最新
情報

美容コラム

50歳の患者様の「フェイスリフト」カウンセリング風景公開!

この記事を書いた人

柴田 健了(しばた たけのり)

京都大学医学部卒。日本形成外科学会専門医。長年の治療実績、論文の成果が認められた医師のみが認定される日本形成外科学会専門医の資格を持つ。20年以上形成外科・美容外科の専門医として従事し、大手美容外科を経て、フェアクリニック川口院/東京院を開設。クリニックのコンセプト「フェア(正しい・明瞭)」を掲げ、良質な技術を提供。▶公式サイトURL:https://fairclinic.jp/about/

出演者情報

柴田医師:美容整形の女性の悩みについて本音の情報を発信している「Dr.柴田の美容整形予備校」主宰。

萩原:てんPこと、美容プロデューサー。25年で約10万人の患者様をカウンセラー・事務長として対応。

週末うめこ:チャンネル登録者2万人以上の美容系YouTuber。

患者様:ねこさん(50歳)

フェイスリフトは50代にも最適なたるみ治療?

萩原:今回のご相談の内容を教えてください。

患者様:年齢も年齢なので、たるみが気になって。

週末うめこ:おいくつか聞いても大丈夫ですか?

患者様50歳です。うめこさんのYouTubeを見て、こういう企画があるということで。その中でリフトアップ治療をやりたいなと。

週末うめこ:たるみってどのあたりのたるみ?顔ですか?

患者様:そうですね、顔…。

週末うめこ:フェイスラインが上がってないと、シワとか取ってもよくないような気がして、フェイスリフトの方がいいと思います、私は。

患者様:他は全然やったことがないんですよ。ヒアルロン酸とか。糸リフトは1回おまけでやってもらったことがあるんですけど。

週末うめこ糸は効果ありました?

患者様全然わからなかった。

週末うめこ:おまけだから許せますよね。

萩原:その病院は多分おまけじゃないのもあるでしょう。

週末うめこ:込み込みのね…

萩原:おまけじゃなくやって、受けた人は効果がなかったなと思ってるのかもしれないですけどね。

週末うめこ:糸はわかりにくいですよ。

萩原:適用かどうかの見極めが必要だと思います。だからフェアクリニックではすすめない時はすすめないですからね。

週末うめこフェイスリフトをやりたいって感じですか?

患者様色んな方のYouTubeとか調べたりして、一番効果があるのがフェイスリフト手術かな。

週末うめこ:そうなんですよ。フェイスリフト一番、おすすめの整形第一位だから。やっぱり若くなるんですよ。私はフェイスリフトを2回やってて、やってなかったらもっと年相応になってたと思う。ちょっと若く見えると思うんですよ。

萩原:うめこさんはフェイスリフトやり始めの年齢が早かったので。

週末うめこ:そうですか?32歳かな?

萩原:そうですかじゃないよ。早いです。傷わからなくないですか?

患者様:わからないです。すごいきれい。

週末うめこ満足度は高い手術なんですよね。ちょっと腫れるけど…上がりますよ。絶対わかるから。糸よりかは絶対上がります。

萩原:やっぱりフェイスリフトは推しますよね、うめこさん。

週末うめこ:推しますね。ダウンタイムは結構つらいんですけど、フェイスラインがきれいじゃないと、何してもきれいにならない気がするんですよね。

萩原:ピーンと張っててほうれい線が目立たなくなったとしても、フェイスラインが丸い。昔と比べて丸みを帯びてると、若い印象が入ってこない。やっぱりフェイスラインは大事だなと思いますよね。

カウンセリング風景

萩原:先生に入ってもらいますか。ちょっと見てもらいましょうか。その時にマスク取ってもらおうと思って。フェイスリフトについてのご相談ということで。うめこカウンセラーからの、最初のヒアリングが終わりました。

柴田先生:よろしくお願いします。

患者様:よろしくお願いします。

萩原:では、マスクを外していただいて。

週末うめこ:そんなにたるんでないですね。

柴田先生:確かに。イメージはこうかなというところですね。動かして変化は見られるので、フェイスリフト手術の適用はあるのかなと思います。やって変われると言っていいと思います。こめかみから耳の前を通り、耳のうしろまで切開し、1〜2cmの皮膚を取って引き上げる。皮膚だけ切って縫い合わせても効果が弱いっていうのはあるので、皮膚の一層奥にあるスマス層っていうところを、中で縫い上げる。2層を引き上げるイメージで。最後に縫い合わせますと。

萩原:気になる部分は?

