最新
情報

美容コラム

二重幅を広げる方法は?自力・美容整形に分けてそれぞれ紹介

この記事を書いた人

柴田 健了(しばた たけのり)

京都大学医学部卒。日本形成外科学会専門医。長年の治療実績、論文の成果が認められた医師のみが認定される日本形成外科学会専門医の資格を持つ。20年以上形成外科・美容外科の専門医として従事し、大手美容外科を経て、フェアクリニック川口院/東京院を開設。クリニックのコンセプト「フェア(正しい・明瞭)」を掲げ、良質な技術を提供。▶公式サイトURL:https://fairclinic.jp/about/

大きくて幅の広い外国人のような二重幅は、誰しもが一度は憧れるものです。そこで本記事では、くっきり幅の広い二重幅を作るための方法をご紹介します。

「手軽に自分で行えるセルフケア」と「プロの力を借りて美容整形」の両面から二重幅を広げるアプローチについて解説するため、二重幅を広げたい方はぜひ参考にしてください。

 

二重幅を広げると印象は変わる?自分に似合う幅を知ろう

二重幅が広ければ今よりも美しくなれるのかというとそうではありません。幅の広い二重幅は美しい目元を作る要素のひとつですが、自分の目元に合った幅にするのが重要です。

 

二重の幅・形によってお顔から受ける印象は変わる

二重の幅や形によって、名前がついているのをご存じでしょうか。まずは自分の顔に似合う二重幅を見つけるため、二重の種類について詳しくチェックしていきましょう。

 

①末広型二重

末広型二重は、目頭から目尻に向かって二重幅が広がっている二重です。アジア人に多く見られる二重タイプで、日本人の8割はこの末広型二重といわれています。蒙古ひだが少ない西洋人にはほとんど見られません。そのため、日本人の顔にもっとも似合うとされています。

 

②二重幅が狭い平行型二重

目頭から目尻までの幅が平行でほぼ均等な幅になっているのが平行型二重です。いわゆる「外国人風まぶた」といわれるのがこのタイプで、憧れている方も多いことでしょう。

しかし、日本人の顔で無理に作ってしまうと人によっては違和感が出てしまうケースも。平行型二重でも、幅を狭めに作るとナチュラルに見えるでしょう。

 

③二重幅が広い平行型二重

アジア人以外では一般的な平行型二重。日本人が作るには蒙古ひだという目頭にかぶさっている皮膚がどうしても邪魔になるため、美容整形で切開をするケースが多く見受けられます。二重幅を広く作るとより目が大きく露出するため、華やかな印象の目元へ近づけられるでしょう。

 

自分に似合う「自然な二重の幅」を知る方法

自分の憧れている目元のデザインだからといって、誰にでも似合うわけではありません。似合わない服があるように、自分に似合わない目元のデザインも存在します。

二重ラインをデザインしたいなら、好きなデザインよりもなるべく自分の顔になじむようなデザインにするのがおすすめです。

自分に似合う二重デザインは以下の3点をチェックしてみてください。

自然にできる二重ラインをチェック 目を閉じて目頭を人差し指で抑え、そのまま目を開けて人差し指を離します。そこでできた二重ラインがもっともあなたに似合う二重ラインです。
黒目の大きさをチェック 二重幅は黒目がもっとも露出する時の幅やラインにするのがおすすめです。
蒙古ひだがあるかをチェック 元々の自分の目に蒙古ひだがあるかどうか、大きさがどれくらいかで二重タイプを決めるとより馴染みやすくなります。

 

二重幅を広げるには?自力で今すぐできる工夫と注意点

二重幅を広げるには、自分でセルフケアをする方法と美容整形する方法があります。まずは自分でもできる二重幅の広げ方と注意点についてご紹介します。

 

二重幅を広げるために今すぐ自分でできる5つの工夫

二重幅を広げるために自分でできる5つの方法をご紹介していきます。手軽にできる方法もたくさんあるため、二重幅を広げたい方はぜひ試してみてください。

 

①目元を優しくマッサージする

二重幅を広げる方法として、目元を優しくマッサージすると二重幅が広くなる効果が期待できます。二重幅が狭く見えてしまう原因に、目元のむくみ・脂肪・筋肉の低下があり、優しくマッサージすると血流が促進されてくっきりとした二重になる可能性があります。

