受付時間 10:00-20:00(完全予約制)

0120-667-080
メール予約
LINE相談 メール相談
メール相談

目のしわ・たるみ

柴田院長が選ぶあなたに合った「目の周りのたるみ治療とは?」

メニュー

新型コロナウイルス対策に
ついてのご案内

当院は通常通り、開院いたしております。
新型コロナウイルスに関連した感染症について、患者様とスタッフの安心・安全確保の観点から当院では下記の対応を行っております。
ご理解、ご協力のほどよろしくお願いいたします。

  • 1、感染症防止策として、医師・スタッフの2時間おきの手指のアルコール消毒。うがい、院内設備の清潔保持を徹底します。
  • 2、医師・スタッフは医療用マスクを着用し患者様へ対応いたします。
  • 3、完全予約制、完全個室対応で患者様同士が顔をあわせない体制にしております。

上まぶたのたるみ取り切開法費用:両目275,000円※当院の治療は自由診療となり保険適用外になります。
※費用は全て税込で表記しております。

上まぶたのたるみレベルが
重度な方へおすすめ

上まぶたのたるみ取り切開法

上まぶたのたるみレベルが
重度な方へおすすめ

  • 切開する位置をデザイン①切開する位置をデザイン
  • 切除と同時に脂肪を除去②切除と同時に脂肪を除去
  • 縫合し終了③縫合し
    終了
【治療方法】【治療時間】40~50分

加齢とともに垂れ下がった上まぶたの皮膚のたるみを、切除することで目元をすっきりとさせる手術法です。まぶたのラインに沿ってたるみとなっている皮膚を切除・縫合し、二重のラインを作ることで目元のたるみを改善します。
上まぶたのたるみが強い、皮膚が厚い、埋没法では改善しない、などの状態は切開法がおすすめです。

【術後の経過・痛み・腫れ・内出血】

目薬の麻酔を使用して治療を行うため、治療中の痛みはほぼありません。術後の腫れが出やすく、10日~14日ほどで落ち着き、1~2か月をかけて仕上がっていきます。7日後に抜糸を行いますが、しばらくは縫合部分に赤みがあります。治療部位以外のメイク、洗顔、シャワーは当日より可能、治療部位は抜糸後より可能です。

【治療方法】

【治療時間】40~50分
加齢とともに垂れ下がった上まぶたの皮膚のたるみを、切除することで目元をすっきりとさせる手術法です。まぶたのラインに沿ってたるみとなっている皮膚を切除・縫合し、二重のラインを作ることで目元のたるみを改善します。
上まぶたのたるみが強い、皮膚が厚い、埋没法では改善しない、などの状態は切開法がおすすめです。

【術後の経過・痛み・腫れ・内出血】

目薬の麻酔を使用して治療を行うため、治療中の痛みはほぼありません。術後の腫れが出やすく、10日~14日ほどで落ち着き、1~2か月をかけて仕上がっていきます。7日後に抜糸を行いますが、しばらくは縫合部分に赤みがあります。治療部位以外のメイク、洗顔、シャワーは当日より可能、治療部位は抜糸後より可能です。

下まぶたのたるみ取り手術費用:両目275,000円※当院の治療は自由診療となり保険適用外になります。
※費用は全て税込で表記しております。

老けた印象の重度の下まぶたのたるみは、
切除法ですっきり改善!

下まぶたのたるみ取り手術

老けた印象の重度の下まぶたのたるみは、
切除法ですっきり改善!

  • 切除部分をデザイン①切除部分をデザイン
  • 皮膚を切除し骨膜に固定②皮膚を切除し骨膜に固定
  • 外側上方へ持ち上げて縫合③外側上方へ持ち上げて縫合
  • 縫合終了④縫合終了
【治療方法】【治療時間】45~60分

重度の下まぶたのたるみ、寄れてしまったしわは下まつ毛のきわでたるみを切除することで、たるみやしわを目立ちにくくします。
たるみやふくらみ、寄れたしわの原因となっている余剰な皮膚とともに、皮膚の内側の脂肪や組織を除去し美容外科的に縫合する治療方法です。
下まぶたのたるみ取りとして有効な方法ですが、目の下に7日間糸が付いていること、治療後の腫れ・むくみが出るためしばらく外出の予定がなく、お休みが取れる時期にお受けになることをおすすめしております。片側だけの治療も可能です。

【術後の経過・痛み・腫れ・内出血】

目薬の麻酔を使用して治療を行うため、治療中の痛みはほぼありません。下まつ毛のきわに糸が付き、7日後に抜糸を行います。腫れやむくみ4~7日ほどで落ち着きます。はじめのうち、目の内側が乾きやすい感覚があります。治療部位以外のメイク、洗顔、シャワーは当日より可能、治療部位は抜糸後より可能です。

