美容コラム

トークが上手い先生は技術が伴っていないかも!?

出演者情報

柴田医師:美容整形の女性の悩みについて本音の情報を発信している「Dr.柴田の美容整形予備校」主宰。

曽山医師:セイコメディカルビューティークリニック医師。

萩原:てんPこと、美容プロデューサー。25年で約10万人の患者様をカウンセラー・事務長として対応。

美容外科のセミナー講師は技術的に上手なの?

萩原:天の声のプロデューサー、てんPです。曽山先生です。柴田先生です。今、先生たちに急に雑談を始めたんですが、何の話をされていたんでしょうか?

柴田先生:教えている先生はでも上手なのか?という話。丁寧なのか?という。

萩原:美容外科の治療を教えているセミナーの講師として招かれている先生が技術的に上手なの?という話という事ですね?

柴田先生:うん。糸を入れる講習、糸リフト。以前行って教えている先生がまぁ荒いんですよ。

萩原:荒い?

柴田先生:麻酔をズズズズッって入れるんですよね。こんなんなんだ?みたいなちょっと思って。糸もガガガガッって。聞いたやり方より我々の方がきっといいと思っちゃったという事が。

萩原:感じます?曽山先生。

曽山先生:僕も時々教える立場なので先生たちがどう感じているかな?とか、もっと先生たちにもっといい技術を持っている人たちもいるだろうからみんなで参加型にしながら先生たちの技術も盗みつつ、まあまあ謙虚な感じでやっているつもりなんだけど。他の先生の(セミナー)を見たり参加したりとか、あとは学会もあるんだけど下手な先生は下手で心臓が強いんですよ。僕も柴田先生も「ちょっとこうしておけばな」って多分一晩寝れないタイプでしょ?

柴田先生:まぁ。

曽山先生:寝れます?

柴田先生:持ち帰る時は。

曽山先生:持ち帰らない先生がいっぱいいて、よくこれで普段やっているなっていう感じで。それでも偉そうにやっている先生は結構いる。

柴田先生:いると思うよ。医者全体がそうかもしれないですよ。別に美容と限らず、外科とかね。

曽山先生:医者ってそういうところもあるのかもしれない。

柴田先生:権威と言われていてもみたいな?

攻める医師・攻めない医師

曽山先生:医者が手術を伸ばす1つ、心臓が強くてどんどんチャレンジしていける限界に臨めるという先生は失敗しようがまた次にいけるので、どんどん激しい事をいける。

萩原:振り返らない。立ち止まらない。

曽山先生:そうそう。

柴田先生:論文も書いちゃう。「こんな激しい手術をしました」みたいな。

曽山先生:僕最初教わった先生に「患者さんの満足度6割目指せ」って言われました。

萩原:低っ!!

曽山先生:だけどその先生は逆パターンなんですよね。慎重・丁寧。どんどんいろんな手術はできないんですよ、そういう先生は。だけど細く長くやっていくような先生。

萩原:攻めすぎない代わりにリカバリーもしやすかったりしますか?

曽山先生:そうそう。無理なしない。

萩原:でもそれって柴田先生も?

柴田先生:僕も優しい上司の先生に教えてもらった時に9割方成功して70点を取る手術か、5~6割の確率で95点を取る手術かみたいな。という事はやっぱり9割成功して70点を取る手術をしたみたいな考えになるよね?みたいな。

萩原:なるほど。

柴田先生:という事でやってます。

萩原:そういう先生たちが教えているのを見ててキャリアのある先生たちが習いに行ったりするじゃないですか?おや?と思ったりはするんですか?それもやっぱり学ぶべきことはあるんですか?

曽山先生:こうやっちゃダメなんだなという反面教師的な勉強にはなる。

萩原:それって評判は悪くならないんですか?その先生の。

柴田先生:例えば腫れたとするじゃないですか。こんなもんなんだって(先生に)言われたら、(患者さんは)こんなものなのかなって(思う)。

曽山先生:口は上手ですよね。喋りはものすごく上手い。患者さんが納得しちゃうような話をするのが上手なので。

萩原:そうすると結論、美容外科医は口がうまければうまくいくという感じはありますね。

柴田先生:結構大事だよね。

萩原:え?

柴田先生:結構大事じゃないですか?

萩原:大事ですか?

柴田先生:(患者さんから)高くお金を取るならね。

萩原:なるほど。

ヒアルロン酸をたくさん入れる先生が「良い先生」!?

曽山先生:僕のクリニックもヒアルロン酸の注入とか、脂肪の注入って多いんですけど、入れすぎちゃってる人とか、なんでこんなところにこんなふうに入れちゃうんだろうという話が多いですよね。

萩原:それは加減が分からないのか、それとも本数を入れればその分だけ費用は多く頂けるじゃないですか?

曽山先生世界的に問題というか、ハリウッド女優さんもこんなパンパンな顔してるでしょ?患者さんの問題でもあるんですよ。患者さんが「もっともっと」って要求しちゃって、真っ当な医者だったら止めるじゃないですか。おかしいよって。でもその患者さんはこの先生がやってくれないならまた他行くってなっちゃうんですよ。

萩原:なるほど。

曽山先生:どこかの医者がやってるんですよね。

萩原:やっちゃうんですね。

曽山先生:ヒアルロン酸を毎年1ccここにずっと定期的に入れているクリニックがありそうだけど。毎年1ccですよ?こんななりますよね?1年で全部なくならないじゃないですか?