蒸しタオルで顔全体を温めてからマッサージしたり、頭皮マッサージと組み合わせたりしても効果アップが期待できるケースも。ただし、力が強すぎるとかえってしわやたるみの原因になるため、力加減には注意しましょう。

 

②夜用の二重のりで寝ている間に癖付けする

就寝前に二重のりで二重を固定しておき、寝てる間に二重ラインの癖をつける方法もあります。寝てる間に二重の癖がつくため、昼間は二重のりをつけなくてもメイクがしやすい状態が目指せます。

さらに睡眠中の目元のむくみを防ぐ効果も期待できるでしょう。

夜間専用の二重のりには、美容成分が含まれている肌に優しいタイプや接着力が強いタイプも発売されているため、自分に合うものを見つけてください。

 

③アイプチ・アイテープで新しいラインを作る

アイプチやアイテープを使って、希望のラインを作る方法です。日中や夜間を問わず、日々少しずつ希望の二重ラインを癖づけていきます。まぶたの状態を確認しながら、固定する強さが調整できるのが魅力です。

美容整形とは違って長い時間がかかりますが、周りに整形バレしないというのはメリットだといえます。ただし、目元の皮膚はとてもやわらかく敏感なのでたるみやアイプチ・アイテープの成分で荒れてしまうケースも。肌の状態には注意しながら行いましょう。

 

④目の周りの筋肉をトレーニングする

目の周りのトレーニングをして筋肉を鍛えると、二重幅をくっきりとさせる効果が期待できる方もいます。元々二重まぶただった方が、むくみで奥二重になっているケースには特におすすめです。目元のむくみがすっきりして、ぱっちりとした印象的な目元になれるでしょう。

ただし、トレーニングで一重まぶたから二重まぶたになることは難しいとされています。むくみにくい目元にすることは可能ですが、新しい二重ラインを形成することはできません。もしトレーニングで二重になっている方がいたとしても、かなり稀なケースなので期待し過ぎないようにしましょう。

 

⑤メイクを工夫して二重幅を広く見せる

二重幅を広く見せるメイク方法には、さまざまな方法があります。ほとんどの化粧品はドラッグストアで簡単に購入でき、手軽に試すことができるため自分に合った方法を探してみてください。

二重幅を広く見せる方法は、希望の二重ラインを作り、アイテープやアイプチで固定してまぶたに折り目をつける方法が一般的です。

  • まぶたを希望のラインのところで癖付け、触れている部分をアイテープやアイプチで固定する
  • アイラインの真上にテープをつけて硬く固定し、二重ライン部分で折れ曲がるように固定する

どちらが自分のまぶたに合っているのか、試しながら探していくのがおすすめです。

 

【注意点】皮膚が伸びる・厚くなる等のリスクも…

アイプチやアイテープは、手軽に自分の好きな二重幅が作れる方法として年齢問わず人気があります。しかし、実は長い間使い続けることで起こりうる深刻なリスクも。自力で二重幅を広げる方法を続けていると、以下のリスクが考えられます。

  • アイプチなどによる皮膚の伸びが起こる
  • まぶたが分厚くなる
  • 二重のりによるアレルギー・かぶれ
  • 強調するメイクが不自然になる
  • マッサージを強くすると皮膚のたるみ・しわになる

長年アイプチやアイテープを利用することでアレルギーを発症してしまう方や、マッサージを強い力で行うことでまぶたが伸びてしまい、かえってたるみやしわになってしまうケースも見受けられます。

アイプチやアイテープを使う際は、自分のまぶたの状態と相談しながら使うようにしましょう。

 

確実・安全に二重幅を広げるなら「美容整形」がおすすめ!

二重幅を安全・確実に広げたい方は、美容整形がおすすめです。ここでは、美容整形をしたことがない方でもわかりやすいように二重整形を詳しく解説していきます。

 

当院が行う二重整形治療の種類と内容

二重整形の症例件数が豊富なフェアクリニックでは、これから紹介する5つの二重整形法が人気です。それぞれの施術内容やどのような方におすすめなのかをさらに掘り下げてご紹介していきます。

 

①ワンデークイック埋没法|切開が怖い方へ・全く切らない手術

ワンデークイック埋没法は、まぶたの1点を専用の糸で縫い留めて二重ラインを形成する方法です。切開を伴わない施術のため、初めて二重整形に挑戦する方や切開に抵抗感がある方におすすめです。