患者様ほうれい線よりここの…マリオネットライン…これがすごい気になる。

柴田先生マリオネットラインの線はちょっと残ると思います。表情でギュッと入っちゃうものは、少し残るかもしれません。

萩原:フェイスリフトをしつつヒアルロン酸は必要なさそうですか?

週末うめこ:ヒアルロン酸どこに入れるんですか?

萩原:マリオネットラインに。

柴田先生:線が残るんだったら、微調整的に入れてもいいのかもしれないですね。

萩原:差し当たってはフェイスリフトだけでいいということですね。

週末うめこ:だいぶ変わりそうですけどね。初フェイスリフト羨ましい。私2回やっちゃったから…

萩原:もう、純粋さを失ったうめことしては…

週末うめこ:感動するじゃないですか、上がるから。

萩原:どうでしょう先生、効果を実感していただけそうなお顔ですか?

柴田先生:感じていただけると思います。

目の下のシワ、どうしたらいい?

患者様:(目の下のシワ)こういうのも気になるんですけど…

柴田先生:細かいところですかね。1個1個埋めるのは結構難しいかな…ちょっとずつコラーゲンかヒアルロン酸を入れるのが1つと、あとはボトックスで動きを止めるか、切るというのは実は伸びない…よれてるのを伸ばしてっていう感じではないんですよね。多分そうやって皮膚の幅を取って切ると、恐らくちょっと下垂してしまうので、今これ以上皮膚切るのはやらない方がいいと思う。

週末うめこ:脂肪注入はどうなんですかね?

柴田先生:ハリは出ますけど細かいシワは取れないんじゃないかと思うんですけどね。

週末うめこ:表情的にもここにシワができる笑い方なんですよ。

柴田先生ボトックスで止めるのが1つかな。定期的な注射が必要ですけど。

患者様:因みに、このリフトのカウンセリングは2軒目で、ついこの間恵○寿クリニックさんに行ってきたんですけど、その時にリフトは同じ感じで、目の下のしわは「上も下も切れます」って言われたんですけど。

柴田先生:どう切る?

患者様:こっちの方。でも、フェイスリフトと同額くらいになっちゃって、こっちのリフトとかだと…

柴田先生:こめかみの方?

患者様:そういうのだと変わらないのかな?

柴田先生:目の下は目の下で済ませるのがいいと思います。こめかみのフェイスリフトで引き上がるのは眉毛の上までなので。

患者様:ヒアルロン酸とボトックスは別日にやる感じですか?

柴田先生:ヒアルロン酸は同日でも大丈夫です。

萩原まとめとしては、パーフェクトフルフェイスリフト。気にされてる目の下のしわに関しては切ったりはせずに、ボトックスで動きを止めますか?

柴田先生:止めて…どうしても入りやすいこの筋は、ヒアルロン酸で埋めておくかな…。

萩原:脂肪注入か?ヒアルロン酸か?効果の出方としてはさほど変わらない?

柴田先生個人的には目の下はヒアルロン酸の方がきれいかなと思ってます。

週末うめこ:そうなんですね。こういう細いところにヒアルロン酸入れるのって、結構難しくないですか?

柴田先生:難しいですよ。この1本を狙うくらいの。

萩原:それ左右とも?左側が深いと思うんですが。

柴田先生:この1本と、こことかかな…みたいな。

フェイスリフト経験者(週末うめこ)に聞きたい事

萩原:2回フェイスリフト手術を受けているうめこさんに聞いておきたいことはありますか?

患者様:フルのフェイスリフトをやられたんですよね。

週末うめこ:はい、2回。

患者様:どれくらい前?