【治療方法】

【治療時間】45~60分
重度の下まぶたのたるみ、寄れてしまったしわは下まつ毛のきわでたるみを切除することで、たるみやしわを目立ちにくくします。
たるみやふくらみ、寄れたしわの原因となっている余剰な皮膚とともに、皮膚の内側の脂肪や組織を除去し美容外科的に縫合する治療方法です。
下まぶたのたるみ取りとして有効な方法ですが、目の下に7日間糸が付いていること、治療後の腫れ・むくみが出るためしばらく外出の予定がなく、お休みが取れる時期にお受けになることをおすすめしております。片側だけの治療も可能です。

【術後の経過・痛み・腫れ・内出血】

目薬の麻酔を使用して治療を行うため、治療中の痛みはほぼありません。下まつ毛のきわに糸が付き、7日後に抜糸を行います。腫れやむくみ4~7日ほどで落ち着きます。はじめのうち、目の内側が乾きやすい感覚があります。治療部位以外のメイク、洗顔、シャワーは当日より可能、治療部位は抜糸後より可能です。

ブロウリフト(眉下リフト)費用:両目275,000円※当院の治療は自由診療となり保険適用外になります。
※費用は全て税込で表記しております。

眉毛の下で治療あとを隠しダウンタイムが
少ない、上まぶたのたるみ取り手術

  • 切除する皮膚をデザイン①切除する皮膚をデザイン
  • 眉下に沿って切除②眉下に沿って切除
  • 縫合し終了③縫合し
    終了

眉毛の下で治療あとを隠しダウンタイムが
少ない、上まぶたのたるみ取り手術

【治療方法】【治療時間】40~50分

ブロウリフトは眉下リフトとも呼ばれ、近年、上まぶたのたるみ取りとして治療名が知られるようになりました。
眉毛の下のきわを切開し、たるみとなっている皮膚を除去・縫合します。
上まぶたを切除するよりも腫れが少ないこと、治療あとは一本の線ようになり眉毛の下で隠れることから、ダウンタイムや傷跡を気にする方へおすすめの治療です。
二重のラインは治療前と変わらないため、印象を変えずにたるみを取り除きたい方におすすめです。片側だけの治療も可能です。

【術後の経過・痛み・腫れ・内出血】

眉下に極細の針で、麻酔を行います。治療中の痛みはほぼありません。術後の腫れが出にくいことが特徴で、ラインは7~10日ほどで落ち着きます。眉下に縫合した糸が付き、7日後に抜糸を行います。治療あとの赤みが出ますが、1~2か月で目立たなくなります。治療部位以外のメイク、洗顔、シャワーは当日より可能、治療部位は抜糸後より可能です。

【治療方法】

【治療時間】40~50分
ブロウリフトは眉下リフトとも呼ばれ、近年、上まぶたのたるみ取りとして治療名が知られるようになりました。
眉毛の下のきわを切開し、たるみとなっている皮膚を除去・縫合します。
上まぶたを切除するよりも腫れが少ないこと、治療あとは一本の線ようになり眉毛の下で隠れることから、ダウンタイムや傷跡を気にする方へおすすめの治療です。
二重のラインは治療前と変わらないため、印象を変えずにたるみを取り除きたい方におすすめです。片側だけの治療も可能です。

【術後の経過・痛み・腫れ・内出血】

眉下に極細の針で、麻酔を行います。治療中の痛みはほぼありません。術後の腫れが出にくいことが特徴で、ラインは7~10日ほどで落ち着きます。眉下に縫合した糸が付き、7日後に抜糸を行います。治療あとの赤みが出ますが、1~2か月で目立たなくなります。治療部位以外のメイク、洗顔、シャワーは当日より可能、治療部位は抜糸後より可能です。

上まぶたのたるみ取りワンデー埋没法
費用:両目99,000円※当院の治療は自由診療となり保険適用外になります。
※費用は全て税込で表記しております。

上まぶたのたるみを、
糸を埋没させてリフトする方法

上まぶたのたるみ取りワンデー埋没法

上まぶたのたるみを、
糸を埋没させてリフトする方法

【治療方法】【治療時間】両目で約20分
上まぶたのたるみによって二重のラインがかぶさる、目が重くて開けにくい方へおすすめする治療です。
まぶた2か所を針穴程度切開し、極細の糸を通して結ぶ方法です。たるみの度合いを見て、挙筋(きょきん)または瞼板(けんばん)に糸を通します。
片目で2点ずつ留める方法が一般的ですが、たるみの度合いによって片目で3点ずつ留める方法もあります。大きなダウンタイムが出にくいため、切開法に抵抗がある方に効果的です。片側だけの治療も可能です。目を閉じて鏡を近づけてみると、1ミリ程度の切開あとが見えますが、二重のラインに隠れやがてふさがるため治療あとは目立ちません。