施術後しばらくは、まぶた上に縫い留めた糸が黒い点のような形で見えますが、1週間ほど経つと落ち着きやがて皮膚に埋もれて見えなくなります。

 

②ワンデーカット埋没法|数ミリ切開して外れにくい二重を作る

通常の埋没法に加え、2カ所を数ミリほど切開して2点を糸で縫い留め二重ラインを作る方法です。施術後しばらくは、まぶた上に縫い留めた糸が黒い点のような形で見えますが、1週間ほど経つと落ち着きやがて皮膚に埋もれて見えなくなります。

 

③クイック挙筋埋没法|広めの二重幅・平行型をご希望の方に

通常の埋没法に加え、2カ所を数ミリほど切開して2点を糸で縫い留め二重ラインを作る方法です。さらにクイック挙筋埋没法では、挙筋と呼ばれるまぶたの筋肉に糸を通します。筋肉に直接縫い留めるため、幅広の平行二重幅にしたい方へおすすめです。

また、クイック挙筋埋没法では眼瞼下垂の改善にも効果が期待できるといわれています。

 

④二重切開法(全切開・部分切開)|まぶたが厚い方におすすめ

二重切開法はまぶたの皮膚が厚く、埋没法で糸が取れてしまう・安定しない方におすすめの二重整形です。また、幅広の平行型二重ラインが作りたい方にも適しています。

比較的、埋没法よりも希望の二重ラインを形成できる可能性が高いのですが、腫れが出やすいというリスクが挙げられます。ダウンタイムは2週間ほどで、およそ1~2ヵ月をかけて徐々に仕上がっていきます。

 

⑤脱脂法|まぶたの脂肪を除去して綺麗で安定した二重ラインに

脱脂法は、通常の埋没法や切開法に組み合わせて受ける方法です。上まぶたの脂肪が多く目が開けづらい・目が重いといった症状の方に効果が期待できます。

二重のラインになぞるように切開して、バランスに注意しながら脂肪を除去していきます。目元の脂肪がすっきりするため、単に埋没法や切開法を行うよりもより安定した二重ラインを仕上げることができるでしょう。

 

⑥目頭切開法|二重のかぶさりやすい方へ・目の幅を広げる手術

目頭の内側にある蒙古ひだを切除し、縫合する方法です。蒙古ひだを切除することで、二重のラインがかぶさってしまい目が小さく見えてしまうのを防ぎます。

目頭切開法も、通常の埋没法・切開法を組み合わせて受けるのが人気です。平行型の二重幅を希望する方は、二重ラインがよりくっきりする効果も期待できます。

 

実際の症例を確認してイメージを膨らませよう!写真&動画

ここでは実際にフェアクリニックで行われた症例写真をチェックしていきましょう。実際にビフォー・アフターの様子を確認すれば、仕上がりイメージが膨らむでしょう。

また、フェアクリニックでは院長自ら出演しているYouTube動画も配信中です。実際に施術担当している院長の人柄もチェックできますのでおすすめです。

切開法と埋没法どちらの治療法がよいか迷っている方は、以下の記事も参考にしてください。

二重整形の埋没法・切開法はどっちがいい?さまざまな観点から比較!

 

症例写真:二重まぶたクイック挙筋2点留め

 

手術名 二重まぶたクイック挙筋2点留め
手術の詳細 まぶた2ヵ所に極細の糸を通して結ぶ方法です。挙筋と呼ばれる目を開ける筋肉に糸を通すことで、広めのライン、平行型のラインが目指せます。
保険適用の有無 保険適用外
施術時間 両目で10~15分
手術の副作用 一時的に希望の二重のラインよりも広くなりますが、4~5日から7日で落ち着き、仕上がっていきます。

糸を通す際に小さな内出血の青さが出ることがありますが、周囲にわかることはありません。

治療部位以外のメイク、洗顔、シャワーは当日より可能です。治療部位は術後4日目より可能です。

手術の価格 両目88,000円

 

より詳しい症例はYouTubeで確認しよう

フェアクリニックでは院長自ら出演しているYouTube動画を配信中です。二重幅を広げるための二重整形の方法について、院長が解説していますので二重整形を検討している方はぜひ一度ご覧ください。

本動画では、切開法のメリット・デメリットについて触れていますので埋没法・切開法で悩んでいる方におすすめです。

 