週末うめこ:35歳の時だから、5年くらい前ですよね。

患者様:でも全然きれいです。

週末うめこ:あんまり、そこからたるまなかったです。

萩原:そのあとメンテナンスしてますもんね。

週末うめこ:糸とかそうですね。

萩原:うめこさんは銀座長澤クリニックで2回フェイスリフトを受けてるんですけども、柴田先生の手術の傷もほぼ同じだと思います。だいたいこういう治り方ですよね。この傷であれば、ねこさんが許せるかどうか?

患者様:これで引き上がるんだったら…

萩原:もちろん急にこうなるわけではなくて、しばらく糸が付き、糸を抜いて、赤みが引いていくまでうめこさんの実感でどれくらい?

週末うめこ:3ヶ月くらい。赤くても、引き上がってるから嬉しい。結論。

フォルムカットとは?

萩原:パーフェクトフルフェイスリフトで、フォルムカットにするかどうか。

週末うめこ:なんですかフォルムカットって。

萩原耳の前をまっすぐ切るのか、もしくは耳の形に沿って切るのか、というやり方の違いがあって、そこは選んでいただける。

週末うめこ:どう違うんですか!?

萩原:傷としては先生、フォルムカットの方がきれいですか?

柴田先生:きれいかなと思います。

週末うめこ:じゃあもう1つある理由って何ですか?

柴田先生:簡単に言うとフォルムカットは手間ひまかかるんですよ。

週末うめこ:値段が違うんだ?

萩原:ちょっと違います。

柴田先生:耳の形に沿って切るフォルムカットは、皮膚をはがすのに時間がかかる。まっすぐ切る方が手術時間が短いです。

週末うめこ:引き上げの効果はあんま変わらない?

柴田先生:そこは変わらないかな。

週末うめこ:傷あとの許容度で決める?

柴田先生:そういう感じですね。

フェイスリフトの価格について

萩原:パーフェクトフルフェイスリフトで切った場合で金額的には49万円+消費税と。

週末うめこ:安くないですか!?

萩原:静脈麻酔が3万円+消費税と…

患者様:それも安いですね。

萩原:で、フォルムカットって耳の形に沿ってやるのであれば10万円+消費税をちょうだいしてます。

一般的なフェイスリフトの相場

萩原今都内の相場が大体100〜120万円。

週末うめこ:そんな高いんですか!?

萩原:今そうですね、それくらいです。もうちょっとするところだと150〜300万円っていうところが多いので、中途半端にハイフやって糸たくさん入れてってやるんだったら、フェイスリフトの方が差もないし受けやすいかな、っていう価格にはしています。怖くないですか?

フェイスリフトの傷跡について

患者様:傷が残る手術が、大きい手術では初めてなので、少し不安はあります。傷の治りは?

週末うめこ:どれくらい個人差あるんですかね?

柴田先生:大体皆さん術後3ヶ月くらいは赤み、ピンク色みたいな線で、そこから白くなっていくっていう。

患者様:それはお化粧とかで…

週末うめこ:全然隠せます。

萩原1週間後が抜糸なので、その後からはファンデーション・コンシーラー使ってもらって大丈夫ですから。そこはさほど大変ではないかなと。

週末うめこ:赤いですけどね。

萩原:隠しちゃえば隠れるでしょう。

週末うめこ:髪の毛こうやってやっておけば…大丈夫です。

萩原:具体的に結構お考えていらっしゃいますか?まだまだ先の話?

患者様:できれば早めに…

週末うめこ:なる早で引き上げてください。

萩原:何か事情があって?

患者様:じゃなくて、決断すると早いんです。

萩原:柴田先生に任せて大丈夫そうですか?

患者様:お願いしたいです。

萩原:変な質問。

週末うめこ:ゆっくり考えていいので。

萩原:先生との相性どうかなと思って。

患者様:きちんと説明していただけて、わかりやすかったです。

萩原:動画のまんまです。

患者様:そうですね。

萩原:オラオラした感じがないので。

患者様:動画で見るよりピシッとされてる感じがしました。

週末うめこ:確かに。

萩原:だそうです。では、検討してください。ありがとうございました。

静脈麻酔について

患者様:静脈麻酔だと長時間寝るやつですか?

