美容コラム

まぶたのたるみ取りを自力で行う方法|早期改善できる整形治療も紹介

「まぶたのたるみが気になる」「眼瞼下垂の治療法が知りたい」
このようなお悩みをお持ちの方も多いのではないでしょうか。美容整形が効果的だと知っていても、不安や迷いで一歩が踏み出せない方もいるはずです。

そこで本記事では、自力でまぶたのたるみ取りを目指す方法や注意点を紹介したうえで、メスを使用しないまぶたのたるみ治療や、切開してたるみを取る方法など、まぶたのたるみ治療について解説します。

 

目次

「まぶたのたるみ」はなぜできる?考えられる原因は4つ

まぶたがたるむのには様々な理由が考えられます。複数の原因が絡まり合ってたるみが起きている場合もあるので、まずは原因を知っておきましょう。

 

・加齢による肌の弾力・筋力の減少

まぶたがたるむ原因として、加齢が挙げられます。

30代後半から40代にかけて、肌の弾力を保つエラスチンやコラーゲンが減少することで、ハリが無くなりまぶたがたるみやすくなるのです。また、まぶたの周りの筋肉が衰えることでまぶたのたるみが生じる可能性もあります。

 

・メイクや洗顔などによるダメージ

アイメイクや洗顔などの摩擦刺激がまぶたのたるみに繋がる場合もあります。

目元周辺は非常に皮膚が薄く、日常生活から気を遣わないとたるんでしまうため、優しく扱いましょう。

 

・目の疲労や乾燥による血行不良

スマホやPCを1日中見ている方は目元周辺の筋肉が凝ってしまい、血流が悪くなります。

さらに画面を凝視することで瞬きが少なくなり、筋肉が衰えまぶたのたるみに繋がってしまう可能性があります。

 

・まぶたの機能が低下している「眼瞼下垂症」

「まぶたが重い、開きにくい」「頭痛や肩こりが酷い」このように深刻な症状を抱えている方は眼瞼下垂症の可能性も考えられます。

眼瞼下垂とはなんらかの原因で瞼を挙げる筋肉が動きづらくなり、上まぶたの開きが悪くなる病気です。黒目が半分以上隠れている方は、眼瞼下垂の可能性があるので医師に相談しましょう。

 

まぶたのたるみは改善すべき!放置すると起きることとは?

まぶたのたるみに気づいたら早めに治療するのがおすすめです。

放置しておくと大掛かりな手術となる可能性があるため「少したるみが気になるな」と思った時点で医師に相談しましょう。

ここからはたるみを放置しておくことで起こる現象について紹介します。

 

・さまざまな体調不良が発生・深刻化する

まぶたがたるむと視界が狭くなってしまいます。視界を広げようとすると、おでこの筋肉を使うことになり、おでこにシワが入り老けた印象になる可能性があるのです。

また眼精疲労により目元周辺の血行が悪くなり、肩こりや首のこり、頭痛を引き起こすことも。さらに悪化すると背中のだるさや身体全身の血行不良、吐き気などを引き起こすこともあるので早めに治療を受けましょう。

 

・自分だけでなく第三者を危険にさらすことも…

視野が狭くなってしまい、横方向から来る人や車に気づかず交通事故を起こしてしまう可能性もあります。

対人事故は第三者を危険にさらすこともあるうえに、対物事故では自分が危険な目にあうこともあるため、まぶたのたるみや眼瞼下垂を放置することは非常に危険です。

まぶたのたるみが気になり始めたら早急に治療をする必要があります。

 

まぶたのたるみ取りを自力で目指す|改善に効果的な方法はある?

まぶたのたるみは、まぶたの筋肉を鍛えることである程度予防や改善できる可能性があります。
ここからはまぶたのたるみ取りを自力で目指す方法を紹介します。

 

【注意】特に眼瞼下垂の心配がある場合は医師に相談して!

