美容コラム

週末うめこの「切らない眼瞼下垂」と「糸リフト」治療を公開!

出演者情報

柴田医師:美容整形の女性の悩みについて本音の情報を発信している「Dr.柴田の美容整形予備校」主宰。

萩原:てんPこと、美容プロデューサー。25年で約10万人の患者様をカウンセラー・事務長として対応。

週末うめこ:チャンネル登録者2万人以上の美容系YouTuber。

週末うめこの「糸リフト」、「切らない眼瞼下垂」治療に密着

萩原:今日はうめこさんに来てもらいまして、予定としてはあご下の脂肪吸引と、フェイスラインの脂肪吸引を一緒にやるという話と、Vリフト。前回は右側に入れて、左側がまだ上がりきってないので、左側に入れましょうという予定で時間を取っていたのですが…昨日の夕方近く、うめこさんからLINEをいただきまして、私に脂肪吸引は必要ですか?っていう話になった。

週末うめこ:脂肪吸引より脂肪注入だったりしませんか?っていう迷いが…。

萩原:柴田先生から糸のリフトと脂肪注入を同時にやると感染リスクがあるから、ちょっとそれは見合わせた方がいいよという話で、今日改めてあご下を触っていただきました。結論。脂肪吸引は効果がわからないので、エコーを導入して、取れるだけの脂肪があるかどうかをエコーで測定してからまた改めてやるという仕切り直しとなりました。Vリフトとフェアリフトを前回とは逆ですね、左側に引き上げ、たるみに対して強いリフトを使い、右側に短い糸をたくさん入れるというやり方でやる。先生それでよろしいでしょうか?

柴田先生:はい。

萩原:で、左目のくぼみですね。

週末うめこ:そうなんです。

萩原:4ヶ月ぐらい前に私も同席して長澤クリニックの長澤先生にベビーコラーゲン入れてもらってる。その時はよい状態になったんですよね?

週末うめこ:そうですね。

萩原:痩せてきた感じになって、そうすると左目のラインが広いと。先生これは原因としては、下垂ぎみだからラインが広くなりやすいんだろうということですね。かぶさりが弱い。

柴田先生:そうですね…。

萩原左目は切らない眼瞼下垂をやりましょうという提案でした。うめこさんそれでよろしいですか?

週末うめこはい、そっちの方がいいです。目のくぼみがちょっと解消されるというか。ちょっと気になってたので。今日対応していただけるのはありがたいです。

萩原:先生埋没法から派生した方法であるということですね。

柴田先生:でいいのかなと思います。

萩原:左側だけですね、やるのは。というわけで、これから糸リフトのデザインとともに目のデザインをし、眠る麻酔は必要ないってことですね。

柴田先生:ないですね。むしろ起きていただいた方が開け閉めが見やすいので。

週末うめこ:今日静脈麻酔の予定だったから、朝からほぼ何も食べてなくて…。

萩原:じゃあ眠ります?

週末うめこ:食べます食べます。

萩原:というわけで、これからデザインに移りましょう。

週末うめこ:よろしくお願いします。

治療前の状態確認

柴田先生萩原:お願いします。

萩原:確かに右側のラインと左側のラインで、左側の方が広い。この間までそうじゃなかったのに、急に!?

週末うめこ:確かにそうですね。ベビーコラーゲンを入れた時くらいから気になりだして。

萩原:変わるといいですね。

週末うめこ:はい。

萩原:ずっと言ってることだからね。

切らない眼瞼下垂のデザイン

切らない眼瞼下垂手術風景

 

柴田先生:見ますか?

週末うめこ:あっ、本当だ…いいですね。

柴田先生:腫れてるかもしれないけど、くぼみも何となく減ってる。

週末うめこ:確かに。埋没で解消するのか疑問だったんですけど…。

柴田先生:若干腫れはありますけどね。

切らない眼瞼下垂終了

柴田先生:はい、終わりです。もう一回見ますか?

週末うめこ:あんまり腫れてないですね。

萩原:開いてる開いてる。くぼみが治ってる。

週末うめこ:くぼみ治ってます。右もやりたくなっちゃいますよね。

萩原:出た。整形沼。

週末うめこ:沼とかじゃなくて。

週末うめこが次にやりたい治療

萩原:麻酔クリームで横になってるうめこさんと、トーク。

週末うめこ:急にね。

萩原:次何やりたいですか?

週末うめこ:まずはエコーで脂肪を測って、他のところも測ってみたいです。

萩原:脂肪を取ったところも取れてるのか見たくないですか?柴田先生に見てもらって、これまだ取る余地があるのか、十分取れてるのか。他は?

週末うめこたるみとフェイスラインの悩みは尽きないので、どういうアプローチしようかなって考えてます。

萩原:糸のリフトをやったじゃないですか。その時はたるみの悩みは多少解消されたんですか?