【術後の経過・痛み・腫れ・内出血】

目薬の麻酔を使用して治療を行うため、治療中の痛みはほぼありません。一時的に希望の二重のラインよりも広くなりますが、4~5日から7日で落ち着き、仕上がっていきます。糸を通す際に小さな内出血の青さが出ることがありますが、周囲にわかることはほぼありません。メイク、洗顔、シャワーは当日より可能です。

【保証制度】

ラインが消えた場合、再治療を無償で行います。

【治療方法】

【治療時間】両目で約20分
上まぶたのたるみによって二重のラインがかぶさる、目が重くて開けにくい方へおすすめする治療です。
まぶた2か所を針穴程度切開し、極細の糸を通して結ぶ方法です。たるみの度合いを見て、挙筋(きょきん)または瞼板(けんばん)に糸を通します。
片目で2点ずつ留める方法が一般的ですが、たるみの度合いによって片目で3点ずつ留める方法もあります。大きなダウンタイムが出にくいため、切開法に抵抗がある方に効果的です。片側だけの治療も可能です。目を閉じて鏡を近づけてみると、1ミリ程度の切開あとが見えますが、二重のラインに隠れやがてふさがるため治療あとは目立ちません。

【術後の経過・痛み・腫れ・内出血】

目薬の麻酔を使用して治療を行うため、治療中の痛みはほぼありません。一時的に希望の二重のラインよりも広くなりますが、4~5日から7日で落ち着き、仕上がっていきます。糸を通す際に小さな内出血の青さが出ることがありますが、周囲にわかることはほぼありません。メイク、洗顔、シャワーは当日より可能です。

【保証制度】

ラインが消えた場合、再治療を無償で行います。

眼瞼下垂ワンデー埋没法費用:両目154,000円※当院の治療は自由診療となり保険適用外になります。
※費用は全て税込で表記しております。

埋没法の応用によるメスを使わない
眼瞼下垂治療

眼瞼下垂切開法

埋没法の応用によるメスを使わない眼瞼下垂治療

【治療方法】両目で20~30分
目を開ける筋肉である挙筋(きょきん)が弾力なく伸びたゴムのようになっている場合、目が開きにくい、目が小さく見える、などのデメリットがあります。
極細の糸によって挙筋を縫い縮めることで、目が開きやすくなる方法が「眼瞼下垂ワンデー埋没法」です。まったくメスを使わない方法で、眼瞼下垂の治療に加え満足のいく二重のラインを作ることが可能です。
目を閉じて鏡を近づけると糸が小さな点のように見えますが、やがて埋まっていくため治療あとは目立ちません。片側だけの治療も可能です。

【術後の経過・痛み・腫れ・内出血】

目薬の麻酔を使用して治療を行うため、治療中の痛みはほぼありません。一時的に希望の二重のラインよりも広くなりますが、4~5日から7日で落ち着き、仕上がっていきます。糸を通す際に小さな内出血の青さが出ることがありますが、周囲にわかることはほぼありません。メイク、洗顔、シャワーは当日より可能です。

【保証】

症状が改善されにくい場合、ご相談ください。

【治療方法】

【治療方法】両目で20~30分
目を開ける筋肉である挙筋(きょきん)が弾力なく伸びたゴムのようになっている場合、目が開きにくい、目が小さく見える、などのデメリットがあります。
極細の糸によって挙筋を縫い縮めることで、目が開きやすくなる方法が「眼瞼下垂ワンデー埋没法」です。まったくメスを使わない方法で、眼瞼下垂の治療に加え満足のいく二重のラインを作ることが可能です。
目を閉じて鏡を近づけると糸が小さな点のように見えますが、やがて埋まっていくため治療あとは目立ちません。片側だけの治療も可能です。

【術後の経過・痛み・腫れ・内出血】

目薬の麻酔を使用して治療を行うため、治療中の痛みはほぼありません。一時的に希望の二重のラインよりも広くなりますが、4~5日から7日で落ち着き、仕上がっていきます。糸を通す際に小さな内出血の青さが出ることがありますが、周囲にわかることはほぼありません。メイク、洗顔、シャワーは当日より可能です。

【保証】

症状が改善されにくい場合、ご相談ください。

メスを使わない下まぶたの
たるみ・くま・くぼみ取り
(経血膜脱脂フラット法)費用:両目253,000円※当院の治療は自由診療となり保険適用外になります。
※費用は全て税込で表記しております。

