美容コラム

週末うめこさんが登場!!フェアクリニックの印象は?

出演者情報

萩原 靖洋:大学卒業後、包茎増大・美容外科クリニックへ入職。25年で約10万人の患者様をカウンセラー・事務長として対応。

週末うめこ:チャンネル登録者2万人以上の美容系YouTuber。

週末うめこさん登場!!

萩原:こんばんは、フェアクリニック川口の萩原です。

週末うめこ:うめこです。

萩原:なんと週末うめこさんが、フェアクリニック川口に来てくださいました。ありがとうございます。

週末うめこ:よろしくお願いします。

萩原:長澤クリニックの長澤先生とのコラボ動画にうめこさん出てもらって。今回はたまたま打ち合わせを兼ねて、はるばる来てくださいました。

週末うめこホームページとかも結構見ていて、来たかったんですよ。ぶっちゃけ。川口って遠くないんですよね。むしろ通いたいと思ってるくらいに、ずっと気になってた。

萩原:気になるものって何?

週末うめこやっぱり値段で、安いなって思ったから。

萩原:ありがとうございます。

週末うめこ:これ本音ベースで、川口だから安いっていうのもあると思うんですよ。これ銀座でできますかって言ったら無理じゃないですか。

萩原:いや東京でもこの価格でやりたいなとは思ってますけどね。

週末うめこ:マジっすか。

萩原:やるとしたらね。まだまだですけれども、やるとしたらね。

週末うめこすごい色んな外科手術もやってるし、美容皮膚科のメニューも豊富だし、しかもメニューが面白い。

フェアクリニックってどんな美容クリニック?

萩原:売りとしては院長の柴田先生が京大卒の日本形成外科学会専門医だよ、というところがまず一つ。技術的なものは確立されてて、立ち上げの時のコンセプトが何回も来れるクリニック。他の病院だと1個の治療のところを、2〜3つまとめてやれたらすごいハッピーじゃないですか。目だけのところが、鼻もやれるみたいな。輪郭もボトックス打てちゃうみたいのだったらいいね、そんなクリニックやりたいな、というのをお互いに色んなチェーン系のクリニック見ながら思っていて、出会った2人なので、そういうコンセプトでやってます。あとはアップセルしない、「これオプションです」みたいなのはしたくないので、っていうところでやってます。

週末うめこさんが気になったところ

週末うめこ一番気になったのは値段の安さで、私今まで都内のクリニックしか行かなかったので、キャンペーン価格のような安さで定価料金出してきてるっていうのが、正直な感想。川口だからかな?ってすごい思ってて。

萩原:結構それ当たってて、家賃的に銀座とかの何%ぐらいだと思います?

週末うめこ:銀座だと倍でもおかしくないんじゃないかな。

萩原:場所によっては銀座が倍なんですよね。銀座の半額か3分の2には満たないくらい。60%な感じの家賃でいけちゃう。とにかく家賃が抑えられるのが川口のメリットである。あとは広告費。これだけ安いと、一回来たら次もこれやるって決めてくれるので、常にリスティングをかけ続ける必要ってないんです。あとは友達に割と言いたくなる、この額だと。

ボトックス治療について

週末うめこ:ボトックスとか定期的に受けるじゃないですか。ボトックス濃度2倍、そんなもの見たことないと思いました。濃度によって値段が違うというのもちょっと面白くて。

萩原:薄めでそんなに効かせたくないっていう人もいるのと、がっつり長く効かせたいっていう人がいて、長くの場合どうしても2〜3週間ちょっと重い感じになったりするんですけれども、それでよければという感じで。アラガン社製のボトックス、たくさんジェネリックも出てるわけです。ジェネリックめちゃめちゃ安いんですよ。スタンダードな濃度で1箇所3980円というのをこの金額でやってるので、数ヶ月に1回は通いやすいよというのがあるかなと。○南美容外科とか、○川美容外科とか、いわゆる大手と呼ばれるところはこういうのを釣りでやるんです。物凄い薄くして、これだと効果ないから濃くした方がいいよみたいな感じで、濃くするにはみたいのが出てくるんですけど…

