最新
情報

美容コラム

小陰唇縮小術とは│効果や施術の特徴と後悔しないためのポイント

この記事を書いた人

柴田 健了(しばた たけのり)

京都大学医学部卒。日本形成外科学会専門医。長年の治療実績、論文の成果が認められた医師のみが認定される日本形成外科学会専門医の資格を持つ。20年以上形成外科・美容外科の専門医として従事し、大手美容外科を経て、フェアクリニック川口院/東京院を開設。クリニックのコンセプト「フェア(正しい・明瞭)」を掲げ、良質な技術を提供。▶公式サイトURL:https://fairclinic.jp/about/

美容や健康に関する施術が進化する中で、女性の小陰唇縮小術が注目を集めています。施術を考える上で重要なのは効果や施術の特徴を正しく理解し、後悔しないためのポイントを知ることです。この記事では、小陰唇縮小術の詳細や、安心して施術を受けるためのポイントを解説します。

 

目次

小陰唇とは?

女性器の両側にある大きな皮膚の膨らみが大陰唇という名称で、大陰唇の内側の薄いひだが小陰唇です。小陰唇には尿道の入り口や膣に雑菌が入らないように保護する役割があります。

小陰唇の色や形、大きさ、左右のバランスなどは個人差があり、小陰唇の正しい形状に定義はありません。小陰唇の大きさが大陰唇より少し大きい程度であれば問題ありませんが、小陰唇が大きい場合、下着に擦れて痛みを感じたり、左右差が気になったりする方もいます。小陰唇は他人と比較しにくい部位のため、年齢に関係なくお悩みを抱えている方は少なくありません。

小陰唇が大きくなってしまう原因は、先天的な場合や加齢、ダイエットや出産などによるホルモンバランスの乱れなどがあります。

 

小陰唇のよくある6つの悩みと原因 

ここでは、小陰唇の悩みとその原因について紹介します。小陰唇にはどのような悩みが生じるのか、見ていきましょう。

 

①小陰唇が大きい 

小陰唇が大きくなる主な原因として、思春期の発達や出産などが挙げられます。小陰唇が大きいと、見た目の美しさだけでなく、尿の飛散などのトラブルが生じることもあるでしょう。

基本的に、小陰唇は大陰唇より小さいものですが、発達によって大きくなることがあります。飛び出すことで下着の摩擦による痛みや不快感が生じ、生活上の不具合にもつながるため、注意が必要です。

詳しく知りたい方は、下記の記事もご覧ください。
ビラビラが大きい悩みの原因は?小陰唇縮小術で理想に近付こう!

 

②小陰唇が黒ずんでいる

小陰唇が大きい場合、摩擦や刺激により黒ずむことがあります。肥大した箇所のヒダ(ビラビラ)は特に黒ずみやすく、この問題に対処するためにはその部分の切除がひとつの解決策です。

手術を受けることで、小ぶりで美しい色調の小陰唇に整えられ、悩みから解放されることが期待できます。

 

③小陰唇が左右対称でない

小陰唇が左右で大きさに差があると、バランスが悪く見えることがあります。片側のみの切除治療も可能で、その場合両側を手術するよりも安価です。

手術では、左右のヒダの大きさを比較し、小さいほうに合わせて調整することで、美しく対称な小陰唇を実現できます。

この治療を受けることで、外見のアンバランスから解放され、自信を取り戻すことが期待できるでしょう。

 

④いやなニオイが気になる

肥大した小陰唇は汚れがたまりやすく、それがニオイの原因になることがあります。過剰に組織が折り重なり、通気性が悪くなると雑菌が繁殖しやすくなるでしょう。

いやなニオイが気になる方は、小陰唇縮小術を検討してみてください。手術で不必要な組織を取り除くことで、清潔な状態を維持できるためニオイを軽減することが可能です。

詳しく知りたい方は、下記の記事もご覧ください。
デリケートゾーンの臭いの原因は?セルフケアや手術で直す方法を解説

 

⑤小陰唇がこすれて腫れやかぶれが生じる

小陰唇が大きいと、下着や自転車のサドルにこすれてしまうことがあります。小陰唇がこすれてしまうと、痛みだけでなく、腫れやかぶれが生じることもあるのです。

また、小陰唇が大きい場合、ビラビラの部分に汚れがたまりやすくなります。汚れがたまると陰部が不衛生な状態になり、かぶれたり、かぶれが原因で腫れてしまったりすることもあります。小陰唇がかぶれたり腫れたりすると、下着や自転車のサドルにこすれやすくなり、さらなる腫れや痛みにつながるケースもあるでしょう。

