美容コラム

若々しい男性になるには、まずはクマ取り?男性の美容治療

出演者情報

萩原 靖洋:大学卒業後、美容外科・包茎増大クリニックへ入職。25年で約10万人の患者様をカウンセラー・事務長として対応。

細井 龍:アマソラクリニック院長。ドラゴン細井。

塩崎 正崇:アマシオクリニック院長。

赤嶺 周亮:日本形成医科学会、形成外科専門医。

男性の美容治療事情

萩原:私、今年50歳になります。リモートワークが増えてから、おじさんたち、私たち世代の患者様が非常に増えてるんですが、細井先生たちのクリニックはどうですか?

細井先生:僕は令和の虎に出たじゃないですか。あそこの社長さんたち、皆最近来ますね。

萩原:そうなんですね。おじさんの整形が本当に増えていて、「どこをどうすればいいですか」ってご質問結構いただくんです。富裕層の人たちだったら、お金に関してはいくらでもいいよってなるんですが、女性に比べて男性の方が、美容への財布の紐が固いと思うんですよ。「そんなすんの!?」みたいな。ヒアルロン酸1ccで6、7万円って言うと「そんなすんの!?」みたいな。

塩崎先生:金持ってるはずなのに?

萩原:はい。お金を持ってない人たちも結構来るなって。

男性が若々しくなる美容治療は何?

萩原:サラリーマン層の人たちも来られるようになって、何をやってあげたら若々しい印象になるのか?

細井先生一番多いのはくまとり・脂肪注入じゃないですか。メンズ皆くまが目立ってますよね。

塩崎先生:悪い政治家みたいな感じ。

萩原:内側からとって、埋めてあげる。

赤嶺先生:男性の方も最近ちょこちょこ来ますね。くま治療というのは本当に一番見える場所ですから。

塩崎先生:二重の人よりもくまの方が需要がある。

萩原:確かにそうですね。

細井先生:脂肪注入する時に頬を高くしてあげるんですよ、少し。頬全体を脂肪でオーギュメンテーションしてあげると、やっぱりいきなり若返ります。萩原さんもそうですけど、ちょっとこういう感じ。重たいですよね。

萩原:ちょっとやってもらおうかな。

細井先生:やって悪いことは1つもないですから。結局ゴツゴツしければゴツゴツしいほど老けて見えるので。

萩原:目の下はそう言われると非常に気になってきました。私28歳ぐらいの時からボトックスやり始めて、ヒアルロン酸、ゴルゴ線入れてとかやって、その後糸のリフトに移ってウルセラをやってみたいな感じでずっとやってきたんです。

細井先生:後はやっぱり眉下切開リフト。

萩原:私、やりまして。二重のラインがちゃんと出ると気持ちの中では結構ルンルンになるなって。

塩崎先生:目が楽になると皆ハイになるんですよ、人間って。

萩原:ダウンタイムOKの男性っています?眉下切って。

細井先生:男って伊達メガネかけやすいし、なんならグラサンかけてもいいわけじゃないですか。くまは特にマスクで隠せる。

萩原:そうですね。そういう層の人たちがやっぱり来やすいかもしれない、新宿渋谷は。

細井先生:美意識高いなと思いますけどね。

赤嶺先生:鼻施術も何かしら皆やってますし、そういう方って。

モテたいなら男性も美容治療受けるべき

細井先生モテたいんだったら治療をした方がいい。令和の虎の社長たちが言ってたのは、出て自分の顔見ると想像以上に画面上だと老けて見えるって言われます。表に出る人はやった方がいいんじゃないですか。政治家とか何でやらないんだろうと思いません。絶対かっこいい方がいいじゃないですか。誰もイケメン・イケオジいないですよね。小泉純一郎以来誰もいない。

塩崎先生:まさに小泉純一郎の時キャーキャー言われてたもんね。すごいイケメンが来たって。

細井先生:ぶっちゃけ下手くそな政策を述べるぐらいだったら、よっぽどフェイスリフトと顔の脂肪吸引をやった方がいい。

萩原:確かにそうですね。

細井先生:菅総理とか何でこのシミをとらないんだ!?小沢一郎のくまは一体どうなっているんだ!?あんなくまは現存するのか!?