週末うめこ:ボトックスは絶対継続したい。そうは言っても、結構そこそこするっていう、値段は。

萩原:そうですね。1回あたり5万円とるとか、安くなっても3〜4万円とかって結構ザラなんです。

週末うめこ:3万円てブランド物のバッグ買えるからね、っていう。

萩原:クリニック側からすると結構麻痺してるんですよ。3〜4万円だったらやってけば?みたいな。それが何年かに1回だったらいいけど、半年〜8ヶ月に1回やった方がいいものなんでっていうのもあります。

週末うめこ:クリニックの人と話してると5万円・10万円が普通の人の感覚の5000円・1万円みたいなイメージで。

萩原:お医者さんによっては、「こんな金額で手術決めてくるなよ」って言われたこともありますし、それはイヤだなと思って。患者さん主体ではないんですよ。経営者側主体で金額が決まってるので、根こそぎとるみたいなところがあったこともありましたから。

週末うめこボトックスは通いやすいよっていう値段設定になってるし、しかもそれが「ジェネリックだから安いんだよ」ってちゃんと書いてあるし。

治療価格について

萩原:頬の脂肪吸引15万円とか、顎12万円とか、お腹も15万円でやってるとか。

週末うめこ:やすっ!!

萩原:安いんです。今回なんか通販っぽいねうめこさん。

週末うめこ:この安さはマジだから!

萩原本当はうめこさんに「この価格でどう思いますか?」って怪しい?ということを聞きたいんですよ。

週末うめこ:怪しくないよ別に。

萩原:辛口がほしかった、ほんとは。

週末うめこ私ずっと安いと思ってて、感動してました。

萩原:ありがとうございます。

週末うめこ:自分をちょっと反省したんですよその時。私都内のクリニックしか見なかったんで、ちょっと都内から外れて川口行けば、この料金ってあり得るんだっていう…自分の情弱ぶり?もっと動かないといけなかったみたいな。

萩原:多分関東では1番くらいの安さでやってる。

週末うめこ:マジでそうかなって思いますよ。

萩原:院長の柴田先生はあんまり安さを売りっていうのは嫌がる。定食屋のおじちゃんおばちゃんみたいな感じがあって僕らは。安い金額でお腹いっぱい食べてってや〜みたいなところがあるんですよ。ほくろとか若い子結構来るんで。2mmぐらいのほくろ取ること多くて。これ2980円でやってるんです。

萩原:○BCとかだと2980円ぐらいで呼んどいて、3〜4万円ぐらいになっていくんで。そんな嫌な思いしたらもう行かないじゃないですか。もうそんなのやめなよと。埼玉も地方の1つと見るならば、地方でも悪どいやり方っていうかね、どんどんオプション積み重ねてみたいなことをやったり、激安だと若いお医者さんが練習でやるかっていうのが多いので、千葉先生も僕も業界本当に長いので、そういうのね、疲れたんすよ。「ホームページと金額違うんですけど」とかそういう事言われるのがもうイヤなので、もう正直にやりまっせ!みたいな。だから「フェアクリニック」って名前にしたんです。そういうのを透明にしたくて、フェアプレーのフェアっていう名前にした。

ベルベットスキンについて

週末うめこ:そうなんですよね。通販番組みたいでイヤなんですけど、ベルベットスキン28,000円ですよ。安くないすか!?

萩原コース、うちないんですよ。

10回組んでみたけどそこまでやらなくて良かった、他のやつに切り替えたいってなっても消化するまでダメですよ、とか。手数料払って返金してもらうとかあるじゃないですか。そういうのがイヤなので、コースは組んでもらわずに1回で完結。

フォトフェイシャルについて

萩原:フォトフェイシャル15,000円切るっていうのは安いと思う。

週末うめこ:フォトフェイシャルは受けたことがないので…

萩原:うめこさん今度試してみましょう。

週末うめこ:是非受けたいです。

萩原:僕2週間に1回〜月1で受けてます。

週末うめこ:めっちゃ肌きれいで。何やってるんですか?ってめっちゃ聞いてたんですよ。

萩原:ウルセラ、糸リフトと、日々のフォトフェイシャルです。

ダーマペンについて

週末うめこ:ダーマペンはどうです?

