最新
情報

美容コラム

タレ目にする方法とは?メイク・整形でコンプレックスを解消しよう

この記事を書いた人

柴田 健了(しばた たけのり)

京都大学医学部卒。日本形成外科学会専門医。長年の治療実績、論文の成果が認められた医師のみが認定される日本形成外科学会専門医の資格を持つ。20年以上形成外科・美容外科の専門医として従事し、大手美容外科を経て、フェアクリニック川口院/東京院を開設。クリニックのコンセプト「フェア(正しい・明瞭)」を掲げ、良質な技術を提供。▶公式サイトURL:https://fairclinic.jp/about/

「タレ目にしたい」「優しい雰囲気になりたい」
このようなお悩みをお持ちの方も多いのではないでしょうか。タレ目形成をすれば手っ取り早くタレ目を手に入れられる事は知っていても、踏み出せない方もいるはずです。

本記事では、タレ目に見せる・近づける方法を紹介したうえで、タレ目形成について紹介します。

 

目次

タレ目ってどんな状態?特徴や人に与える印象を確認しよう

タレ目やグラマラスラインなどを耳にしたことのある方も多いのではないでしょうか。

ここからは、タレ目について詳しく紹介します。

 

あなたはどっち?タレ目・つり目を決める「目尻の位置」

まずは、自分がタレ目なのかつり目なのかをチェックしておきましょう。

タレ目とは、目頭と目尻を結んだ線が、目尻の方が垂れている目をタレ目といいます。
極端に目尻が下がっていなくても、タレ目といわれます。可愛いタイプの女性に多い目の形です。

タレ目は、アーモンドアイと称されることが多いですが、実際は目の横幅が広い目をアーモンドアイといいます。アイライナーを使ってタレ目に見せる女性が多く、人気な目の形です。

反対に、目尻の位置が上がっている場合をつり目といいます。少しきつめで、クールビューティーな印象で、美人タイプな女性に多い目の形です。

 

タレ目は男性・女性関係なく優しい、おおらかな印象を与える

つり目やいかつい目は、怒っていないのに怒っている印象を与える可能性があります。クールビューティーな印象で「気が強そう」と言われることもあるでしょう。

一方でタレ目は、優しい・おおらか・癒やされるなど、男女関係なく良い印象を与えることができます。タレ目は笑うと、目尻が下がるため、笑顔がとにかく可愛いといわれることも。雰囲気が柔らかい方は、タレ目が多い傾向にあります。

 

目の形は先天的要因または後天的要因によって決まる

目の形は先天的要因または後天的要因によって決まります。様々な理由がありますが、以下のようなものが挙げられます。

  • 遺伝によるもの
  • 日常生活の動作による変化
  • 加齢による目元の変化

目の形を決める1番の要因は遺伝です。目の形だけでなく、一重まぶたや二重まぶたなども遺伝による可能性があります。

日常生活で頬杖をよく付く、同じ向きに圧がかかるような動作をしていると、骨格が歪んでしまい、目の形が変わることがあります。

他にも加齢によりまぶたがたるみ、目元全体が垂れ下がってしまうことも。また、肌のハリ不足に陥ると、目尻にシワが増え、下がってしまいます。

 

自分でタレ目にする方法はある?見せ方の工夫とアプローチの手段

 

メイクの技でタレ目に「見せる」方法

目の形は先天的要因で決まることが多く、根本的に改善することは困難です。しかし、メイクによってタレ目に見せることは可能です。

ここからは、メイクの技でタレ目に見せる方法を紹介します。

 

タレ目メイクの技①三角ゾーンを意識してアイシャドウを塗る

メイクでタレ目を作るためには、下まぶたメイクがポイントになります。

下まぶたの外側1/3に、濃いブラウンや赤みのあるブラウンをのせて、影を作りましょう。まぶたの下の三角ゾーンを意識すると、うまく影を作れます。また、広範囲にのせてしまうと、不自然になってしまうので1/3を意識するのがポイントです。