ネット上には、まぶたのたるみ取りマッサージに関する記事が数多く存在しています。

しかし直接手を触れてマッサージしてしまうと、皮膚の靭帯を痛めてしまい、たるみや眼瞼下垂を悪化させるなどのリスクを伴うことも。眼瞼下垂の可能性がある方は、セルフケアの前に医師の診断を受けることをおすすめします。

 

こんな方にはまぶたのケアがおすすめ

まぶたのケアがおすすめな方の特徴を紹介します。

  • 加齢によるたるみが目立つ
  • たるみによって二重以外の線が現れる
  • 目元が全体的に疲れた印象になっている
  • 目付きが悪く見られる

上記に当てはまる方は、まぶたのケアでたるみにアプローチできる可能性があります。ただし、すでにたるんでいるまぶたを劇的に改善することはできません。

 

方法①ストレッチ・目の体操でまぶた周りを鍛える

ストレッチや目元の体操でまぶた周りの筋肉を鍛えましょう。

やり方は眉毛を上下させる目の体操です。眉毛とまぶたの筋肉は近く、眉毛を持ち上げることでまぶたの筋肉も鍛えられます。

眉毛を上下させる際は、おでこにシワが寄らない程度に動かすことがポイントです。気づいた時にサッとできるので、スキマ時間で目元の筋肉を鍛えられます。

 

方法②アイクリーム・アイマスクで目を休める

アイクリームやアイマスクで目元を労わりましょう。

ヒアルロン酸やアミノ酸、ビタミンC誘導体が配合されたアイクリームを使用するのがおすすめです。アイクリームは朝晩2回使用し、薬指などで優しく塗り込みましょう。強い力で塗ってしまうと、たるみや眼瞼下垂の悪化に繋がるので注意してください。

他にも蒸気で目元を温めるアイマスクで、目元の血行を促進させるのも効果的です。

 

方法③食生活を整えて内側から整える

外側からのケアではなく、食生活を変えて内側から整えることも大切です。たるみを解消するには、コラーゲンやアミノ酸、ビタミンCをバランス良く摂取しましょう。

たるみ解消におすすめの食材は以下のとおりです。

コラーゲン エビ、魚の皮、豚バラ肉
アミノ酸 サンマ、あじ、かつお
ビタミンC レモン、キウイ、トマト

手軽に取れる食材が多いので、日々の食事に取り入れてみてください。

 

まぶたのたるみの早期改善を叶える|整形による治療法

まぶたのたるみを根本から早期改善するには、整形による治療がおすすめです。

ここからはフェアクリニックで提供しているまぶたのたるみ取り施術について紹介します。

費用やダウンタイムについても詳しく解説するので、たるみ取りを検討している方は参考にしてください。

 

・上まぶたのたるみ取り|治療内容・費用・ダウンタイム

①糸によってたるみを上げる「ワンデー埋没法」

ワンデー埋没法は、まぶたを数ミリ切開し、挙筋または瞼板に極細の糸を通して留める方法です。片目2点ずつ留める方法が一般的ですが、たるみの度合いによっては3点ずつ留める方法もあります。

メスを使用していないため、比較的ダウンタイムが少ないことがポイントです。術後4〜5日間は希望の二重幅より広くなりますが、7日程で落ち着きます。

針を使用するため、小さな内出血が生じる場合がありますが、周囲に分かることはないので過度に心配する必要はありません。

治療部位以外のメイク、洗顔、シャワーは当日より可能で、治療部位は4日目より可能です。

費用 両目2点固定110,000円(保証なし)
両目3点固定154,000円(5年保証)

 

②傷跡が隠れるから安心「眉下切開リフト」

眉下切開リフトは、眉の下のきわを切開し、たるみとなっている皮膚を切除し縫合します。切開した部分は1本の線のようになり眉毛の下に隠れるため、ダウンタイムや傷跡が気になる方におすすめです。