萩原:ミラースキンのダーマペンですね。

週末うめこ:24,000円て。

萩原:通販臭がぬぐえない。この価格で都内に持っていったらどうなると思いますか?

週末うめこ:めっちゃ流行るんじゃないですか?

萩原:間違いない?

週末うめこ:知ってもらわないとみたいなところは…

萩原:それはうめこさんに頑張っていただいて。都内のクリニックでこのくらいの価格でやってるところがないから、それもまた面白いんじゃないのと思ってはいますけど。

その他の治療について

萩原:糸のリフト24本で90,000円。50本で150,000円。

週末うめこ:本当いい。

萩原:実際にここ来て、体験で受けてもらったりしてみて、技術力が低いとか、あるいはこれだと治療範囲狭いんじゃないの?これじゃ安くて当たり前だよねって思ったら、ちゃんと言って欲しい。別にうめこさんだから特別に隅々まで丁寧に広くやります、そういうのは一切ないので。

週末うめこ:了解しました。なんならもう注入系はフェアクリニックに来ようかなって思ってるぐらいの安さなんですよ。安いってずっと言いすぎてちょっと怒られそうな気がして。すみません。

萩原:全然怒んないけど、「広告でしょ」とか言われそう。

週末うめこ:変に安すぎないっていうのもいいところだと思います。賃料と原価とみたいなのを考えて、あと人件費とかを考えると、ここだろうなみたいな着地にある。なんとなく分かる。

萩原:すっごい見てくれてる。落とし所です、それが。

韓国に行かずにフェアクリニックへ

萩原柴田先生と話して決めたのが、韓国に行かなくても戦える美容外科にしよう。韓国行ってる人ほんと多いから、コロナで大分行かなくなったけれども、特に若い方20〜30代結構行くでしょ。

週末うめこ:めっちゃ行きますね。

萩原:僕の周囲でも行くし、美容外科クリニックに勤めてるのに韓国に行くんですよ。向こうの方が安いから、社割より安いからって言って。でも帰ってきて二重で不具合があったりすると、見てもらえるところないっていうのを考えると、正直言うとそこまでクリニック側が儲けを考えなければ、このぐらいで全然やれちゃうと思う。広告費が高くなればなるだけ、絶対それは価格に転嫁しなきゃならないし、フル回転でたくさん患者さん呼ぼうと思ったらスタッフその分多く入れなきゃいけないし、今後うめこさんがフェアクリニックの動画で共演してもらって「これダメなんじゃないの?」というのは聞きたい。

まとめ

週末うめこ:分かりました。やっと来れたんで、また今度美肌治療とかボトックスとか定期的にやってるので、ぜひ行きたいです!

萩原価格って大事だと思うんだよね。自分が受ける立場になった時に、ほどほどの収入があったとして、通い続けるじゃないですか治療って。その時に、1回1回が何万十何万というのを繰り返すのはちょっと難しいかな。利益はちょこっとでいいのでっていう感じ。これ綺麗事に聞こえるかもしれないですけど、それで通いやすくてあそこだったら間違いないよね、柴田先生のところいいよねっていうので、広めてもらった方が先を考えると絶対いいと思っていて、幸いにも賛同してくださる患者様が結構いらっしゃるので、今のところは受け入れてもらえたのかなと思ってます。

週末うめこ:フェアクリニック行って、撮影させていただくじゃないですか、これから。そういう話になってるんですけど、これ「動画にしたい!」と思うクリニックで、これからもうめこは来ます!

萩原:ありがとうございます。今度柴田先生、院長とお会いいただいて、同じ関西出身としてお話が合えば嬉しいです。

週末うめこ:よろしくお願いします。

萩原:最後、変なジャパネットたかたみたいな感じになりましたけれども…

週末うめこ:マジで通販じゃないから。

萩原:全く忖度なしです。嬉しいけども、今後プレッシャーです。ほんと今日はありがとうございました。

週末うめこ:ありがとうございました。

©フェアクリニック All Rights Reserved.

メニューへ戻る