あまりにも暗い色だと、主張が強くなりすぎるので、赤みのあるカラーを使うと自然なタレ目に仕上がります。

 

タレ目メイクの技②アイラインで自然な角度を描く

アイライナーでタレ目を作る際には、垂れ下げることを意識しすぎず、自然な角度で描くことがポイントです。

まずは、ペンシルアイライナーでまつげのキワを埋めましょう。次に、リキッドアイライナーで目尻のラインに沿って、2〜3mmオーバーさせてラインを引きましょう。オーバーに垂れ下げたラインを描くと、不自然になってしまうので注意してください。

うまくラインを描けない方は、アイシャドウやペンシルアイライナーで下書きをしてから、リキッドアイライナーでなぞるとうまく描けるようになります。

 

むくみ・こりをマッサージで解消してタレ目に「近づく」方法

目の周りの筋肉をほぐすようなマッサージをすることで、タレ目に近づけることが可能です。筋肉がほぐれるとむくみやこりを解消し、スッキリとした印象にできるため、しっかりほぐしましょう。

ここからは、タレ目に近づけるマッサージ方法を紹介します。

 

自宅で簡単!目の筋肉をほぐすマッサージの方法

目の筋肉をほぐすマッサージ方法を紹介します。

①目を閉じて目頭とまぶたの間を親指で押します
②同じようにこめかみまで3〜4箇所に分けて指圧します
③下まぶたの同様に目頭から3〜4箇所に分けて指圧します
④手のひらをこめかみに当て、後頭部に向かって円を描きながらマッサージしましょう

この工程を何度か繰り返し、凝り固まった筋肉をほぐしましょう。

 

【注意】やりすぎは「皮膚がたるむ・筋肉が外れてしまう」恐れも…

マッサージは、むくみやこりが取れてスッキリとした印象に仕上がりますが、リスクも伴います。

まぶたは非常に薄く、擦ったり引っ張ったりなど強い刺激を与えると、まぶたがたるんでしまう原因になります。他にもまぶたを持ち上げる筋力が衰え、眼瞼下垂になり、逆に目が小さくみえてしまうこともあるので注意が必要です。

マッサージは優しい力で、なるべく摩擦を抑えながら行いましょう。

 

確実にタレ目になれる「美容整形」|おすすめの人は?

確実にタレ目を手に入れたい方は、美容医療がおすすめです。メイクやマッサージとは違い、半永久的にタレ目になれるのがポイントです。

ここからは、タレ目の美容整形がおすすめな人の特徴を紹介します。

 

タレ目成形は理想の目元を手に入れたいこんな人におすすめ

タレ目形成は以下のような方におすすめです。

  • 優しい印象にしたい
  • 根本的にタレ目にしたい
  • ツリ目を直したい

マッサージやメイクでは、一時的にタレ目にすることしかできませんが、美容整形では根本的に二重を手に入れられます。

 

【注意】タレ目成形は治療を受けられない人もいる!

タレ目形成は、三白眼になりやすい方は、受けられない可能性があります。三白眼とは、黒目を中心としたときに、下左右から白目が見えている状態のことです。

セルフチェックする方法として、下まぶたを軽く下に引っ張った際に、すぐに白目が出る方は、慎重に考えないといけません。

また、逆さまつげの方も適用できない可能性があるので、医師と相談しましょう。

 

タレ目形成治療のご紹介|当院では切らずに形成します

当院では、切らないタレ目形治療を取り扱っています。切開しないため、施術1週間程度でダウンタイムが落ち着き、仕上がっていくのが特徴です。

ここからは、当院で扱っているタレ目形成について紹介します。

 

