最新
情報

美容コラム

切開リフトで治療する効果とは?気になる疑問を解消!

この記事を書いた人

柴田 健了(しばた たけのり)

京都大学医学部卒。日本形成外科学会専門医。長年の治療実績、論文の成果が認められた医師のみが認定される日本形成外科学会専門医の資格を持つ。20年以上形成外科・美容外科の専門医として従事し、大手美容外科を経て、フェアクリニック川口院/東京院を開設。クリニックのコンセプト「フェア(正しい・明瞭)」を掲げ、良質な技術を提供。▶公式サイトURL:https://fairclinic.jp/about/

「顔のしわやたるみが気になってきた…」
「芸能人のような綺麗なフェイスラインに憧れる…」

年齢とともに衰えていく肌の変化に、このようなお悩みを感じている方も多いのではないでしょうか。

切開リフトは、皮膚を切開し肌を内側から引き上げることで高い効果を期待できます。

今回の記事では、切開リフトの効果や治療内容、施術を受ける前に知っておくべき注意点について紹介します。高いリフトアップ効果を目指したい方は、ぜひ参考にしてみてください。

 

目次

芸能人も利用する「切開リフト」ってどんな治療?どんな人におすすめ?

ここでは、切開リフトの治療法や効果の高さの秘訣について紹介します。テレビで活躍する芸能人やモデルのようにいつまでも若々しい肌でいたいという方は、参考にしてみてください。

 

切開リフトとは、ダイレクトにたるみを引き上げる治療法

切開リフトとは、その名の通りメスを使用した「切るフェイスリフト」です。こめかみから耳後ろの襟足辺りの皮膚を切開し、たるんでいる皮膚を引き上げた状態で縫合します。高いリフトアップ効果に期待できることから、注目度の高いフェイシャル治療のひとつです。

切開リフトは、ハイフやスレッドリフト(糸リフト)と比べてビフォーアフターがわかりやすく、従来のリフトアップ治療に物足りなさを感じる方におすすめです。

たるみに大きな影響を与えるSMAS(スマス)筋膜と皮膚を同時に持ち上げるため、より長い持続時間に期待できます。

また、以下の効果が期待できる点も切開リフトの魅力です。

  • 肌のたるみやしわを改善させる
  • フェイスラインをスッキリとさせる
  • 首回りのたるみを解消する
  • 口元のしわやほうれい線を改善させる
  • ハリのあるみずみずしい肌になる

上のようにさまざまな効果が期待できるため、「切開リフトは見た目年齢を10歳若返らせる施術」といわれることもあります。

 

顔のたるみ・しわの原因となる「SMAS(スマス)筋膜」

SMAS(スマス)筋膜とは、顔の皮膚を支えている筋膜のことで、皮下組織と筋層の間に位置します。コラーゲンによって形成されていて、しわや肌のたるみなどの加齢の原因は主にSMAS筋膜の衰えといわれています。

年齢を重ねることで肌内部のコラーゲンは減少し、SMAS筋膜も一緒に緩んでいきます。
筋膜の皮膚を支える力が弱まることで、皮膚は重力に耐え切れず下へ垂れ下がってしまうのです。

SMAS筋膜は皮膚を支える重要な「土台」としての役割を持つため、たるみを根本的に改善するためには土台であるSMAS筋膜から引き上げないといけません。

SMAS筋膜と皮膚を同時に引き上げることで、加齢によるたるみやしわを改善し、リフトアップ効果を最大限に発揮することができるのです。

 

切開リフトはこんな悩みをお持ちの方におすすめします

切開リフトは、次のような悩みを抱える方におすすめです。

  • 顔のしわやたるみが気になる
  • マリオネットラインを改善したい
  • 口元のほうれい線をなくしたい
  • 顔だけでなく首のしわも改善したい
  • ヒアルロン酸やスレッドリフトでは物足りない

切開リフトは、見た目に大きな変化が現れる美容施術です。そのため、年齢による肌のたるみなどを改善し総合的なアンチエイジング効果を目指す40〜50代のミドル世代の方に人気があります。