萩原:あれは、ペンで書いてるぐらい悪役演じてるんじゃないかと思ってましたけど。

塩崎先生:そういうアドバイスをする人がいても不思議はないのにね、政治家なんてね。

細井先生:ビックボスとかがね、整形公表してて、ああいう政治家が今後現れる可能性がありますよね。見た目をいじってるというのはネタにしつつも、まともなことを言ったらめっちゃいい人じゃないですか。見た目はいい方がいいに決まってると思うんですよね。

萩原:そうですね。

細井先生:総理もかっこいい方がいいじゃないですか。病院とかにも、1〜2人クソかっこいい教授とかがいるんですよ。長身・白髪・おしゃれで。

塩崎先生:ストライプのスーツとか着ちゃって。

細井先生:そうそう。そういう教授がいると、あの科いいよね、みたいになる。トップがかっこいいと、その組織がカッコよく見える。

赤嶺先生:分かりますね。

細井先生クリニックもそうですけど、院長がクソダサかったらヤバいじゃないですか。

萩原:結構ありますよね。

細井先生:くまとりとか眉下切開って整形というよりはタイムスリップに近いと思うんですね。

塩崎先生:整形じゃないですね。

細井先生:皆気兼ねなくやったらいいんじゃないかなと思いますけどね。

男性特化の美容クリニックは成功しない?

萩原:「男性がクリニックに行くなんて」みたいなのがなくなってきてる、ハードルが低くなってきてるんじゃないかなというふうに思ってて、いい流れにあるなと思ってるんですけど、男性に特化した美容クリニック、地方にいくつかあったりするんですけれども、そんなに成功してるところって聞かないんですよね。

細井先生:ゴリラクリニックぐらいじゃないですか。資金力があれば、ニーズを捉えてそこに広告が打てるので、ちゃんと回るとは思うんですよね。脱毛したい男性もいるじゃないですか、ゴリラクリニックさんが男性美容整形をメインでやってるかって言ったら、またそれは別ですよね。肌治療とか脱毛がメインですよね。

萩原:でもそこから入らせて、他のことやらせていくっていうのはいいやり方かもしれないですね。今ちょっと聞いてて、脱毛で入らせて肌治療をやらせる、痩身やらせる、そこからまた美容治療もやらせるっていうのはいいかもしれない。

細井先生:男って結構口コミに弱いので、令和の虎も林社長がやったからバババババババみたいな。

塩崎先生:意外と皆右にならえというか。

細井先生:男って結構そういうとこあると思うんですよね。

萩原:そうかもしれないですね。男性をどうやってターゲットにしたもんかなとかって諸々考えるわけですよ。どういう風にしたら呼びやすいのかとか。

細井先生:メンズが見てるメディアを考えないといけないんちゃうかなと思ってますけどね。誰か適当な有名な人が1人やれば。メンズ美容は結構難しいと思いますよ。女性が、例えばですけど眉下切開をする人が500人に1人いたとすると、その5倍以上少ないと思うんですよね。3000人に1人とか。脱毛は多分世間的に認知されてきて、男性でもやるっていう。女性だからとかじゃなくて男性もやっておいた方がいいとかになって、それでも男性の方が少ないと思うんですよね。眉下切開が追いつくことはないでしょうね。別に自分の顔がどうでもいいと思ってるおっさんの方が多いと思うしね。何でやるかっていうと、よく見られたい・モテたいじゃないですか。てことは金持ちじゃないとやらないですよね。女の人はお金がなくてもやるんだけど、なけなしのローン組んでもやりたい。

細井先生:男は別に、まぶた被ってようが関係ないって思ってる人の方が多いですよね。

萩原:余裕が出てこないとそこに目が向かないのは男性だということですかね。

細井先生:そうですね、マズローの欲求じゃないですけど。かなり上位のところにあると思います。

©フェアクリニック All Rights Reserved.

メニューへ戻る