美容コラム

週末うめこが美容整形をする理由!1番最初に受けた美容治療は○○

出演者情報

柴田医師:美容整形の女性の悩みについて本音の情報を発信している「Dr.柴田の美容整形予備校」主宰。

萩原 靖洋:大学卒業後、美容外科・包茎増大クリニックへ入職。25年で約10万人の患者様をカウンセラー・事務長として対応。

週末うめこ:チャンネル登録者2万人以上の美容系YouTuber。

週末うめこの最初の美容治療は何だったの?

週末うめこ:気になってくるというか…自然にやりたい治療が出てくるんですよね。

萩原:毎回やりたい治療のテーマが決まってるでしょ。

週末うめこ:発生してくるっていう感じですよ。こっちが解決したら、こっちが気になるとかあるじゃないですか。なんでも。健康もそうじゃないですか。

萩原:それと、何となく自分の美というか、自分が何が似合うかとか、自分に何が足りないかっていう分析って、難しい気がする。「私どうやったらきれいになりますか?」っていう気持ちはわからなくはないです。美容師さんに「どんな髪型だったら似合うと思います?」って聞くのと似てるのかなと思ったりはします。何でうめこさんは決まるんですか?自分で。

柴田医師:最初の治療は何だったんですか?

週末うめこ一番最初はほうれい線です。やっぱり糸入れてみたりとかほうれい線消したいが最初で。

萩原:長澤クリニックの糸のリフトでしたもんね、最初。あれは初めての美容外科?

週末うめこ:初めてです。

萩原:むしろそれがびっくりします。

鼻整形などのハードルが高い美容整形を決心するまで

柴田医師:思うのは、たるみ取りってアンチエイジングで比較的入りやすいじゃないですか。鼻整形とか切開となると、ちょっとハードルが高い。そこを超えたのは何かあったんですか?

週末うめこ細井先生(アマソラクリニック院長)とかじゃないですかね、やっぱり。飲み屋で知り合ったんですよ。

萩原:そういう出会いなんですか?

週末うめこ:そうです。他のYouTuberのオフ会で知り合ったんですよ。「美容クリニックやってるから撮影しに来たら?」みたいな感じで。

萩原:そこから?

柴田医師:YouTuberの集いみたいなものがあるんですか?

週末うめこ:そうです。他のYouTuberと共通の友人の…。

柴田医師:そっちにびっくり。

萩原:そこで初めて細井先生と会って、二の腕の脂肪吸引をやったんですか?

週末うめこ:最初ホクロ取りに行ったんですよ。「失敗しても別にいいや」くらいの治療で様子を見に行って、二の腕の脂肪についていくら脂肪溶解注射を打っても細くならないみたいな愚痴を言ってたら、「脂肪吸引すればいいじゃん」みたいな話をして。脂肪吸引の壁は私の中でその当時は高かったんですよ。「怖いです」みたいな感じだったけど、このくらいの先生との距離感だったら受けてみようかなと思って、二の腕の脂肪吸引を受けたんです。

萩原:そこから目の切開にいく、鼻にいくっていうのって、何で?

週末うめこ:目の切開は他のクリニックで一回契約してたんですよ。全切開の契約をしてたんですけど、アマソラでやりたいなと思って、辞めてこっちでやりたいって言って、なったんですよ。二の腕の脂肪吸引の後。

萩原:そこでどういう技術か分かってるから。

週末うめこ:技術というか、こんな感じで取れていいなと思ったから。

柴田医師:切開したいなと思ってた?

週末うめこ:思ってました。

萩原:「切開したいな」に行き着くのがすごくないですか?

週末うめこ:それは結構大きな決断だったかもしれないです、やっぱり。切るというのは。その前にフェイスリフトアップ2回やってるけど。

明確にどこを美容整形したいか決まってる人は意外と少ない

萩原:うめこさんみたいに明確に決まっている人の方が、先生少ないですかね?

柴田医師:うめこさんほどの人はそんなにいないと思います。

萩原:「何をしたらいいですかね?」「どうしたらいいですかね?」でも相談には乗ってあげたいじゃないですか。どうしたらいいか分からないんだなって。

週末うめこ:目的を絞ってあげたらいいんじゃないですか。

萩原:そうなんですよね。

週末うめこ:整形するのって、変わりたい、顔を変えるためじゃないですか、目的って。でも、本来人間って、「何かを変えたい」と思ってるのが悩みじゃないですか。「現状を変えたい」と思っている人が、整形をすることで解決すると思っている部分があるよってことですよね。それはわかります。

柴田医師実際に変わります?手術を受けるたびに「よかった」と思います?

週末うめこうん、思いますよ。気持ちは明るくなると思うんですけど。少なくともマイナスの効果はなくて。

萩原:思ってたのと違うっていう感じで落ち込んだりはない?

週末うめこ:それは私はないですね。

萩原:それは今までちゃんと当たってきたから?明確に伝えてきたからですかね?

週末うめこ:私そんなに伝えないので。結構おまかせなので。左右差とかも気にしないんです。みんな左右差って言うじゃないですか。

柴田医師:左右差は気をつけてることの結構上位ですね。

週末うめこ:左右差…気にしないです私。左右差よりパッと見た感じがいい感じになったらいいかなって思うんです。

萩原:広い範囲で見てくれて、トータル的にパッと見できれい、っていうようなものを求めてくれるのは確かに一番いいですね。

週末うめこ:人って変わらないことがいいみたいな、変わることって怖いじゃないですか。変わりたいけど、美容整形で。変わるのが目的なんだけど、変わらない方がいい、楽だしっていうのはあると思う、本能的に。だからそれだと思って、気持ちを…。

萩原:受け止めるしかない。

週末うめこ:人間はそういうものみたいな。

萩原:変わりたいけど、変わることが怖い人もいる。

週末うめこ:美容以外にも悩み抱えてるじゃないですか。こっちが仕事でも何でもそうなんですけど、こっち解決しないと、こっち変えても根本的には解決しないけど、それが出来ないからとりあえずこっちいくっていうのはあると思う。

仕事など日常の悩みを解決できない代わりに美容の悩みをお金を払って解決しようとしている

萩原:なるほどね。

週末うめこ:こっちの方が簡単だから。お金払って手術受けたら変わるかも。

萩原:でも根本が変わってないから気持ち的には同じなんでしょうね。

週末うめこ:最後はサプリ飲んでくれたら。メンタルを落ち着けて。

柴田医師:ふざけて言ってないですよ。メンタルのサプリは、伸びしろあります。

萩原:2人していちゃついてる感じに見えるんですけど。割と僕怒りんぼうなんです、業務中イライラしちゃうので。本当にサプリで落ち着くんだったらいいなとは思います。チャレンジしてみたい。

柴田医師:それこそスタッフ全員にヒアリングしますよ。

萩原:できるだけ寄り添って、真摯に話を伺っていきますので。

柴田医師:それが基本姿勢です。

萩原:今うめこさんから患者さんの心情みたいものを聞けて良かったかもしれないですね。

週末うめこ:美容を変えたい人だけを正直カウンセリングしたいけど、どっちも皆抱えてるから、美容とプライベートの悩み。どっちなのかなっていうのを、カウンセラーとして見極めたらいいんじゃないですか。難しいかもしれないですけど。

萩原:謙虚にまた、やりたいと思いますので。ありがとうございました。

週末うめこ柴田医師:ありがとうございました。

©フェアクリニック All Rights Reserved.

メニューへ戻る