 

⑥VIO脱毛や性行為の際に見られることが気になる

VIO脱毛を検討する中で、小陰唇の大きさや黒ずみを見られることを気にする方は多くいます。また、パートナーとの性行為時に、小陰唇の大きさや形が気になる方もいるでしょう。

男性の中には、小陰唇の大きさや色によって性行為の経験が豊富であると勘違いしている人も少なくありません。そのため、男性の前で陰部を見せたくない方や、小陰唇について指摘されて自信がなくなってしまう方もいます。

 

小陰唇縮小術で小陰唇の悩みを解消できる

小陰唇縮小術は、小ぶりで調和の取れた形状に整え、日常生活や性生活におけるコンプレックスを解消する手段のひとつです。

この手術は、陰部のビラビラ(小陰唇)のサイズや左右のバランスを整えるために行われます。小陰唇の肥大を取り除くことで、見た目が美しく整い、悩みや不安が軽減されるでしょう。

小陰唇が大きいことによる摩擦や刺激からくるトラブルも解消され、清潔で快適な状態を保つことが可能です。

手術後は、外見だけでなく日常生活での不具合やいやなニオイなども改善され、自信を取り戻すことができます。

効果的で安全な手術を受けるには、専門医のカウンセリングを受け、個別のニーズに合わせたアプローチを選択することが大切です。

 

小陰唇縮小術のメリット

ここでは、小陰唇縮小術のメリットを3つ紹介します。治療を受けるとどのような悩みが解消されるのか、ぜひチェックしてください。

 

性生活におけるコンプレックスが解消される

小陰唇縮小術は、性生活におけるコンプレックスを解消する効果が期待できます。肥大した小陰唇が原因で生じる不安や抵抗感が軽減されれば、パートナーとの関係がより快適になるでしょう。

また外見に自信が湧き、性生活における充実感が手に入りやすくなるでしょう。

 

黒ずみや擦れなどの悩み解消にもつながる

小陰唇縮小術は、肥大した小陰唇に起因する黒ずみや擦れなどの悩みを解消する効果があります。

手術によって不必要な組織を取り除き、清潔な状態を保つことで、肌トラブルが軽減されるでしょう。

これにより、外見だけでなく生活の快適さも向上し、自己のコンプレックスから解放されます。

 

汚れやニオイなどが解消され清潔な状態を保ちやすくなる

小陰唇縮小術は、肥大した小陰唇による汚れやニオイの悩みが解消され、清潔な状態を保ちやすくなるメリットもあります。

手術を通じて不要な組織を取り除くことで、通気性が向上し、雑菌の繁殖が抑制されるでしょう。これにより、日常生活での不快な状態から解放され、自信を取り戻すことが期待できます。

小陰唇のサイズに起因するトラブルを解消する小陰唇縮小術は、清潔で快適な生活を実現する手段となるでしょう。

 

小陰唇縮小術のデメリット・注意点

ここでは、小陰唇縮小手術のデメリットを3つ紹介します。治療を検討している方は、デメリットもしっかり把握しておきましょう。

 

仕上がりが歪になる・イメージと異なることがある

小陰唇縮小術は、まれに仕上がりが歪になることがあります。これは、未熟なクリニックで施術を受けた場合によく見られるケースです。

また、施術後の仕上がりがイメージと異なる場合もまれにあり、これはクリニックと患者さまのイメージ共有がうまくできなかった結果といえます。小陰唇縮小手術を成功させるためには、クリニックとの十分なコミュニケーションが重要です。

 

出血が続く・感染症にかかるなどのリスクがある

小陰唇縮小術後に出血が続くケースも見受けられます。施術直後は出血があるものの、数日経つと治まるのが一般的です。しかし、人体の構造上、下着に擦れやすい部位であるため、1カ月程度にわたり少量の血がにじむこともあります。

また、感染症にかかるリスクも考慮する必要があるでしょう。大量の出血が止まらない場合や感染症の症状が出た場合は、迅速な医療機関での受診が必要です。

 

排尿のトラブルが起こることがある

小陰唇縮小術は、小陰唇のサイズ調整により排尿トラブルが生じる可能性があります。大きすぎる場合は尿の通り道に干渉し、小さすぎる場合は尿が飛び散りやすくなり痛みを引き起こすことがあります。

施術前に医師との十分な相談と検討が必要で、バランスを保ちつつ悩みを解消することが重要です。

 

