提供

当院では、院長である柴田がカウンセリングから施術、アフターケアのご説明を担当しています。施術に対する不安や確認しておきたいことを相談しやすい環境なので、患者さまからの多くの支持をいただいています。

理想の二重に近づくために、一人ひとりに最適なご提案を差し上げることを心がけています。

 

低価格で良質な治療を提供できるワケ

当院では、「すべての治療価格を低価格でご提供する」ことをコンセプトに患者さまが治療を受けやすい料金形態をご用意しています。

美容クリニックの料金プランは、「高額」「強い勧誘」「当初の予算よりオーバーする」といったネガティブなイメージを持たれがちです。たしかに、一部では価格設定が不透明で予算よりも遥かにオーバーした金額を請求するクリニックも存在します。

当院で提供している料金プランは、ホームページで記載した料金通りです。追加で別途費用を請求することはございません。

なぜ低価格で質の高い美容治療を提供できるのでしょうか?具体的には、次の4つの理由があります。

1. 徹底したIT化で、少数精鋭での運営を実現。人件費の削減に成功
2. 都心部から少し離れた埼玉県川口市にクリニックを展開している
3. 口コミや紹介でリピーター確保。無駄な広告費を削減している
4. 利益を重視しない「地元密着型のクリニック」

フェアクリニックは「日本一高品質で低価格の美容クリニック」を目指しています。

 

日本形成外科学会専門医の院長が最後まで担当

当院の施術は全て、院長である柴田が担当します。

日本形成外科学会専門医とは、次の条件をクリアした医師のことを指します。

  • 医師免許を持ち、日本形成外科学会に4年以上正学会会員として在籍
  • 学会認定施設で規格研修を受け、必要書類を提出
  • 形成外科学会専門医試験に合格

民間資格と比べて、難易度が高く狭き関門といわれています。

当院では、施術だけでなくカウンセリングからアフターケアまでを日本形成外科学会専門医である柴田院長が担当するので、初めての方もお気軽にご相談ください。

 

気になる症例|HP&YouTubeからも確認できます

症例①二重クイック挙筋(2点留め)

 

手術名 二重まぶたクイック挙筋(2点留め)
手術の詳細 まぶた2か所に極細の糸を通して結ぶ方法です。挙筋と呼ばれる目を開ける筋肉に糸を通すことで、広めのライン、平行型のラインが目指せます。
保険適用の有無 保険適用外
施術時間 両目で10~15分
手術の副作用 一時的に希望の二重のラインよりも広くなりますが、4~5日から7日で落ち着き、仕上がっていきます。

糸を通す際に小さな内出血の青さが出ることがありますが、周囲にわかることはありません。

治療部位以外のメイク、洗顔、シャワーは当日から、治療部位は術後4日目から可能です。

手術の価格 両目88,000円

 

症例②全切開法

手術名 全切開法
手術の詳細 まぶたのラインに沿って切開し、二重のラインを作る方法です。上まぶたの皮膚が厚い、埋没法では糸が安定せず外れやすい、幅の広いラインを希望している方におすすめです。片側だけの治療も可能です。
保険適用の有無 保険適用外
施術時間 両目で30~45分
手術の副作用 目薬の麻酔と極細の針で行う局所麻酔を併用して治療を行うため、治療中の痛みはほとんどありません。

術後の腫れは10~14日ほどで落ち着き、1~2ヵ月かけて仕上がっていきます。

7日後に抜糸を行いますが、しばらくは縫合部分に赤みがあります。

治療部位以外のメイク、洗顔、シャワーは当日から、治療部位は抜糸後から可能です。

手術の価格 両目22万円

 

さらに詳しく知りたい方へ|YouTubeの動画をご覧ください

当院の公式ホームページでは、ほかにも多くの二重整形の症例写真をご用意しております。

公式YouTubeからは、手術から術後のダウンタイムまでの経過をご確認いただけます。気になる方はぜひご覧ください。

 

まとめ:二重整形したいけど怖いという方は、電話やメール相談から始めませんか?

二重整形は、必ずしも失敗しないとは言い切れません。実績のないクリニックで施術を受けたり、カウンセリングで思うように希望を伝えきれなかったりすると、施術は「失敗」となってしまうでしょう。

当院ではカウンセリングからアフターケアまでを二重整形の経験が豊富な柴田院長が担当します。お悩みを解消し理想の二重を目指したい方は、ぜひ当院での施術をご検討ください。

二重・目に関する施術の詳細はこちら

©フェアクリニック All Rights Reserved.

メニューへ戻る

}