 

当院が行う4種類の切開リフト|治療範囲・効果・料金

ここからは、フェアクリニックが提供している4種類の切開リフトを紹介します。

当院では、肌のたるみやしわのレベル、部位ごとに合わせた施術をご用意。その施術メニューは以下の通りです。

  • パーフェクトリフト
  • ワイドリフト
  • ストレートリフト
  • こめかみリフト

丁寧にカウンセリングをして、一人ひとりに適切な施術プランをご提案いたします。

 

1.顔全体+首元のたるみを引き上げる「パーフェクトリフト」

最初に紹介するのは、顔全体のリフトアップに加えて首元のたるみも引き上げる「パーフェクトリフト」です。顔の気になる箇所を全体的にケアできる人気の高いメニューです。

首元は年齢が現れやすい部位のため、周りからの視線が気になるという方も多いでしょう。パーフェクトリフトは、顔周り全体を若々しい印象に見せたい方におすすめです。

治療範囲 こめかみ~耳の前~耳の下から後ろ~えり足上部まで
効果の部位 ほほ~口元、フェイスライン、ほうれい線、あご~首、上まぶたと下まぶたのたるみ、目尻の周囲
料金 539,000円(税込)

 

2.顔のたるみを全体的に引き上げる「ワイドリフト」

顔全体のたるみやしわのリフトアップ効果が期待できるのは「ワイドリフト」です。顔の印象をパッと華やかに見せられます。フェイスラインや口元、目元など顔の目立つパーツが施術対象です。見た目的にも大きな変化を期待する方におすすめです。

治療範囲 こめかみ下部~耳の前~耳の下から後ろ
効果の部位 ほほ~口元、フェイスライン、ほうれい線、あご上部、目元一部
料金 418,000円(税込)

 

3.ほうれい線やフェイスラインのたるみに「ストレートリフト」

「ストレートリフト」は、顔の下半分のたるみが気になる方に向いています。ほうれい線や口周りのたるみ、フェイスラインのもたつきを引き締める効果が期待できます。

治療範囲 こめかみ下部~耳の前~耳の下
効果の部位 ほほ~口元、フェイスライン、ほうれい線
料金 352,000円(税込)

 

4.目じり周りのたるみが気になる方に「こめかみリフト」

目周りのたるみを改善したい方におすすめな施術メニューが「こめかみリフト」です。

目元の印象が変わるだけで、見た目の変化はガラリと変わります。年齢によるまぶたの垂れ下がりや目尻のしわの改善に効果的なため、特に顔の上半分を若々しい印象にしたい方に選ばれているメニューです。

治療範囲 こめかみ上部~下部
効果の部位 上まぶたのたるみ、目尻の周囲
料金 297,000円(税込)

 

切開リフト手術のダウンタイム・術後の過ごし方

切開リフトを受けるときに気になるのが、術後のダウンタイムですよね。

切開リフトはメスを使用するため、切らないリフトやハイフと比べるとダウンタイムは長めです。一般的に切開リフトのダウンタイムは、1〜2週間程度といわれています。

施術からの日数 クリニックでの処置
3日後 切開した箇所の消毒
7日後 抜糸
14日後 補足として付けている糸の抜糸

術後は手術箇所に腫れや青みが現れることがありますが、あくまで一時的なものです。次第に消えていくため、過度な心配はいりません。

内出血が1〜2週間程度続くことがありますが、外出時にマスクを使用していれば周りにバレることも防げます。

シャワーや洗顔、メイクは、患部以外は当日からでも問題ありません。患部を直接濡らすのは3日〜7日後となるので抜糸が完了するまでは注意しましょう。

 

実際の症例を画像・YouTubeで確認してみよう!