小陰唇縮小術がおすすめな人

小陰唇縮小術は、以下のような悩みを抱える方におすすめです。

  • 小陰唇の大きさが気になる
  • 左右の大きさや形に違いを感じる
  • 男性器挿入時に痛みを伴う
  • 部分的または全体的に黒ずみがある
  • 汚れがたまりやすいと感じる
  • 尿がかかり、不快な状態

これらの悩みに対して、小陰唇縮小術が解決の手段となり得るかもしれません。個別の悩みに合わせて、医師と相談しましょう。

 

当院の小陰唇縮小術の紹介

ここでは、当院が行っている小陰唇縮小術を紹介します。具体的な施術方法や料金をチェックし、治療のイメージをつかみましょう。

 

施術方法

当院の小陰唇縮小術では、患者さまの個別の悩みに合わせて以下の施術方法を提供しています。

  • 肥大型
    肥大したヒダを切除し、理想の形に整えます。
  • 肥大黒ずみ型
    黒ずんだ箇所の切除を行い、希望のサイズに合わせた調整が可能です。
  • 片側肥大型
    片側のみを切除し、左右のバランスを整えます。
  • 副皮切除
    小陰唇が上へ広がったように見える「副皮」を切除し、ヒダを整え、より小ぶりで形の整った陰部に変えます。

これらの施術方法は、患者さまの希望や個別の体形に合わせて選ぶことが可能です。カウンセリングを通じ、専門医が最適なプランを提案いたします。

 

施術料金

当院の小陰唇縮小術の施術料金は以下の通りです。

小陰唇縮小術 片側 モニター 88,000円
両側 モニター 148,500円
片側 93,500円
両側 154,000円
無痛麻酔 33,000円

※全て税込表記
※保険適用外

患者さまの希望に合ったプランをお選びいただけます。初回カウンセリングでは、詳細な施術内容や費用について丁寧に説明しますので、お気軽にご相談ください。

 

【症例写真あり】ダウンタイムと術後の経過

施術名 小陰唇縮小術
施術方法 気になる部分を切除し、理想の形にする施術です。
料金 77,000円~(税込) ※保険適用外
術後の経過・痛み・腫れ・内出血 腫れ・痛み・内出血・出血・化膿・熱感・痒みなどが生じる可能性があります。
無痛麻酔を使用し、痛みを軽減します。抜糸は7日後です。

小陰唇縮小術のダウンタイムは個人差がありますが、腫れや内出血は1~2週間ほどで落ち着き、約1カ月かけて自然な状態になっていきます。

手術の傷は外縫い法の場合、陰部に線状のものが残りますが、ほとんど目立ちません。抜糸は7日後が一般的ですが、溶ける糸も使用可能です。

手術後は翌日からシャワーが可能で、入浴は抜糸後から行えます。性行為は約1カ月後から可能です。

 

小陰唇縮小術の流れ

 

1.医師によるカウンセリング

小陰唇縮小術を希望している方は、カウンセリングの予約を取りましょう。カウンセリングで小陰唇の具体的なお悩みや、希望の形、婦人科疾患の有無などを確認します。カウンセリングでお悩みを共有し、小陰唇縮小術を適応できるかどうか判断いたします。

 

2.麻酔や施術

手術部位を消毒し、小陰唇の希望の仕上がりに合わせてデザインをマーキングします。マーキング後は局所麻酔を行い、マーキング通りに皮膚を切開・切除していきます。局所麻酔によって手術中は痛みをほぼ感じないため、ご安心ください。また、出血もほとんどありません。当院では「居眠り麻酔」での対応も可能なため、痛みが心配な方はご相談ください。

デザイン通りに皮膚を切除した後、糸で縫合します。施術から7日後に抜糸を行いますが、抜糸不要の溶ける糸での縫合も可能です。

 

3.アフターケア

縫合が終わり、出血が落ち着いたらそのまま帰宅できます。1週間程度、出血によって下着が汚れる可能性があるため、生理用ナプキンなどの使用をおすすめします。

小陰唇縮小術から7日後、抜糸のために通院の必要がありますが、抜糸不要の溶ける糸で縫合した場合は通院不要です。

 

小陰唇縮小術以外の当院で受けられる婦人科形成

フェアクリニックで受けられる小陰唇縮小術以外の婦人科形成は、「副皮切除」「小陰唇縮小術+副皮切除セット」「クリトリス包皮切除」「大陰唇縮小」があります。

それぞれ詳しく解説していきます。

詳しく知りたい方は、下記の記事もご覧ください。
婦人科形成はどんな悩みにおすすめ?部位別の施術や症例写真を紹介

 