週末うめこ:もちろん。糸リフトは術後1〜2ヶ月は効果が実感ますよね。

萩原:落ち着いてくると、やっぱり「まだ」って思う?

週末うめこフェイスリフトの感動が忘れられないかもしれないですね。

萩原:みんなそうなんですかね。「こっちやりました」「次こっち」「次こっち」ってやっぱり、どんどん貪欲になっていく?ゴールがない?

週末うめこ:気になりますよね。整形するハードルは超えているので、あとは他の部分をやるかやらないかっていう。

萩原:整形というハードルは超えたわけで、きれいになることがわかると、次の希望も出てくるってもんですね。

週末うめこ:年齢重ねると、変わりたくないのに変わってくるから、やらざるを得ないみたいな。

萩原:一番どこが気になってるんですか?ほうれい線?

週末うめこ:ほうれい線ですね。加齢とともに顔の脂肪が落ちてくるじゃないですか。脂肪の影みたいなのが目立つんですよね。顔が丸くても、若い子ってキュッと上がってるから、全然かわいいじゃないですか、顔がちょっと大きくても。

新ハイフ「ウルセラZi:」とは?

萩原:凹凸が出てくるんですよね。年をとると。膨らんでるところは膨らんでるけど、そことは逆に谷ができてきたりするから、影ができると暗い感じに見えちゃう。一昨日僕新しいハイフを導入するかどうか試してみて、ウルトラセルっていうのが日本で一番ハイフとしては流通してるのかな。それの一番新しいやつでウルセラZi:ってやつが出たので、試してみたんですよ。

週末うめこ:静脈麻酔ですか?

萩原:ウルセラって、うちは眠ってもらうんですよ。すごい強いから。痛くてとても耐えられないので。

週末うめこ:私も受けた時眠りましたもんね。

萩原:寝ないと無理だと思うし、寝ないで当てられるくらいのハイフなんて、クソハイフって思ってたんですよ。

週末うめこ:言ってましたよね。

萩原:5個くらい試したことあって、どれもあったかいだけで全然痛くもないし、しびれてる感がないなと思ってたんだけど、この間のやつはすごかった。結構ビリビリきて、骨に近いあたり、頬骨の辺りとかこめかみの辺りとかはすごいきて、今4日目になるのか。割と自分の中ではキュッと上がって、ほうれい線も結構なくなったという評価をいただいているので、導入を決定しました。

週末うめこ:さすが。

萩原:埼玉県にはまだ1台もなくて、都内でも3台ほどしかない機械なので。

週末うめこ:すごくないですか?

萩原:うめこさんが今回糸リフトやって、またたるんできたよ沼が出てきたら、それ受けてみません?

週末うめこ:受けたいです。

萩原:それは、あご下とかフェイスラインの脂肪を溶解させる機能が付いてるんですよ。広告のために言ってるんじゃなくて。うめこさんがそれを試したいというならば、サインして入金するけど、どうする?

週末うめこ:お願いします。

萩原:今までなんちゃってハイフみたいなの受けたことあります?

週末うめこ:あります。

萩原:それは麻酔なしで?ウルセラ以外は麻酔なしで受けて、たいしてことない感じ?

週末うめこ:あんま変わんないなみたいな。

萩原:長澤先生のところでウルセラ受けたじゃないですか。あの時直後から結構気に入ってくれてたじゃないですか。やっぱり落ちてきた感はある?

週末うめこ:落ちちゃいますよね…。

萩原:ウルトラセルZi:の良いところはウルセラよりも安い。本体の価格的にも安いし、効果の期間としても大体半年かなと見てて、定期的に受けられて、価格帯をどうしようかな…って思ってて。うめこさんが1ユーザーとして、顔全体でハイフをやる、ウルセラみたいに寝なくてもいいと。いくらくらいだったらやる?10〜15万円くらい?かかりすぎ?

週末うめこ:ちょっと高いかな…。

萩原:8〜9万円くらいだったら…

週末うめこ:ちょうどいいと思います。外科手術だと20万円くらいいるじゃないですか。その一歩手前の値段みたいな感じで、正直20〜30万円払うんだったら、外科手術受けた方がいいって思っちゃう。

萩原:結局そうなっちゃうんですよね。そうなんだよね。うめこさんが試してみたいんだったら買おうかな…

週末うめこ:値段興味ありますね。

萩原:美容外科の値付けってそういう感じで、価格が高い路線のクリニックと、受けやすい価格のクリニックに分かれる。1回で10年持つって、フェイスリフト以外あり得ないじゃないですか。

週末うめこ:そうですね。

萩原:まさにフェイスリフトしか勝たんなんですよ。やっぱり女性の方が多いので、半年に1回「この価格だったらいいわ」って一般の方でも思える価格帯。

週末うめこ:10万円くらいじゃないですか?安いっていうか、高くないっていうか。

萩原:受けやすい?

