最新
情報

美容コラム

二重整形の埋没法・切開法はどっちがいい?さまざまな観点から比較!

この記事を書いた人

柴田 健了(しばた たけのり)

京都大学医学部卒。日本形成外科学会専門医。長年の治療実績、論文の成果が認められた医師のみが認定される日本形成外科学会専門医の資格を持つ。20年以上形成外科・美容外科の専門医として従事し、大手美容外科を経て、フェアクリニック川口院/東京院を開設。クリニックのコンセプト「フェア(正しい・明瞭)」を掲げ、良質な技術を提供。▶公式サイトURL:https://fairclinic.jp/about/

「二重整形をしたい」「埋没と切開どちらが良いのだろう」
このように二重整形に関した悩みをお持ちの方も多いのではないでしょうか。

二重整形には、埋没法と切開法があり、どちらが自分に合っているのか悩んでしまいますよね。施術法によって仕上がりやダウンタイムも異なるので、慎重に判断したいところです。

本記事では、二重整形の埋没と切開のどちらが良いのかを紹介します。

 

二重整形は埋没と切開どっちがいい?まずは違いを理解しよう

二重整形には、埋没と切開があります。施術法によって仕上がりやダウンタイム、価格など様々な部分が異なるので、違いを理解しておくのが大切です。

ここからは、埋没と切開の違いについて紹介します。

 

治療内容|大きな違いは「切る」か「切らない」か

埋没と切開の大きな違いは「切る」か「切らないか」です。

埋没は、理想のラインが出るようまぶたの裏に医療用の糸を通して、留める方法です。切らないため、ダウンタイムが比較的少なく、短時間で施術が終了します。抜糸をすればもとに戻すことが可能であり、手軽に受けられるプチ整形として人気です。

切開は、二重のラインに沿ってメスを使って切開し、縫合する方法です。切開しているため、半永久的に効果が続くのがポイントです。しかし、埋没法のようにもとに戻すのは難しく、デザインや仕上がりによっては後悔する可能性もあります。

ここからは、当院で行っている埋没と切開について紹介します。

 

埋没法①メスを使用せず糸で二重を作る「ワンデークイック」

「ワンデークイック」は、医療用の糸をまぶたの裏に通して留める、全く切らずに二重を作ります。まぶたの中央辺りに1点留める方法で、片目のみの施術も可能です。費用は、両目32,780円です。

施術前に、点眼タイプの麻酔と局所麻酔を使用するため、施術中の痛みはほとんどありません。術後は、一時的にラインが広くなりますが、4〜5日で落ち着きます。また、針を使用するため、小さな内出血が生じることもありますが、周囲には分からない程度なので安心してください。

治療部位以外のメイク・洗顔・シャワーは当日より可能で、治療部位は4日後より可能です。

 

埋没法②数ミリ切開して糸を外れにくくする「ワンデーカット」

「ワンデーカット」は、まぶた2か所を1〜2mm切開し、糸を通して留める方法です。片目2点ずつ留める方法が主流で、片目のみの施術も可能です。費用は両目76,780円です。

まぶたに近づいてみると、切開の跡が見えますが、徐々に二重のラインにかぶさっていくので目立たなくなります。また、針を使用するため、周囲にわからない程度の内出血が生じます。

施術前に、点眼タイプの麻酔と極細の針を使用した局所麻酔を行うため、施術中の痛みはほとんどありません。一時的に二重のラインが広くなりますが、4〜5日ほどで落ち着いていくので安心してください。

治療部位以外のメイク・洗顔・シャワーは当日より可能で、治療部位は4日後より可能です。

 

埋没法③切らずに広めの二重幅を作りたい方は「クイック挙筋」

「クイック挙筋埋没法」は、まぶたの2か所に医療用の糸を通して留める方法です。挙筋という筋肉に糸を通すため、広めのラインや平行ラインなどデザイン性の高いラインを形成することが可能です。眼瞼下垂症を解消する効果もあるため、目の開きをアップさせる効果も期待できます。費用は両目88,000円です。

施術前に、点眼タイプの麻酔と局所麻酔を行うため、施術中の痛みはほとんどありません。一時的に希望のラインよりも広くなりますが、4〜5日で落ち着きます。また、針を使用するため、小さな内出血が生じることがありますが、周囲にバレる心配はないので安心してください。

治療部位以外のメイク・洗顔・シャワーは当日より可能で、治療部位は4日後より可能です。

 