副皮切除

副皮を切除し縫合する施術です。副皮とは小陰唇の上の部分のことで、小陰唇が大きく見えてしまう要因になります。

副作用やリスクは小陰唇縮小術と同じく、出血や化膿、熱感や腫れ、かゆみなどがあります。ダウンタイム中は、内出血で陰部が赤紫色なったり腫れたりしますが、1〜2週間程度で落ち着いていきます。また、痛みの感じ方には個人差がありますが、数日から1週間程度で少しずつ良くなっていくため、ご安心ください。

手術時間は約30〜60分で、手術料金は片側82,500円(税込)、両側132,000円(税込)です。

 

小陰唇縮小術+副皮切除セット

小陰唇縮小術+副皮切除セットは、小陰唇縮小術と副皮切除を組み合わせた施術です。

副作用やリスクは、小陰唇縮小術や副皮切除と同じく、出血や化膿、熱感や腫れ、かゆみなどがあります。ダウンタイム中は、内出血で陰部が赤紫色なったり腫れたりしますが、1〜2週間程度で落ち着いていきます。また、痛みの感じ方には個人差がありますが、数日から1週間程度で少しずつ良くなっていくため、ご安心ください。

手術時間は約30〜60分で、手術料金は片側170,000円(税込)、両側280,000円(税込)です。

 

クリトリス包皮切除

クリトリスを包んでいる皮を包皮といい、包皮がクリトリスを全体的に包んでいる状態が「クリトリス包茎」です。クリトリス包茎は垢がたまりやすいため、陰部を清潔に保ちやすくしたり、性行為時の痛みを軽減したりする目的で、クリトリス包皮切除は行われます。

副作用やリスクは、出血や化膿、熱感や腫れ、かゆみなどがあります。ダウンタイム中は、内出血で陰部が赤紫色なったり腫れたりしますが、1〜2週間程度で落ち着いていきます。また、痛みの感じ方には個人差がありますが、数日から1週間程度で少しずつ良くなっていくため、ご安心ください。

手術時間は約30〜60分で、手術料金は132,000円(税込)、無痛麻酔をご希望の場合は追加で33,000円(税込)かかります。

 

大陰唇縮小

大陰唇は、小陰唇の外側にある、陰毛の生えているふっくらした部分です。大陰唇縮小は、大陰唇の膨らんだ部分を切除し、縫合する施術です。

副作用やリスクは、出血や化膿、熱感や腫れ、かゆみなどがあります。ダウンタイム中は、内出血で陰部が赤紫色なったり腫れたりしますが、1〜2週間程度で落ち着いていきます。また、痛みの感じ方には個人差がありますが、数日から1週間程度で少しずつ良くなっていくため、ご安心ください。

手術時間は約30〜60分で、手術料金は176,000円(税込)、無痛麻酔をご希望の場合は追加で33,000円(税込)かかります。

 

小陰唇縮小術で後悔しないためには信頼できるクリニック選びが重要

小陰唇縮小術を考える際、信頼できるクリニックの選択が後悔を避ける鍵です。以下のポイントに注目しましょう。

  • 技術力や実績
    クリニックの医師の技術力やこれまでの実績は重要な要素です。施術前の写真や症例、患者さまの体験談などを確認し、医師の専門性を評価しましょう。
  • カウンセリングの丁寧さ
    カウンセリングが丁寧で理解しやすいかどうかも重要なポイントです。クリニックが患者さまの希望や不安を真摯に受け止め、適切な情報提供ができるかを確かめましょう。良好なコミュニケーションは後悔を避ける一助となり得ます。

信頼できるクリニックを選ぶことで、安心して手術に臨み、理想的な結果を得やすくなるでしょう。慎重に選び、自身のニーズに合ったクリニックを見つけることが重要です。

 

当院は日本形成外科学会形成外科専門医が患者さまに寄り添いながら治療をいたします

当院では、患者さまに安心して治療を受けていただくため、以下を重視しています。

  • 女性医師在籍
    フェアクリニックには女性医師も在籍しており、患者さまのニーズにより柔軟にお応えできます。
  • 日本形成外科学会形成外科専門医
    当院の医師は日本形成外科学会形成外科専門医の資格を有しており、高度な技術と知識で治療にあたっています。
  • 話しやすいカウンセリング
    患者さまが安心してお話しできる雰囲気づくりに努め、不安や疑問に寄り添います。
  • 良心的な価格設定
    患者さまに適切な治療を提供するため、良心的な価格設定を心がけています。

医学博士であり、日本形成外科学会形成外科専門医である井内友美医師をはじめ、経験豊富な医師が患者さまの健康と美容に寄り添います。

カウンセリングから治療まで、温かな雰囲気で患者さまをサポートしますので、不安やお悩みがございましたらお気軽にご相談ください。

 

小陰唇縮小術に関するQ&A

ここでは、小陰唇縮小術に関する疑問にお答えしていきます。小陰唇縮小術に関する知識を深めましょう。

 

保険は適用されますか? 