柴田先生:なくならないですよね、実際は。

曽山先生:すごいアバター鼻になっちゃたりとか。「あなたはまず5本ですかね」みたいな。4~5本が当たり前。でもパンパンなこんな。

萩原:そういう魚いますね。

曽山先生:コブダイね。

萩原:実際に(患者さんが)来られる?

曽山先生:そうそう。

萩原:治してくださいって来られるんですか?

曽山先生:そう。なんでそんなふうに入れちゃうんだろうな…という。ヒアルロン酸専用クリニックみたいなところがあるじゃないですか?

萩原:ありますね。

曽山先生:ああいうところがやっているんですよ。

萩原:じゃあ専門クリニックって言ってるけれども、その先生は専門じゃないのか?

曽山先生:ヒアルロン酸しかないのでとにかく量は多め。セミナーとかも言っちゃっていいのかな…

萩原:言っちゃいましょう。

曽山先生:某A社。1回で十何本入れるとかあるじゃないですか。そんなこと絶対にするわけないじゃないですか。それをセミナーで何百人が聞くんですよ。異様な世界ですよ。まぁまぁな金額じゃないですか。そういうのをすすめるセミナーがあって、先生たちはたくさん打てる先生が「よい先生」。打てる先生はみんな。

萩原:よいとされる。

曽山先生:そうそう。

柴田先生:これ以上入れれないって言っちゃダメなんですね。

萩原:なるほど。こういうのって一般の方々は全く知らずに「専門だし」というので、ましてやヒアルロン酸なんか誰がやっても(同じ)みたいな事を思っている人もいるので、そういうところに行ってそういう目に遭うというのが繰り返されているのも何だかな…と思うんですよね。今こうやって情報を発信しています。闇みたいな感じで言ってますけれども、これがどこまで届くのか?

柴田先生:「こんなものなのかも」と思わせてるのかな?変な事になっても。

糸リフトの妥当な金額・本数

萩原:あとは曽山先生がもう1つ糸リフトについて。

曽山先生:糸リフトのセミナーをやったんですけど、患者さんによく言うのが「どうせ溶けちゃうのでたるみをよくする、あとは予防していくには1~2年に1回やってもいいよ。やってもいい価格帯でやろうね」と言うんですよね。となると大体10~20万円。多くても30万円。1回に100万円近くの価格。当然いろんな場所にいろんな糸を埋め込むので、それなりの効果は出ますよ。だけどそれもどうかな…というところもありますね。

萩原:フェイスリフトを受ける金額に相当するじゃないですか。

曽山先生:毎年それをするという。

萩原フェアクリニックだとフェイスリフトを2回受けられるんですよ、その金額で。患者さんはそれで納得はしているんですかね?100万円である程度切らずに若返られるというのは納得できるんですかね?

曽山先生糸を入れている先生で口がうまい先生は多いですもんね。あれは直後の効果が出なくても「あとから効果が出るよ」と言えるので。洗脳されているのかな…

萩原:ある意味時間稼ぎなんですかね。待てるというか。

曽山先生:だから僕がこの前のセミナーでやったのは少ない本数で、わざと。確実に糸の入れ方とかを工夫して上げたい部位をちゃんと上げていこう。そこにアレンジをするのはいいじゃないですか。もうちょっと予算があればプラスアルファでね。だけどとにかく何本も入れちゃえばなんとかなるので、直後はね。そんなセミナーでしょ?

柴田先生:いっぱい入れて…。ズズズズッって。痛そうだなみたいな。

曽山先生:そういうのじゃなくて、糸の性質を分かってその人の顔のリフトをどうすればいいか、そのためにどのようにどうやりましょうねというのを僕この前やってそこでそう感じたんですよね。あとはそういうところでやった患者さんが僕の治療を受けてくれて、本数をまず少なくやるので「少ない本数でもうちょっと上げたい」。

萩原:一番最高じゃないですか。

曽山先生:聞くと間違ってなかったかなと思って。

まとめ

萩原僕のまとめとしては稼ぎたいんだったら糸の入れ方よりもいかに糸をたくさん入れられるかというトーク力を講師の先生から学ぶと良いんだなと思いました。

曽山先生:そうなっちゃうんだけど。

萩原:結果トーク力なんだなという。でもやっぱそういうところって淘汰されていくんですかね?今後。

柴田先生:長続きするのかな?

曽山先生:それなりに結果は出るので。

萩原:なるほど。

柴田先生:フェイスリフト100本のメニューを作るかどうか。

萩原:たくさん入れたらいいのであれば。細い短い糸を50本で15万円くらいでやっているんですけど、確かに24本でよりは50本でやる方が上がるなとは思うんですよ。今話を聞いていて100本プランもやった方が上がるのかな?というふうに思いました。常識的な価格だったら受け入れてもらえるのかなというふうには思いました。色々裏もあるので。これでも見ている人に「そこちゃんと見極めていかないとダメですよ」と言っても伝わらないですよね、本当に。

柴田先生:これを見た人はこちらのクリニックへどうぞ。

萩原:来てくださいという感じですか。

曽山先生:僕らが口下手というのは分かりましたよね。

柴田先生:そうなんですよ。

萩原:今回はお2人に美容外科の闇・セミナーとは⁉について語って頂きました。ありがとうございました。

柴田先生曽山先生:ありがとうございました。

©フェアクリニック All Rights Reserved.

メニューへ戻る

}