術後の腫れが出づらいため、長期間の休暇が取れない方にもおすすめの施術方法です。術後7日で抜糸をし、10日後には切開したラインも落ち着きます。赤みが出ますが、多くの場合は1〜2ヶ月程で落ち着きます。

治療部位以外のメイクや洗顔、シャワーは当日から、治療部位は抜糸後から可能です。

費用 両目275,000円

 

③眼瞼下垂の治療+綺麗な二重ラインを作る「眼瞼下垂ワンデー埋没法」

眼瞼下垂ワンデー埋没法は、極細の糸で挙筋を縫い止めることで目を開きやすくする施術方法です。眼瞼下垂の治療に加え、理想の二重ラインを作ることが可能です。

メスを使用しないため、比較的ダウンタイムが少なくなっています。術後は一時的に二重のラインが広くなりますが、7日程で落ち着きます。

針を使用するため、小さな内出血が生じる場合がありますが、周囲に分かることはないので過度に心配する必要はありません。

メイク、洗顔、シャワーは当日より可能です。

費用 両目198,000円

 

④強力な超音波で筋膜を収縮させる「ウルセラ」

ウルセラとは、たるみの原因となるSMAS筋に特殊な超音波を照射し、たるみの引き上げ効果を狙ったリフトアップ治療です。頬やフェイスラインへの照射が有名ですが、当クリニックでは目の上への照射も行っています。

針やメスを使用しないため、腫れや内出血が出づらいのがポイントです。無痛マスク麻酔で眠った状態で受けるのを推奨していますが、麻酔クリームの使用も可能です。

当日からシャワーや洗顔が可能なので、ダウンタイムを取れない方にもおすすめの施術方法です。

費用 目の上66,000円
顔全体+目の上242,000円
ウルセラのショット数倍量は+66,000円

 

⑤ウルセラに近い効果を利用しやすい「ウルトラセルZi」

ウルトラセルZiは、たるみの原因となるSMAS筋に特殊な超音波を照射し、たるみの引き上げ効果を狙ったリフトアップ治療です。ウルセラの半額ほどで受けられる上に、照射スピードが早いのがポイントです。

針やメスを使用しないため、腫れや内出血が出づらいという特徴があります。ウルセラに比べ痛みが少ないため、マスク麻酔などを使用する必要はありません(ご希望の方には麻酔クリームの使用も可能です)。

当日からシャワーや洗顔が可能なので、ダウンタイムを取れない方にもおすすめの施術方法です。

費用 顔全体+目の上(ほほ+フェイスライン+あご+目の上)154,000円
目のたるみ 49,500円

 

・下まぶたのたるみ取り|治療内容・費用・ダウンタイム

①メスを使わない「経血膜脱脂フラット法」

経血膜脱脂フラット法は、下まぶたのたるみを下まつげのキワからたるみを切除し縫合する施術法です。下まぶたのたるみが軽度〜中度の方におすすめです。

よれた過剰な皮膚や脂肪ごと除去できるため、たるみやしわを目立ちにくくなります。メスを使用せずにたるみやくぼみ、くまを取れるのがポイントです。

下まぶたのたるみ改善として有効ですが、術後の腫れやむくみなどダウンタイム休暇が必要になるため、1週間以上休みが取れる際に受けるのをおすすめします。

メイク、洗顔、シャワーは当日から可能です。

費用 両目253,000円

 

②切ってすっきり改善「下まぶたのたるみ取り手術」

下まぶたのたるみ取り手術は、重度の下まぶたのたるみを下まつげのキワから切除し縫合する施術方法です。メスを使用して切開するため、まぶたのたるみが重度な方に向いています。

経血脱脂膜フラット法と同じく、よれた過剰な皮膚や脂肪ごと除去できるため、たるみやしわを目立ちにくいというメリットがあります。

術後の腫れやむくみなどダウンタイム休暇が必要になるので、1週間以上休みが取れる際に受けましょう。

治療部位以外のメイク、洗顔、シャワーは当日から、治療部位は抜糸後から可能です。

費用 両目275,000円

 