切開法:「全切開」または「部分切開」によってくっきり二重に

「二重切開法」は、希望の二重ラインに沿って切開し、縫合する方法です。まぶたが厚かったり、埋没法が取れてしまったりした方におすすめです。また、幅が広くデザイン性の高い二重を形成することもできます。費用は22万円です。

施術前に、点眼タイプの麻酔と局所麻酔を行うため、施術中の痛みはほとんどありません。メスを使用しているため、術後の腫れが出やすく、10日〜14日で落ち着き、1〜2ヵ月で仕上がります。術後7日目に抜糸を行うため、それまでは休暇を取るのがおすすめです。

治療部位以外のメイク、洗顔、シャワーは当日より可能で、治療部位は抜糸後から可能です。

 

治療症例|どちらの方法でも綺麗な二重を叶えられます

治療症例①二重クイック挙筋(2点留め)

 

手術名 二重まぶたクイック挙筋(2点留め)
手術の詳細 まぶた2か所に極細の糸を通して結ぶ方法です。挙筋と呼ばれる目を開ける筋肉に糸を通すことで、広めのライン、平行型のラインが目指せます。
保険適用の有無 保険適用外
施術時間 両目で10~15分
手術の副作用 一時的に希望の二重のラインよりも広くなりますが、4~5日から7日で落ち着き、仕上がっていきます。

糸を通す際に小さな内出血の青さが出ることがありますが、周囲にわかることはありません。

治療部位以外のメイク、洗顔、シャワーは当日から、治療部位は術後4日目から可能です。

手術の価格 両目88,000円

治療症例②全切開法

手術名 全切開法
手術の詳細 まぶたのラインに沿って切開し、二重のラインを作る方法です。上まぶたの皮膚が厚い、埋没法では糸が安定せず外れやすい、幅の広いラインを希望している方におすすめです。片側だけの治療も可能です。
保険適用の有無 保険適用外
施術時間 両目で30~45分
手術の副作用 目薬の麻酔と極細の針で行う局所麻酔を併用して治療を行うため、治療中の痛みはほとんどありません。

術後の腫れは10日~14日ほどで落ち着き、1~2か月をかけて仕上がっていきます。

7日後に抜糸を行いますが、しばらくは縫合部分に赤みがあります。

治療部位以外のメイク、洗顔、シャワーは当日から、治療部位は抜糸後から可能です。

手術の価格 両目22万円

当院で行っている埋没法と切開法の症例を紹介しました。

どちらの方法も綺麗な二重を作ることが可能ですが、まぶたによって適性が異なるので、自分に合った方法で施術を受けましょう。

 

YouTubeの動画でイメージを膨らませよう

当院では、YouTubeチャンネルにて、二重整形の様子やダウンタイム、疑問などを解説しています。

動画を視聴することで、より二重整形のイメージが膨らみやすくなるので、ぜひチェックしてみてください。

 

治療料金|埋没法が安価になるケースが多い

紹介した二重まぶたクイック挙筋と全切開法の料金は以下のとおりです。

二重まぶたクイック挙筋(2点留め) 両目88,000円
全切開法 両目22万円

切開法よりも、埋没法の方が安くなるケースが多い傾向にあります。埋没法は、留める箇所の多さやアフターフォローなどによって金額が左右されます。

切開法は、比較的高額なものが多いですが、半永久的に二重が持続するのがポイントです。まぶたの脂肪除去や幅の広い切開の場合は、追加料金がかかる可能性もあります。

 

二重整形はどっちがいい?埋没法のメリット・デメリットを確認!

施術法を決める際は、メリットだけで判断せず、デメリットについても理解することが大切です。

ここからは、埋没法のメリットとデメリットを紹介します。

 

二重整形「埋没法」を受ける3つのメリット

①手術時間が短く気軽に治療できる

埋没法は、切開法に比べると施術時間が短いのが特徴です。クリニックにもよりますが、20〜30分ほどで終了するため、身体の負担が少ないのもポイント。ダウンタイムも比較的少ないため、なかなか休暇を取れない方にもおすすめです。

挙筋法と瞼板法の手術時間はほとんど差がないため、自分のまぶたに合った方法を選びましょう。

 

②ダウンタイムが少ない・症状が軽い

埋没法は、メスを使用しないためダウンタイムが2〜1週間と短いのがポイントです。内出血や腫れが生じても短い期間で落ち着くので、長期間休暇を取る必要もありません。

メガネやサングラスをかければ目立たないので、休暇を取れない方にもおすすめです。

埋没法のダウンタイムについて詳しく知りたい方は、こちらの記事もご覧ください。

二重埋没法のダウンタイムの不安解消!期間・過ごし方・短くする方法

 