ここからは、フェアクリニックで実際に切開リフトの手術を受けた方の症例写真を紹介します。

 

症例写真①:パーフェクトリフト

こちらは、パーフェクトリフトを受けた女性の症例写真です。

 

 

施術名 パーフェクトリフト
施術方法 こめかみー耳の前―耳の下―耳の後ろーえり足付近までの皮膚をたるみの幅の分をデザインして切除し、引き上げて縫合する治療方法です。
費用 539,000円(税込)
治療時間 1~2時間
リスク 一時的な腫れや部分的に青くなる箇所がありますが、時間の経過に伴い消失します。

手術の切開部位には、糸が付きます。3日後に消毒、7日後に抜糸、14日後に抜鉤(医療用ホッチキスの除去)を行います。

 

症例写真②:パーフェクトリフト+脂肪吸引(ほほ・あご)

次の方は、パーフェクトリフトと脂肪吸引(ほほ・あご)を受けた女性の症例写真です。

 

施術名 パーフェクトリフト+脂肪吸引(ほほ・あご)
施術方法 こめかみー耳の前―耳の下―耳の後ろーえり足付近までの皮膚をたるみの幅の分をデザインして切除し、引き上げて縫合する治療方法です。

同時に、頬とあごの脂肪を吸引しています。

費用 847,000円(税込)
治療時間 約2時間30分
リスク 一時的な腫れや部分的に青くなる箇所がありますが、時間の経過に伴い消失します。

手術の切開部位には、糸が付きます。3日後に消毒、7日後に抜糸、14日後に抜鉤(医療用ホッチキスの除去)を行います。

公式YouTubeでは、治療風景や実際に施術を受けた方のお話も聞くことができます。詳しく知りたい方は、下記からご覧ください。

 

【要チェック】切開リフトを受ける前に把握しておきたいこと

 

効果の持続期間|目安として5~10年ほどは期待できる

一般的に、切開リフトの施術を受けると5〜10年ほどは持続が期待できるといわれています。

ただし切開リフトで肌のたるみを改善しても、リフトアップ効果は年を重ねるごとに次第に薄れていきます。

継続的に効果を実感したい方は、5〜10年後に再び治療を受けることをおすすめします。

 

治療が適する年齢|たるみが気になり始めたら相談しよう

肌のしわやたるみ、ほうれい線を改善するアンチエイジング効果を目的とした美容治療のため、受ける方のほとんどが40〜50代のミドル世代です。

まだ肌の衰えを感じていない20〜30代の方が受けても、満足のいく結果を感じにくいでしょう。

しかし、切開リフトは加齢による肌の症状が酷くなる初期段階で受けたほうが、効果の持続期間が長いことが研究でわかってきました。

そのため、近年は肌の衰えが本格的に気になる前からエイジングケアを受ける若い世代が増え始めています。

20〜30代の若い世代でも肌のたるみが少し気になってきたと感じた場合は、クリニックに相談してみてもいいかもしれません。

 

手術による傷跡|細かな縫合で目立ちにくいよう配慮

せっかく切開リフトを受けて綺麗なフェイスラインになったのに、術後の傷跡が目立つことは避けたいですよね。

フェアクリニックでは、傷跡が目立たないようさまざまな工夫を行っています。

カウンセリングでは、切開する皮膚の幅や長さを測り一人ひとりに合わせた最適なデザインを提案します。切除箇所は耳周りギリギリの位置のため、日常生活を送る上で傷跡が目立つ心配はありません。

なお、切開リフトで表皮と真皮を同時に縫合する場合、縫合部分が目立ってしまうリスクが考えられます。しかし当院では表皮と真皮を分けて縫合するため、一本の線のような目立たない仕上がりが目指せます。

 

デメリット|副作用やリスクが複数存在する

ここでは、切開リフトのデメリットについてまとめました。

切開リフトは、高い効果を期待できる一方で副作用やリスクを伴う手術でもあります。施術を受ける前にデメリットをしっかりと理解し、納得した上で受けましょう。

  • 腫れ
  • 血腫形成(内出血によって血液が1カ所に溜まる)
  • 傷跡が残る
  • 皮膚の壊死
  • 左右差が出てしまう
  • 耳たぶが伸びる
  • 感染症、薬剤過敏症
  • 唾液瘻(だえきろう)
  • 顔面の麻痺

気になる方は、クリニックで受けるカウンセリングの際に担当医に確認しておくと安心です。

 

当院に寄せられた切開リフトに関する疑問|Q&Aで解消しよう!