下まぶたの内側を数ミリ切開し、たるみの元となる脂肪を除去して皮膚の張りを戻す治療

経血膜脱脂フラット法
経血膜脱脂フラット法
  • 経血膜脱脂フラット法
  • 経血膜脱脂フラット法

下まぶたの内側を数ミリ切開し、たるみの元となる脂肪を除去して皮膚の張りを戻す治療

【治療方法】【治療時間】40~50分

重度の下まぶたのたるみ、寄れてしまったしわは下まつ毛のきわでたるみを切除することで、たるみやしわを目立ちにくくします。
たるみやふくらみ、寄れたしわの原因となっている余剰な皮膚とともに、皮膚の内側の脂肪や組織を除去し美容外科的に縫合する治療方法です。
下まぶたのたるみ取りとして有効な方法ですが、目の下に7日間糸が付いていること、治療後の腫れ・むくみが出るためしばらく外出の予定がなく、お休みが取れる時期にお受けになることをおすすめしております。片側だけの治療も可能です。

【術後の経過・痛み・腫れ・内出血】

目薬の麻酔を使用して治療を行うため、治療中の痛みはほぼありません。術後の腫れが出にくいことが特徴で、むくみが出ても4~7日ほどで落ち着きます。抜糸の必要はありません。メイク、洗顔、シャワーは当日より可能です。

【治療方法】

【治療時間】40~50分
重度の下まぶたのたるみ、寄れてしまったしわは下まつ毛のきわでたるみを切除することで、たるみやしわを目立ちにくくします。
たるみやふくらみ、寄れたしわの原因となっている余剰な皮膚とともに、皮膚の内側の脂肪や組織を除去し美容外科的に縫合する治療方法です。
下まぶたのたるみ取りとして有効な方法ですが、目の下に7日間糸が付いていること、治療後の腫れ・むくみが出るためしばらく外出の予定がなく、お休みが取れる時期にお受けになることをおすすめしております。片側だけの治療も可能です。

【術後の経過・痛み・腫れ・内出血】

目薬の麻酔を使用して治療を行うため、治療中の痛みはほぼありません。術後の腫れが出にくいことが特徴で、むくみが出ても4~7日ほどで落ち着きます。抜糸の必要はありません。メイク、洗顔、シャワーは当日より可能です。

料金一覧

切る施術法 上まぶたのたるみ取り切開法 両目
275,000円
下まぶたのたるみ取り手術 両目
275,000円
ブロウリフト(眉下リフト) 両目
275,000円
切らない
施術法
上まぶたのたるみ取りワンデー埋没法 両目
99,000円
眼瞼下垂ワンデー埋没法 両目
154,000円
メスを使わない下まぶたのたるみ取り 両目
253,000円
上まぶたのたるみ取りヒアルロン酸注入 両目
39,600円
下まぶたのくぼみヒアルロン酸注入 両目
39,600円
“痛くなりにくく腫れにくい治療”をご提供できるよう、いつも心がけています。

過去の二重治療のライン修正
~糸の除去は無料です~

過去に二重まぶた治療を受けたが、「ラインが気に入らない」
「薄くなった」「消えた」などの修正治療も私は得意です。
(形成外科出身の腕が鳴ります!)。当院で修正治療を受けるにあたり、過去に入れた埋没法の
糸を除去したほうがよいと判断した場合でも、糸の除去費用はいただきません。どうぞご相談下さい。

柴田院長がすべての
治療を担当します

院長 柴田健了

院長柴田 健了(しばた たけのり)

京都大学医学部卒業
美容外科専門医(日本美容外科学会認定)
形成外科専門医(日本形成外科学会認定)

こんにちは、院長の柴田です。
私が行う若返り治療は、切らない方法(ヒアルロン酸・ボトックス注射、糸のリフトアップ、ウルセラによる
照射法、切らないまぶたのたるみ取り)から本格的な外科手術
(フェイスリフト手術、まぶたのたるみ取り手術)まで、患者様のニーズを第一に考えた方法をご提供
しております。「しっかりと若返りたい!」「さりげなく若返りたい」など、若返りたいレベルはさまざま。
ご希望に添った治療方法をご提案します。
治療方法、効果、料金、術後の経過や注意事項などをわかりやすく正直にご説明します。
治療を検討している方の参考になればうれしいです。
当院の治療は、すべて私、院長の柴田が担当し、良質の治療を低価格で行います。
「YouTubeカウンセリング」もぜひご覧ください。

フェアクリニック川口

フェアクリニックフェアクリニック

当院は柴田院長のみが治療を行うワンドクタークリニックです。
川口駅直結で最高のアクセスです。
(川口駅東口1分)

〒332-0017 埼玉県川口市栄町3-5-1 川口ミツワビル 6F

tel0120-667-080

©フェアクリニック All Rights Reserved.

メニューへ戻る