柴田先生:静脈でストンとすぐ寝れるんです。落ちる瞬間は静脈で、あとは吸引の麻酔で寝続ける。そういう感じかな。最初から吸引の麻酔の場合もあるんですけど、それだと寝るまでに時間がかかったりするので、確実に寝た状態から始めたい手術なので、静脈麻酔を使う。

患者様:何時間くらい寝る?

柴田先生:2時間〜2時間半かな。

患者様:短い印象なんですけど。他の病院とか見てると、スマス筋膜とかまでやると、5時間とか。

萩原:たまにありますよね。よくあるではないと思います。結構かかってるなと思います。そこまでかかったから丁寧かというと、そんなこともなくないですか?

柴田先生:ないと思います。

患者様:はがす範囲が違うんですか?リガメントっていうのは…

柴田先生:そうなるとちょっと話が違いますね。リガメントとかやりだすと5時間・8時間かかりますけど。

萩原:リガメントまでやる必要があるのか論争というのが結構あってですね。

リガメントとは?

週末うめこ:リガメントって簡単に言うとどんな感じなんですか?

萩原:先生お願いします。

柴田先生皮膚を支えてる靭帯みたいな、リガメントがあるんですよ。ポイントがいくつか。それを皮膚を切って全部見つけて、パチンと切って、こっちのリガメントとこっちを繋げることで…

週末うめこ:めっちゃ難しいじゃないですか…

柴田先生:ということを、する手術があるんですよね。そうなると、探すのに時間がかかりますよね。

萩原そうする意味と、そうしない意味と、する・しないの効果の違いってなんでしょうか?

柴田先生:強いて差があるとすれば、ほうれい線の伸び具合はリガメントの方が上がるかもしれない。上がる時があるかなと思います。フェイスラインがメインだったら、僕はあまり関係ないと思います。スマスを上げるだけで十分かなと思います。

萩原:リガメントを処置するリスクはどうですか?

柴田先生:リガメントを見つけるために、スマスの下を見る時もあるので、そうなると顔面神経に関係あるかもしれない。それを丁寧になるのが大事ですけどね。あとは麻酔かけてる時間が長くなりますからね。

萩原:リガメントを推す先生もいるし、それによって結構高額になるので…

柴田先生:そういうところもありますよね。

萩原:ありますからね。ご理解いただけましたでしょうか?

患者様:ありがとうございます。

余談

週末うめこ:小鼻縮小の評判がよくて。柴田先生うまいって言ってました。目もやっぱり大きくなってる。

萩原:なってる。改めて思った。タレ目形成やったので。

週末うめこ:グラマラスラインってやつをやったんですけど、ちょっと目尻を下ろしただけなんですけど、雰囲気がちょっと変わって。

萩原:かわいらしくなった。

週末うめこ:いい感じになって気に入ってます。

萩原:ねこさんは、TBSのアナウンサー系の顔をされてるので、フェイスリフトをやると、昔に戻る感じ。

週末うめこ:そんな感じがする。

萩原:今先生とも話してて、目の下のヒアルロン酸に関しては一番リーズナブルなニューラミスという素材があるんですよ。ヒアルロン酸ですね。そこの部分に足してあげると、持ち上げつつ、しわが薄くなるけれども、さらに溝を埋める形を取った方が満足度は高いんじゃないかと思います。

患者様:ヒアルロン酸って、なくなっていくものですよね。

週末うめこ:なくなりますね。

患者様:定期的に受ける?

週末うめこ:そうですね。

萩原:そこは自由かなって感じです。

週末うめこ:自由なんですけど。

萩原:なくなってきた時に「これだったら許せる」と思えばそれでいいですし、かえって足し続けるとそこだけ硬くなったり、変に盛り上がったりして、ちょっと整形顔っぽくなったりすることがあるので、気をつけた方がいいかなと。

週末うめこ:3年前くらいにヒアルロン酸とかちょこちょこ打ってたんですけど、最近全く打ってないですし、「いいや」と思ったら止められるし、気になる時に打てばいいかなみたいな。

萩原:たくさんトークを聞かせていただきありがとうございました。

患者様:ありがとうございました。

©フェアクリニック All Rights Reserved.

メニューへ戻る

}