 

Q.顔の皮膚を引っ張ることで猫目・つり目になる?

切開リフトの失敗症例として、術後に猫目やつり上がったような目になってしまうことがあります。しかし、これは実績の少ない医師が執刀することで引き起ってしまう事例です。

フェアクリニックでは、切開リフトの実績が豊富な柴田院長がカウンセリングから担当し、自然で美しい仕上がりを目指します。

 

Q.希望しただけたるみを引き上げることは可能?

基本的にカウンセリングでは、肌のたるみをどこまで引き上げたいかしっかりと確認します。患者さまの希望を考慮し、なるべく理想の姿に近づけられるよう手術を行います。

しかし、無理にたるみを引き上げてもまた元に戻ってしまう可能性が高く、耳たぶが少し変形して傷跡が残るリスクもあります。

カウンセリングでは、そうしたリスクがあることを明確に伝え、患者さまが納得した上で施術を行います。

 

Q.顔の皮膚を切っても大丈夫なの?

顔には表情を作る上で大切な神経の「顔面神経」が通っています。切開リフトを行うときは、神経に触らないよう細心の注意を払う必要があります。

当院では、このようなリスクに配慮するため、全ての手術を形成外科医の柴田院長が担当します。

 

Q.切開リフトの効果はいつから実感できる?

切開リフトの効果は、術後すぐに実感できます。

当院の公式サイトに手術前と3日後のビフォーアフターの症例写真を掲載しています。フェイスラインが劇的に変化し、顔全体が若々しい印象になっていることをご覧いただけるでしょう。

ただし、施術直後は腫れなどのダウンタイムが伴うため、効果を実感するのはダウンタイムが落ち着いた頃合いです。

 

安心して切開リフトを受けていただくための工夫

副作用やリスクなどのデメリットを知り、少し不安になってしまったかもしれません。

フェアクリニックでは、安心して治療に臨んで頂けるようさまざまな工夫を行っています。ここでは、その一部を紹介します。

 

いわゆる「引っ張られ顔」「つり目」にしない工夫

切開リフトを受けた結果、顔が左右に引っ張られて横に広がったように見えたり、つり目になってしまったりすることがあります。これは、皮膚組織だけを切除し縫合してしまったケースによるものです。

「引っ張られ顔」「つり目」にならないためには、SMAS筋膜と皮膚を同時に引き上げ、余った皮膚を切除し丁寧に縫合する必要があります。

フェアクリニックでは、カウンセリングで丁寧にデザインを行うことで、綺麗な仕上がりを目指しています。

 

長時間の治療の負担・痛みを軽減する工夫

切開リフトは種類にもよりますが、最長2時間半程の治療時間を要するものもあります。そうなると、患者さまの負担がどうしても大きくなってしまいます。

フェアクリニックでは、そうした負担をなくすために点滴による麻酔を行っています。眠っている間に手術を実施するため、痛みを感じるケースはほとんどありません。

 

術後の腫れ・生活の不自由さを抑える工夫

切開リフトは術後の腫れやダウンタイムがつきもの、と耳にしたことがあるかもしれません。

しかし、フェアクリニックでは縫合した後の止血処置を徹底して行うことで、術後の腫れを予防します。

腫れは、皮膚内で血液がたまっていくことによる内出血の状態のことです。皮膚の内側を処置する際に、出血していないか入念に確認しながら一カ所ずつ止血を行うので、腫れを抑えることが可能です。

また、腫れないような対策を徹底しているため、術後に大きな固定装置を着ける必要もありません。

当院は、徹底した止血処置を行うことで、患者さまが術後も快適に日常生活を送られるよう心がけています。

 

