美容コラム

男性の美容整形は今後どうなる?

出演者情報

萩原 靖洋:大学卒業後、美容外科・包茎増大クリニックへ入職。25年で約10万人の患者様をカウンセラー・事務長として対応。

細井 龍:アマソラクリニック院長。ドラゴン細井。

塩崎 正崇:アマシオクリニック院長。

赤嶺 周亮:日本形成医科学会、形成外科専門医。

男性の美容治療は流行らない?

萩原:いくつかのクリニックで男性専門の美容のページを作って、リリースしたことがあるんですけれども、まあバズらなかったんですよね。

塩崎先生:それは表紙にあれですか、水着の女の子を入れるとかそういう。

萩原:しなかったです。それが足りなかったのかもしれない。

塩崎先生:分からないですけど。

細井先生:だったらぶっちゃけ周りの眼科に営業して、「バックあげるから」って言って紹介させた方がいい。まぶたがかぶってる人がいたら、これ渡してもらえないですかって。川口はエリア性があるじゃないですか。

萩原:明日から眼科周ります。

細井先生:結局眼科の先生からしたら保険で出来るじゃんみたいな話になっちゃうから、難しいですよね。美容の良いところをちゃんと説明しないと。

塩崎先生:また「美容」と言われると逆に抵抗がある男性もいるかもしれないしね。これYouTubeで語っていい内容なのかな?

萩原:これダメだったかもしれないですね。やる人いるかもしれないですね。後はさっきの脱毛から入らせるっていうのもひとつありかなともう一回思いました。男性脱毛なんて大手がやってるしっていう風に思ってたんですけれども、川口でやってると結構狭いので来る患者さんで「脱毛やってますか?」みたいな感じの方はいるんですよ。髭脱毛とか、手の甲あたりをやりたいとかっていう人たちもいるので、その辺の人たちを呼ぶためにも脱毛でちょっとやってみてもいいかなと思いました。

細井先生:ゴリッとカウンセリングに入っちゃうのもありだと思いますけどね。何かで来させて、萩原さんみたいな美容に強い人が入って指摘すると、その中で気になってくる人って絶対出てくるので、「結構辛くないですか?まぶた開けるの」「そうなんですよ」みたいな話から、仲良くなると男ってやるので。

塩崎先生:仲間意識に弱いよね、男ってね。

萩原:薄毛とかで呼ぶのもありかもしれないな。

細井先生:そこからボトックスとか、ちょっと針に入れて、その次切らせるとか、段階踏んで。

包茎・増大で来る患者様は美容に興味がない?

萩原不思議と包茎とか増大で来る患者さんって、美容には全然興味ないですね。モテたいは一緒のはずなのに。

塩崎先生:自分がモテないのはこっちのせいだと思ってるのかもしれない、顔じゃなくて。

萩原:それはあると思います。人生うまくいかない、仕事うまくいかない、彼女・奥さんとうまくいかないのはここのせいだっていう。

塩崎先生:そんなすごいものなのか!?

萩原:だから、治すと人生変わるっていう。だからといってそこが、顔にやるっていう発想はその人たちにはないですね。

細井先生:顔をめちゃくちゃいじってる男性って、こっちも身構えますもんね。

塩崎先生:分かる、それは分かる。

赤嶺先生:そうですね。

細井先生:大丈夫かな…?

塩崎先生:もういいんじゃない?って言えなくなっちゃうよね、こっちはね。

男性も鼻を整形する人が増えてきている

細井先生:昔の格言でね「鼻をいじる男性は気を付けた方がいい」って。

萩原:ありましたね。

細井先生:今はもうそんなことはないんですけど。

萩原:そうですね、今は結構まともな男性の鼻の相談増えましたね。確かに昔は、予約表に男性の名前で鼻書いてあると、ちょっと患者さん対応気を付けた方がいいねって。

塩崎先生:昔から言われてましたよね。

細井先生ホストの皆とかもバンバンやりますね。

萩原:鼻尖とかもやる?