眉下切開の症例写真

 

手術名 眉下切開
手術の詳細 毛の下に沿って皮膚を切除・縫合し、まぶたのたるみを取り目の開きを良くする治療です。
保険適用の有無 自由診療のため、保険適用外です。
施術時間 45〜60分
手術のリスク 一時的に上まぶたに腫れ、むくみが出ます。眉下に、治療痕が残ります。
手術の価格 275,000円(税込)

 

イメージがしにくい方へ|症例をYouTubeでチェックしてみよう!

フェアクリニックでは院長自身が美容治療の方法や効果、失敗例について、写真・動画・イラストを使用して説明するYouTubeチャンネルを開設しています。説明だけでは施術のイメージしにくい方は動画をチェックしてみてください。

▼眉下リフトに関する動画

 

▼ワンデーたるみ取り手術に関する動画

 

▼切らない眼瞼下垂法に関する動画

 

失敗が怖い方へ|まぶたのたるみ改善を成功させるためのポイント

まぶたのたるみ改善を成功させるためのポイントを3つ紹介します。失敗が怖い方はぜひ参考にしてください。

 

・安心・安全なクリニックを選ぶこと

治療に成功するためにはクリニック選びが非常に重要です。

術後の仕上がりを丁寧にカウンセリングしてくれたり、医師が直接治療方法の提案をしてくれたりするクリニックを選ぶと安心です。

フェアクリニックでは、カウンセリングから施術まで院長が担当しております。腫れや内出血をできるだけ少なくできるよう、最小限の治療部位で済む治療方法を提案しているため、ダウンタイムが不安な方もお気軽にご相談ください。

 

・形成外科専門医の資格を取得する医師を選ぶこと

豊富な知識や技術を持つ日本形成外科学会 形成外科専門医の資格をもった医師のもとで施術を受けましょう。

形成外科専門医を取得するためには、6年以上医師免許を有し、日本形成外科学会に正学会員として4年以上在籍する必要があります。その後、学会認定で所定の研修を受け、形成外科学会専門医認定試験に合格した医師のみが取得できる資格です。

症例数や提出物が多く、民間の資格に比べて審査基準が厳しいため、その分高い技術に期待できます。

 

・カウンセリングから手術まで同じ医師が担当であること

カウンセリングから手術まで同じ医師が担当するクリニックで受けるのがおすすめです。

カウンセリングはカウンセラーが担当するクリニックもありますが、フェアクリニックでは、すべて院長が行っています。疑問や不安があってもすぐに院長へ相談できる環境が整っているのもポイントです。

万が一、仕上がりや経過に不安がある場合もアフターケアを行っているので、安心してダウンタイムを過ごしていただけます。

 

まとめ:印象・健康を大きく左右する「まぶたのたるみ」を改善しよう

まぶたのたるみや眼瞼下垂は、放置しておくと大掛かりな手術や第三者を危険な目に晒す可能性があります。「少したるみが気になるな」と思ったら早急に治療を受けることが大切です。

しかし、たるみ治療は多くのクリニックで扱っているため、安易に美容外科を選んでしまい失敗するケースも。失敗しないためにも医師の技術や症例数をチェックすることが重要です。

満足できる仕上がりを目指すためにも、確かな技術や症例数を持った医師に施術を担当してもらいましょう。

フェアクリニックでは全ての治療を受けやすい価格で提供しております。また、痛くない腫れない治療を心がけているため、痛みが苦手な方でも安心して治療を受けられるような環境を整えています。気になる方はお気軽に電話やメール、LINEからご相談ください。

まぶたのたるみ治療についてさらに詳しく知りたい方は、こちらのページもチェックしてください。

©フェアクリニック All Rights Reserved.

メニューへ戻る

}