半年保証!糸で留めてタレ目を作る「タレ目形成」

糸で留めるタレ目形成は、二重のラインを形成する「埋没法」と同じ要領で行います。

下まぶたを下に引っ張った状態で、下まぶたに糸を通し、縫い留めます。皮膚を縫い縮めるため、下に引っ張るような形でタレ目に見せることが可能です。皮膚が少し戻ることを想定し、強めに引っ張るため、一時的に釣られるような違和感が生じます。

費用は1点留め88,000円、2点留め132,000円です。

痛みを心配する方も多いですが、目薬の麻酔と局所麻酔を行うため、施術中の痛みはほとんどありません。

術後は泣きはらしたような状態になりますが、5日〜7日で落ち着き、徐々に仕上がってくるので安心してください。

また、メイク・洗顔・シャワーは当日より可能です。

万が一、術後半年以内に糸が取れてしまった場合は、再治療を無料で行う保証を設けているので、仕上がりに不安がある方もお気軽にご相談くださいませ。

 

症例|より詳しく知りたい方はYouTubeを覗いてみよう

なかなかタレ目形成のイメージが沸かないという方も多いでしょう。

そんな方は、実際に当院で受けた方の動画がYouTubeに掲載されているのでチェックしてみてください。施術中の様子やエピソードを知れるので、ぜひご覧ください。

 

タレ目形成を受ける前に|知っておきたい術後とダウンタイムの過ごし方

タレ目形成は、ダウンタイムが生じる施術です。施術を受ける前に、術後の状態やダウンタイムを理解しておくと過ごしやすくなります。

ここからは、タレ目形成の術後について紹介します。

 

術後1週間はむくみによる腫れと内出血が起きやすい

術後1週間は、むくみや腫れ、内出血が起きやすくなります。

内出血は、皮膚が紫になることがありますが、1週間程度で収まるので、ファンデーションやコンシーラーでカバーするのがおすすめです。

 

ダウンタイム中は日常生活に制限がかかる

タレ目形成の治療法によって、日常生活に制限がかかります。

コンタクトレンズは、術後3日間は控えるのがおすすめです。他にも、飲酒やシャワー、激しい運動なども制限されることがあるので、理解しておきましょう。

他にも抜糸が必要になるタレ目形成の場合は、抜糸後までメイクができない可能性もあります。カウンセリング時にダウンタイムの過ごし方を確認し、日常生活に多く制限がかかる場合は、休暇を取るのを推奨します。

 

理想のゴールに合わせて、その他の治療方法もご提案できます

当院では「もっとタレ目にしたい」「目を大きくしたい」など1人ひとりに合わせて、様々な治療を提案しています。

ここからは、タレ目形成以外の治療方法について紹介します。

 

タレ目をより強調できる「涙袋形成」

下まつげのキワに沿って、ヒアルロン酸を注入し、涙袋を形成する施術です。目元にふくらみができることで、タレ目をより強調できるのがポイントです。治療後にすぐ効果が出るので、即効性を期待できます。

極細の針でヒアルロン酸を注入するため、目立った腫れやむくみなどのダウンタイムがほとんどありません。針を使用するため、小さな内出血が生じる可能性がありますが、3〜4日で落ち着きます。

気になる方は、ファンデーションやコンシーラーでカバーすれば目立たなくなります。
なお、メイク・洗顔・シャワーは当日から可能です。

 

大きなタレ目を目指す「二重切開法」

二重切開法は、理想の二重ラインに沿って切開し、二重を形成する施術法です。上まぶたが厚い方や幅の広いラインを目指している方におすすめです。

タレ目形成と二重切開法を組み合わせると、さらに大きなタレ目を期待できます。

施術中は目薬の麻酔や局所麻酔を使用するので、痛みを感じることはほとんどありません。

メスを利用するため、術後は腫れが出やすく、10〜14日ほどで腫れが落ち着き、1〜2ヵ月かけて完成に向け仕上がっていきます。7日目に抜糸を行いますが、その後も縫合部分には赤みが生じます。