細井先生:鼻中隔延長ドーンみたいな。がっつり変えちゃいますね。僕なんか中途半端に鼻やられるぐらいだったらね、鼻中隔延長した方が全然いいですもんね。

塩崎先生:そうだね。やるなら全部ドンとやった方が多分いい結果が得られる気がしますね。

萩原:男性美容はおいしい土壌なんだろうなと思いながらも、なかなか総取りするところがないので。「どこ行ってるんですか?」って聞くと、湘南美容外科に行ってる人が多いんですよね。

細井先生:多いですね。

萩原:広告見て行ってきました、みたいな感じで。

男性化粧品について

塩崎先生:男性化粧品っていう市場があるじゃないですか。僕が大学生ぐらいの頃に「男性もメイクをする時代」みたいな特集があって「へー」なんて思ってたんですけど、あれから10年経って流行ったのかって言ったら流行ってないですよね?

萩原:ただ、市場は伸びてますよね。男性化粧品の市場って伸びてますよ。

赤嶺先生:阪急メンズ館とか行くと、1Fは全部化粧品とかめっちゃ売ってますね。

細井先生:けど俺、何をとち狂っても自分の顔に化粧する日は来ないです。絶対にやらないですね。結構そこはハッキリしてるんですよね、男って。女性って狭間をウヨウヨするというか、やってみようかな、やめようかなみたいな迷う時間が多い。男性の場合はもうやらない奴は一生やらない。

萩原:やらないですね、そうですね。

細井先生:予備軍がないって感じ。最初から女々しい部分を持って生まれた人ですよね。

萩原:男性の美容の患者さんに謝りたい。ごめんなさい。女々しい呼ばわりしちゃったっていう。

細井先生:けど、いいんじゃないですか?「きれいにしよう」っていう意識って、男性的な意識じゃないと思うんですよ。良い意味でフェミナイゼーションされてきていると思うんですよね。全然悪いことだと思わないですけど、自分がならないだろうなっていうのはありますよね。

萩原:細井先生もそうですか?美意識の塊でしょ。

細井先生:マジっすか!?美意識考えたらヒゲも剃るし、髪も短くして、このめがねをやめた方がいい。全部やめた方がいい。

赤嶺先生:元がいいから。僕とかはやっぱり結構色々やりたい。鼻ツーンさせたいですし、キリッとさせたいですし。

萩原:やりましょう。

塩崎先生:赤嶺先生は身長180cm超えてるだけで勝ち組なんですよ。

萩原:そこにはなれないっていう話は確かに病院で。

赤嶺先生:顔が50〜60点でも身長があるだけでそこそこイケるみたいな。

細井先生:わざとイケイケにしない、この優しいマスクがね、親御さんからのウケがいい。

萩原:そうなんですね。

赤嶺先生:おばさま・おじさまには結構ウケがいい。

細井先生:家庭教師初めて行った家でキャーって言われたことある。

萩原:割とこのままで行ったんですか?

細井先生:もっと金髪とかで行って。

塩崎先生:まさかこの人じゃないよねって。

細井先生:そうそう。絵に描いたような、柱の影から覗かれた。初めてやられた。

イケメンの医師

萩原男性の清潔感があってイケメンの最先端は、前田拓摩先生だと思ってます。師匠の前田先生。学会で一回お見受けしたことがあって、きれい〜!!って思いました。

細井先生:動作もきれいなんですよ。女子がいるとドアを先回りして開けたりとか。

塩崎先生:後はドアを開けながらくぐらせるみたいな。

萩原:脇も匂わないですね。

赤嶺先生:いい香りしそう。

細井先生:車を降りる時も、運転席からダッシュしますからね、助手席側に。

萩原:それどっかの学校で習ったんですかね。

細井先生:ホグワーツとかに行ってたんですかね。

塩崎先生:我々はスリザリン組だから、ちょっと。

細井先生:スリザリンでカップラーメンすすってる方なんで。グリフィンドールいいなーって。

赤嶺先生:男から見てもかっこいいですよね。

塩崎先生:実はめちゃくちゃ変態とかじゃないともうバランスが取れない、不公平だ。

萩原:という、前田先生になりたい4人でした。ありがとうございました。

細井先生赤嶺先生塩崎先生:ありがとうございました。

©フェアクリニック All Rights Reserved.

メニューへ戻る