お知らせ

お知らせ

柴田院長の二重まぶた全切開法の症例を掲載しました。

二重全切開の患者さまです。
過去に2回埋没法をなさったけれど、二重の線が薄くなってきたということで全切開を希望された患者さまです。

確かにそういった方は何度も埋没法で留め直しするのも大変になってきますので、全切開をご案内することは多いですね。
全切開の場合永久的に二重でいられるというのがメリットで謳われますが、実際は眼輪筋や眼窩脂肪の処理、重瞼線の組織への固定などちゃんとやらないと二重の線が浅くなることも有り得ますし、逆に組織を切除しすぎたりしていかにも整形した感じの二重になる場合もありますので、しっかりとした手術手技が求められます。

腫れはやはり埋没法に比べて長引きますが、それでも1ヶ月目でだいぶ引いていると言えるでしょう。さらにここから2ヶ月かけてだいぶ引いていきました。


治療前


治療後1カ月後


治療後3カ月後

©フェアクリニック All Rights Reserved.

メニューへ戻る