保険は小陰唇縮小術には適用されません。当院では、保険外診療と位置づけられています。保険を適用させて治療を行うことは、医療機関の法的な違法行為に該当します。

保険治療が可能とうたうクリニックは誠実とはいえず、適切な治療が行われない可能性があるでしょう。当院では、正確かつ誠実な情報を提供し、安心して治療を受けていただくことを重視しています。

 

術後は強く痛みますか?

術後の痛みや腫れには個人差がありますが、ほとんどの方が直後にわずかな痛みを感じる程度です。

手術翌日からはシャワーが可能で、日常生活は通常通りに行えます。ただし、自転車やオートバイの運転など、一部の活動においては1~2週間ほどは痛みが伴うでしょう。

痛みや不快感は個人差があるため、患者さまの体調や生活スタイルに合わせた適切なアフターケアが大切です。症状に関する不安や質問があれば、いつでも医師やスタッフにご相談ください。

 

効果はどれくらい持続しますか?

手術後、小陰唇が再び伸びることはほとんどありません。しかし、極めて激しい刺激を受けた場合、ごくまれに粘膜が伸びることがあります。

ただし、これは通常の生活で発生することではなく、再度の手術が必要な状況はまず考えにくいでしょう。一度手術を受けることで効果は安定し、希望の形状を持続的に維持できます。

 

生理の時期は避けたほうが良いですか?

手術はできれば生理予定日の10日~1週間前に行うのが良いでしょう。ただし、それより前に生理が始まった場合でも大きな問題はありません。

手術当日は生理にかからないようにすると、清潔な状態を保てます。生理のコントロールは難しい場合もありますが、医師と十分に相談し、適切な手術日を決定してください。

手術日に関する細かなスケジュールや注意事項についてもクリニックのスタッフと十分に話し合い、安心して治療を受けられるようにしましょう。

 

小陰唇縮小術で後悔するケースはありますか?

人によっては小陰唇縮小術を受けて後悔するケースもあります。小陰唇縮小術には、以下のようなデメリットがあります。

  • カウンセリング時に小陰唇のお悩みや希望の仕上がりが伝わっていなかったため、仕上がりに満足していない
  • ダウンタイムが明けても小陰唇の左右差があったり、凸凹していたりする
  • 手術後に出血が止まらず、長期間続いてしまう
  • 小陰唇を切除しすぎて排尿時に違和感を感じるなどトラブルになる
  • 手術後、感染症によるトラブルが陰部で起きる危険性がある

施術のメリット・デメリットを事前に確認してから手術を受ける方がほとんどでしょう。しかし、施術を受けた後に上記のようなトラブルが実際に起きてしまうと、小陰唇縮小術を受けたことを後悔するケースがあります。

 

術後はいつも通り生活できますか?

小陰唇縮小術の術後は基本的にはいつも通り生活できますが、シャワーは手術の翌日から、入浴は抜糸が終わってからなど、多少の制限があります。激しい運動や自転車の使用は1〜2週間程度、性行為は1カ月程度控えましょう。

仕事や学校などは翌日から可能ですが、スイミングのコーチのお仕事やプールの授業などは1週間程度お休みすることをおすすめします。

 

まとめ:小陰唇縮小術はデリケートゾーンのさまざまな悩み解決に効果的

大きな小陰唇、黒ずみ、左右の不均等など、個々の悩みに合わせて手術を行い、理想的な形状を目指すのが小陰唇縮小術です。

フェアクリニックでは、日本形成外科学会形成外科専門医の井内友美医師が安心かつ高品質な治療を提供しています。女性医師在籍や話しやすいカウンセリング、良心的な価格設定などにより、患者さまに寄り添った治療を心がけているのが特徴です。

不安や質問があれば、井内医師やスタッフにお気軽にご相談ください。無料カウンセリングを通じて、あなたに最適な治療プランを一緒に考えていきましょう。

©フェアクリニック All Rights Reserved.

メニューへ戻る