美容整形で二重幅を広げる前に押さえたい注意事項

美容整形は、誰でも手軽で効率的に二重幅を広げられるため大変人気があります。しかし、メリットばかりではありません。

二重整形に伴うリスクもしっかりと把握したうえで、美容整形に臨みましょう。

 

①治療にはダウンタイム・リスクが伴う

二重幅を広げる治療には、ダウンタイムとリスクが伴います。リスクは誰にでもつきものですが、このダウンタイム期間の過ごし方で、仕上がりやダウンタイム期間が短縮されるかどうか左右されます。

ダウンタイムの上手な過ごし方は以下の通りです。

  • 必要に応じてしっかりと仕事の休暇をとる
  • 医師の診察に従って休息を取り、ケアをしっかり行う

ダウンタイムに無理をしてしまうと傷跡が膿んだり、状態が悪化したりする可能性も。キレイな仕上がりにするために、きちんと施術した部位を休ませましょう。

さらに詳しく知りたい方は、以下の記事も参考にしてください。

二重切開法ダウンタイムの症状と経過を紹介!短くするコツは?
二重埋没法のダウンタイムの不安解消!期間・過ごし方・短くする方法

 

②二重ができにくい原因は「眼瞼下垂」かも

目を開ける筋肉が衰え、弾力が無くなりまぶたが下がってしまうことによって目が小さく見えてしまう症状を「眼瞼下垂(がんけんかすい)」といいます。二重でも目が開きにくい方やラインが薄い方などは眼瞼下垂の可能性が高いでしょう。

眼瞼下垂は症状が悪化すると、頭痛や肩こりを引き起こす恐れもあります。状態によっては保険診療が適用となるケースもあるため、一度医師に相談してみましょう。

 

③元々の目の形によって叶わない二重のデザインもある

その方が持つ目の形によっては、希望のデザインが形成できないケースもあります。もともと末広型二重の方が幅の広い平行型二重になる場合といったような、二重の形を変更する必要がある施術は埋没法では難しいでしょう。

ほとんどの場合、切開式を伴うケースが多く見受けられます。

また、無理な方法で二重まぶたを作ってしまうと不自然な仕上がりになってしまう可能性も。二重デザインを決める際は、医師とのカウンセリングで慎重に決めることをおすすめします。

 

④クリニック・医師選びを重視する

美容整形でもっとも重要だといわれているのが、施術を担当するクリニック・医師選びです。長年、美容医療業界に携わるフェアクリニックの柴田院長がおすすめするクリニックの特徴を以下にまとめました。

  • 仕上がりと経過に不安がある場合は、いつでも相談できるようなアフターケア制度を備えている
  • 施術の際の痛みはもちろん、麻酔の痛みにも配慮している
  • 二重ラインの確認には十分な時間を確保し、何回も患者に確認する
  • 治療方法や説明は、医師が直接行う
  • 内出血や腫れが最小限に済むように、できるだけ少ない治療箇所に留める

初めて美容クリニックへ通う方は、是非参考にしてください。

 

当院では技術面・費用面の両面に配慮した治療を提供しています

フェアクリニックの「フェア」の意味は、「正しく」「明瞭である」という意味で名づけられています。患者さまに対して、いつまでも公平であり誰でも施術が受けやすい価格であることをコンセプトに質の高い美容医療を提供しています。

そのため、公式のホームページに掲載されている金額から、カウンセリング時に会計金額が吊り上がるといったことはありません。初めて美容医療に挑戦する方でも、リラックスしてカウンセリングを受けられるよう、医院づくりも力を入れています。

国内外で評判の最新医療を積極的に導入できるよう日々励んでおり、提供している美容施術の質の高さも好評です。

 

まとめ:キレイに二重幅を広げるには美容整形が1番の方法

二重幅を広げるには、自力で幅を少しずつ癖づける方法と、美容整形で幅を広げる方法の2種類があります。しかし、自力で行うマッサージやアイプチ・アイテープで幅を広げる方法は長い時間がかかる上、まぶたのたるみに繋がる可能性も。

美容整形で二重幅を形成する方法なら、医師監修のもと確実で効率的に二重幅を広げられます。

フェアクリニックは、二重整形のメニューを豊富に取り扱っています。二重幅を広げたい方は、ぜひカウンセリングにお越しください。

二重・目に関する施術の詳細はこちら

©フェアクリニック All Rights Reserved.

メニューへ戻る

}