治療部位以外のメイク・洗顔・シャワーは当日より可能です。治療部位は抜糸後より可能になります。

抜糸をするまではまぶたに糸がついた状態なので、サングラスをかけて過ごしたり、休暇を取るなど工夫してお過ごしください。

 

切らずに二重タレ目になりたい方は「ワンデークイック埋没法」

ワンデークイック埋没法は、まぶたに医療用の糸を通して留める施術法です。切らずに二重タレ目になれるうえに、切開法に比べ、ダウンタイムが少ない部分がポイントです。

まぶたの中央辺りに糸を留めるため、近づいてみると術後は小さな点のように見えますが、徐々に埋まっていくので安心してください。

施術中は目薬の麻酔や局所麻酔を使用するので、痛みを感じることはほとんどありません。

術後は希望の二重ラインよりも広くなりますが、5日から7日で落ち着き、徐々に完成に向けて仕上がっていきます。小さな内出血が生じる場合がありますが、他人からは分からない程度なので過度に心配する必要はありません。

治療部位以外のメイク、洗顔、シャワーは当日より可能で、治療部位は4日後から可能になります。

 

タレ目の治療に関する気になる疑問はここで解消!

タレ目治療を受けるにあたり、疑問を持っている方も多いのではないでしょうか。

ここからは、タレ目治療に関する疑問をQ&A形式で紹介します。

 

Q.手術中の痛みはどの程度ありますか?

施術中の痛みを心配する方が多いですが、麻酔を使用しているのでほとんど痛みを感じるケースはありません。

当院のタレ目治療では、目薬の麻酔と極細の針を用いて行う局所麻酔を使用します。

 

Q.治療時間はどのくらいかかりますか?

タレ目形成の埋没法の場合は30分程度です。

施術方法によって治療時間が異なるので、カウンセリング時に確認しておくのがおすすめです。

 

Q.タレ目形成とグラマラスラインとの違いはなんですか?

タレ目形成=グラマラスラインといわれています。そのため、グラマラスライン整形やパンダ目形成とも呼ばれています。

グラマラスの語源は、タレ目になるとセクシーな印象になるためだといわれています。

 

理想のタレ目を手に入れるためにはクリニック選びが大切です

 

当院の目の治療に対する取り組み姿勢をご紹介

当院では、目の治療にこだわりを持って取り組んでいます。

治療法の提案や説明はカウンセラーではなく、院長が全て担当しているため、疑問や不安をすぐに解消できる環境です。また、最小限の治療で済む治療法を提案しているので、強引な勧誘もありません。

痛みが不安な方も多いですが、目薬の麻酔と局所麻酔を併用して行うので、治療中の痛みが心配な方もまずはご相談ください。

 

カウンセリングから治療、アフターケアまで全て院長が行います

当院では、日本形成外科学会専門医の資格を持つ、院長がカウンセリング・治療・アフターケアまで担当しています。

日本形成外科学会専門医とは、以下の条件をクリアした医師のみが取得できる資格です。

  • 医師免許を持ち日本形成外科学会に4年以上正学会会員として在籍
  • 規定の研修を受け書類を提出
  • 形成外科学会専門医試験に合格

他にも提出書類や症例数などが多く、民間の資格よりも審査基準が厳しい点が特徴です。

 

まとめ:タレ目は男女ともに憧れる目の形!ぜひご相談ください

タレ目は優しい印象やおおらかな印象になるため、男女ともに憧れる方が多い目の形です。当院では埋没法を扱っており、切開法よりも手軽に受けられるのが魅力です。

タレ目形成を成功させるためには、確かな技術や症例数を持った医師に施術を担当してもらうことが大切です。

当院では、どのような方にもフェアな価格設定を行い、様々な施術を受けやすい環境を整えています。

タレ目形成に興味がある方は、お気軽に電話やメール、LINEからご相談ください。

 

©フェアクリニック All Rights Reserved.

メニューへ戻る

}