週末うめこ:受けやすい。

萩原:買って、うめこさんに試してもらって、いい・わるいのジャッジをしてもらって、ダメだったら倉庫に置きましょう。よし、買います!!

糸リフトのデザイン

 

週末うめこ:どこから入れてどう引き上げるんですか?

柴田先生:このもみあげの前の点から入れて引っ張るのと、耳の前かな。ここ、過去のフェイスリフト手術で切ったあとがあるので、そこから入れて引き上げると。

糸リフトの手術風景

 

柴田先生:リフトアップの目標はカチカチに動かないくらいですか?

週末うめこ:動かないことが目標じゃなくて、若々しくしたい。フェアリフトとVリフトはどっちが売れてるんですか?

萩原:最初はフェアリフトの方が結構出てたんですけど、やっぱりたるみで相談来る方も多い、切りたくないという方も多いので、Vリフトの方が最近は多いかな…割合的に。

週末うめこ:最初はみんなフェアリフトから入るみたいな。

萩原:そうですね。

柴田先生:はい、終わりです。

週末うめこ:ありがとうございました。

萩原:ずっと脂肪吸引ってうなされてるんですけど、うめこさんちょっと触ってもらいます?

週末うめこ:はい、お願いします。

柴田先生:何回も触ってるんですけどね。まぁ、限界に挑戦。

切らない眼瞼下垂、糸リフト治療後の感想

萩原:うめこさん終わりました、お疲れさまでした!

週末うめこ:ありがとうございます。

萩原:率直な感想は?まず目からいきましょう。

週末うめこ:目の手術はやっぱり怖いですね。一番怖いかな、手術の中では。見えちゃうから。

萩原:そうでしょうね。

週末うめこ:トークしてほしいとか言うけど、絶対無理だから!!っていう。

萩原真顔になった時に、かなりつれる感じ、引っ張られてる感じがあります。ただ驚くのは、やっぱりここの部分のくぼみがなくなってる。かぶさりが普通の状態になったからだと思うんですけど、一旦この下垂の治療でどこまでくぼみがなくなるか、様子を見ていいと思います。柴田先生はわりとくぼみの相談で来られる方は埋没のたるみ取りをやったり、切らない眼瞼下垂でやったりというのがあるので、上がり過ぎが心配かもしれないんですけど。本当は左右一緒にやっちゃえば、同じくらいの上がり方だから違和感ないのかもしれないけど。

週末うめこ:今ちょっと、こっち大丈夫かなっていう。右と左がいい感じにバランス取れたらいいですね。

萩原:そうですね。…で、糸リフト。

週末うめこ:輪郭やっぱり上がりましたね。全然違う。やっぱたるんでたんだ!!

萩原:たるんでるという言葉が合ってるかどうかわからないけど、正面見てください。

週末うめこ:糸リフトで上げてから見ると、脂肪吸引じゃないかなって思っちゃう。

萩原:ここもすっごいシャープでしょ。傷あとはどうですか?糸が入ったあとへこんでる?

週末うめこ:そうですね、ボコボコってありますけど。

萩原:逆側はどんな?逆側はもうほとんどないですね。

週末うめこ:もう全然ですね。

萩原:細いからね。こっちの目かわいくないですか?左。

週末うめこ:そうそう。

萩原:ちょっと右こうやってみて…あ、かわいいよ!

週末うめこ:こっちも治療がいるような気がしますよね。ちょ、先生みたいな…

萩原:え、シャープだ…いいなぁ。やっぱりトゲ付きの太い糸、Vリフトの方が上がりますね。

週末うめこ:今パッと見ても右と左だったら左の方が…

萩原:めっちゃシャープじゃないですか。

週末うめこ:さっきまで左の方が落ちてたのに。

萩原:もたつきが気になってきた!!今日はご飯をガマンして飲み物もガマンして来ていただいたのに、眠る麻酔は使わずに…

週末うめこ:申し訳ありません。

萩原:いえいえ。急遽、糸のリフトと切らない眼瞼下垂、本当にこれ急遽でしたね。やろうと思ってました?自分で。

週末うめこ:いや、思ってなかったです。ヒアルロン酸を注入する予定だったので。

萩原:これまでも下垂を言われるのは柴田先生だけだったんでしたっけ?

週末うめこ:そうですね。柴田先生だけが言ってましたね。

萩原:なので、それが本当に正しかったのかどうかは、1ヶ月後。待ちましょう。お疲れさまでした、ありがとうございました。

週末うめこ:ありがとうございます。

萩原:超シャープだよ!超キレイだよ!!

週末うめこ:確かに目が大きくなってるから、逆にいいじゃん!みたいな。

萩原:逆側やる?目。

週末うめこ:やった方がいいんじゃないかって。

治療後経過写真

©フェアクリニック All Rights Reserved.

メニューへ戻る

}