③二重の修正(やり直し)ができる

埋没法は、まぶたを糸で留めている状態なため、抜糸をすればもとに戻すことが可能です。

カウンセリング時に、医師とイメージを共有しても左右差が出てしまったり、イメージ通りにならなかったりすることがあります。そのような場合にも、抜糸をすればもとに戻せるので初めての二重整形にもおすすめです。

 

二重整形「埋没法」を受ける3つのデメリット

①年月が経過すると糸が緩む・取れる可能性がある

埋没法は、糸で留めている状態なため、目を擦ったり衝撃を受けたりすると糸が取れてしまう可能性があります。ほかにも経年劣化で糸がゆるんでしまうことも。瞼板法よりも挙筋法の方が、取りにくいとされていますが、切開法に比べると取れてしまう可能性が高い傾向にあります。

 

②対応できる症例が限られる

まぶたがたるんでいたり、脂肪が多く厚ぼったくなっていたりすると、埋没法では対応できないことがあります。理由としては、糸でまぶたを持ち上げることが難しいからです。

埋没法に脱脂法を組み合わせることで、まぶたが薄くなり、埋没法でも二重を作れる可能性がありますが、難しい場合があることを覚えておきましょう。

 

③まぶたに異物(糸)が残存する

埋没法による二重はまぶたに糸が埋まっている状態なため、場合によっては糸が飛び出してゴロゴロしてしまう可能性があります。

また、ドライアイを発症するリスクもあるので、スキルのある医師のもとで受けるのがおすすめです。

 

【結論】埋没法はこんな人におすすめ!

埋没法がおすすめな人の特徴は以下のとおりです。

  • 切開せずに二重にしたい方
  • ダウンタイムを短くさせたい方
  • 費用を抑えて二重にしたい方

埋没法は、メスを使用しないため、手軽に受けられる上に、ダウンタイムが少ないのが特徴です。腫れや内出血が生じる場合もありますが、4日ほどで落ち着くので、長期休暇を取る必要もありません。

また、埋没法は切開法に比べて費用が安い傾向にあります。費用を抑えて二重整形をしたい方や切開法ほどの費用が用意できない方におすすめです。

 

二重整形はどっちがいい?切開法のメリット・デメリットを確認!

半永久的に二重を手に入れられる魅力的な施術ですが、デメリットも理解してから施術を受けるか判断しましょう。

ここからは、切開法のメリット・デメリットについて紹介します。

 

二重整形「切開法」を受ける3つのメリット

①二重ラインが崩れにくい

切開法で形成した二重ラインは、半永久的に持続するため、二重ラインが崩れにくいのが特徴です。糸が緩んでしまったり、取れてしまったりするリスクはありません。

「二重整形をしたいけれど、もとに戻ってしまうのが不安」という方は、切開法がおすすめです。

 

②細かなデザインの調整ができる

メスを使用して切開するため、デザイン性の高いラインを作ることが可能です。幅を広くしたり、平行ラインを形成したりすることもできます。

また、まぶたが腫れぼったい方でも、綺麗な二重を作ることが可能です。埋没法が厳しいと判断された方でも、手術可能なこともあるので、一度相談してみましょう。

 

③同時にまぶたの脂肪も取り除ける

切開法は、切開時にまぶたの脂肪を除去することが可能です。そのため、まぶたの脂肪が厚い方やたるみがひどい方でも綺麗なラインを目指せます。まぶたの脂肪が多い方は、切開法を検討するのがおすすめです。

 

二重整形「切開法」を受ける3つのデメリット

①ダウンタイムが長い・重い

切開法は、メスを使用してまぶたを切開するため、埋没法に比べダウンタイムが長く・重くなりやすい傾向にあります。

腫れや内出血が生じ、落ち着くまでには4日〜1週間ほどの時間が必要です。また抜糸後も、切開した部分の赤みが続きます。

抜糸までの1週間ほどの期間は休暇を取得するのがおすすめです。また、抜糸後もメガネやサングラスなどでカモフラージュして過ごすと人目が気になりません。

さらに詳しく知りたい方は、以下の記事も参考にしてください。

二重切開法ダウンタイムの症状と経過を紹介!短くするコツは?