診療・治療・アフターケアまで全て院長が担当します

切開リフトは、メスで皮膚を切開し、たるんだ皮膚を持ち上げて綺麗に縫合する難易度の高い手術です。そのため、執刀医師の経験値や医療技術が求められます。

フェアクリニックで行う手術は全て日本形成外科学会認定の形成外科専門医の柴田院長が担当します。院長自らがカウンセリングから診療、治療、アフターケアまでを担うため、デザインのこと、費用のこと、リスクのことなど、心配事がある方もお気軽にご相談ください。

 

切る治療が不安な方へ「切らないリフトアップ」をご紹介

フェイスリフトに興味を持つ一方で、顔にメスを入れることに抵抗があるという方もいらっしゃるのではないでしょうか。

そこでここからは、メスを使わない「切らないリフトアップ」施術を紹介していきます。

 

吸収される糸で内側から引き締める「フェアリフト」

フェアリフトは、極細の糸を注射器で挿入することで、切らずにリフトアップ効果が期待できる施術です。

糸は6ヵ月ほどで吸収されるため、体内に残る心配はありません。また、挿入した糸は吸収されながらコラーゲンを生成する働きを持つため、ハリのある弾力肌にも期待できます。

フェアリフトには、以下2つのメニューがあります。

顔全体に糸を24本入れるプラン 99,000円(税込)
入れ放題プラン(50本まで) 165,000円(税込)

 

超音波照射で表情筋を収縮させるハイフ「ウルセラ」

ウルセラは、超音波を照射して高いリフトアップ効果をもたらすハイフ施術のひとつです。
たるみの原因であるSMAS筋膜を引き上げる働きを持つため、切開リフトのような輪郭を内側からキュッと引き締めた高い小顔効果が期待できます。

ウルセラは、ハイフの中でも強力なパワーを照射するため、「過去にハイフを受けたけれど満足できなかった」という方にもおすすめです。

ウルセラのプランは、以下の3つを取りそろえています。

フェイスライン+あご 107,800円(税込)
ほほ 107,800円(税込)
顔全体 198,000円(税込)

 

負担の少ない植物由来成分で脂肪を溶かす「BNLS脂肪溶解注射」

BNLS脂肪溶解注射とは、植物由来成分であるBNLSを肌へ注射して脂肪を分解する施術方法です。体への負担を少なく安全性の高い施術を希望する方には、BNLS脂肪溶解注射がおすすめです。

ほほや口元、あごなど脂肪の付きやすい箇所へピンポイントでアプローチします。BNLSは、リンパ循環作用や肌を内側から引き締める効果があるので、ナチュラルな仕上がりでリフトアップしたい方に選ばれています。

BNLS脂肪溶解注射の料金は以下の通りです。注射する箇所や症状に合わせてお選びいただけます。

1本 13,200円(税込)
4本 48,400円(税込)
6本 66,000円(税込)

 

まとめ:切開リフトやリフトアップでお顔も気分も若返ろう

切開リフトは、今も昔も注目度の高い美容施術です。確実にしわやたるみを解消し、横顔が美しいフェイスラインを手に入れるためには、やはり切開リフトが1番の近道だといえるでしょう。

切開リフトは「1度の施術で10年若返る」といわれるほど、高いリフトアップ効果とアンチエイジング効果に期待できます。フェアクリニックが提供する切開リフトは、気になる部位ごとに強力にアプローチできる4つの施術メニューからお選びいただけます。

  • パーフェクトリフト
  • ワイドリフト
  • ストレートリフト
  • こめかみリフト

なお、メスを入れずにリフトアップ効果を得たいという方には、次の3つの施術メニューがおすすめです。

  • フェアリフト
  • ウルセラ
  • BNLS脂肪溶解注射

関東圏に2院展開しているフェアクリニックでは、カウンセリングからアフターケアまで日本形成外科学会が認定する形成外科専門医の柴田院長が担当します。傷跡が目立たないよう、一人ひとりに合った仕上がりをデザインします。

リフトアップ効果+小顔効果を実感できる「切開リフト」について、より詳しく知りたい方は、こちらのページからご確認ください。

©フェアクリニック All Rights Reserved.

メニューへ戻る

}