 

②治療前の目元には戻れない

切開法では、切開し縫合した部分が癒着して、二重ラインを作ります。そのため、埋没法のようにもとに戻すことが難しいのがデメリットです。

カウンセリング時に医師としっかり相談してから施術を受けましょう。

 

③傷跡が残りやすい

まぶたを切開するため、傷跡が残ってしまうリスクもあります。また、切開する範囲が広いほど傷跡が目立ちやすい傾向にあります。

しかし、パッとみて分かるような傷跡ではないため、日常生活に支障を出すほどではありません。医師のスキルによって、傷跡の程度が左右されるため、スキルのある医師のもとで施術を受けるのがおすすめです。

 

【結論】切開法はこんな人におすすめ!

切開法がおすすめな人の特徴は、以下のとおりです。

  • まぶたの脂肪やたるみが多い方
  • 埋没法で元に戻ってしまった方
  • くっきりとした二重にしたい方

まぶたの脂肪やたるみが多い方は、切開法がおすすめです。埋没法では、まぶたを支えられなかったり、思うようなデザインにならなかったりする可能性があるからです。脱脂や細かいデザインまで可能なため、理想のラインを作りやすい傾向にあります。

また、過去に埋没法をしていて、糸が取れたり、緩んだりしてしまった経験がある方にも向いています。複数回埋没して失敗してしまった方は、切開法を検討してみましょう。

 

埋没法と切開法どっちがいいかは「選ぶ基準」によっても変わる

埋没法と切開法のどちらが合っているかは、まぶたの状態以外にも選ぶ基準によって異なります。

ここからは、埋没法と切開法を選ぶ際の基準について紹介します。

 

理想のデザインにしたいなら切開法がおすすめ

切開法は、埋没法に比べてデザインの自由度が高い傾向にあります。そのため、平行二重や幅の広い二重を目指したい方には、切開の方が向いています。

ただ、切開法は不自然な二重になってしまうリスクもあるため、症例数が多く、スキルの高い医師のもとで受けるのがおすすめです。

 

バレにくい方法を選びたいなら埋没法がおすすめ

埋没法は、ダウンタイムや傷跡が切開法に比べて少ないため、周囲にバレにくいのが特徴です。

不自然な食い込みが出るリスクが少ないため、自然な仕上がりを求めている方は埋没法がおすすめです。

 

埋没法・切開法とその他の二重整形を併用する選択肢も

当院では、切開法と埋没法だけでなく、その他の二重整形も提供しています。埋没や切開法と併用すると、さらに綺麗な仕上がりや理想の目元に仕上がることもあるので、ぜひ検討してみてください。

ここからは、当院で行っている二重整形を紹介します。

 

まぶたの重みを取り除き綺麗な二重に!「脱脂(だっし)法」

脱脂法は、二重のラインに沿って皮膚を数ミリ切開し、脂肪を除去する方法です。上まぶたに脂肪が多く、腫れぼったく見えたり、二重のラインに皮膚が覆いかぶさってしまったりする方に適しています。費用は両目99,000円です。

埋没法や切開法と組み合わせるとより、目元がすっきりとし、安定した綺麗な二重へと仕上がります。また、脱脂をしたことで、将来目元がくぼむことがないよう、細心の注意を払って行っているので安心してください。

 

二重ラインがかぶさりやすい方に「目頭切開法」

目頭切開法は、目頭部分にある蒙古ひだと呼ばれるヒダを切除し、縫合する施術です。蒙古ひだがなくなることで、目の幅が広がり、二重のラインのかぶさりがなくなります。

施術前に、点眼タイプの目薬と局所麻酔を行うため、施術中の痛みはほとんどありません。切開した部分には糸が付き、術後7日目に抜糸を行います。腫れは比較的出にくいですが、縫合部分に1〜3ヵ月間赤みが続きます。

治療部位のメイク・洗顔・シャワーは当日から可能で治療部位は抜糸後から可能です。

 

まとめ:信頼できるクリニックで綺麗な二重を手に入れよう!

二重整形は、手軽にできる整形として多くの人から人気を集めています。埋没法か切開法かを選ぶ際には、自分のまぶたの状態以外にも、選ぶ基準によって異なります。理想の二重になれるよう、医師としっかり話し合ってから決めましょう。

フェアクリニックでは、埋没や切開以外にも、脱脂法や目頭切開など、より理想の目元へ近づきやすい施術を揃えています。また、挑戦しやすい低価格に設定しているため、二重で悩んでいる方はぜひ検討してください。

気になる方は、まずはカウンセリングを受けるのがおすすめです。院長が担当しているので、気になる疑問や不安をすぐに解消できます。メールやLINEからの相談もお待ちしております。

二重・目に関する施術の詳細はこちら

 

©フェアクリニック All Rights Reserved.

メニューへ戻る

}