最新
情報

美容コラム

切らない眼瞼下垂がおすすめな人は?知っておきたい治療内容と術後

この記事を書いた人

柴田 健了(しばた たけのり)

京都大学医学部卒。日本形成外科学会専門医。長年の治療実績、論文の成果が認められた医師のみが認定される日本形成外科学会専門医の資格を持つ。20年以上形成外科・美容外科の専門医として従事し、大手美容外科を経て、フェアクリニック川口院/東京院を開設。クリニックのコンセプト「フェア(正しい・明瞭)」を掲げ、良質な技術を提供。▶公式サイトURL:https://fairclinic.jp/about/

目を開く筋肉が弱まり、目が開きにくくなる眼瞼下垂。目が小さく見え、おでこのシワの原因にもなるので、治療したいと考える方も多いのではないでしょうか。

そこでこの記事では、切らない眼瞼下垂治療について紹介していきます。切らない眼瞼下垂治療について詳しく知りたい方は、ぜひ参考にしてみてください。

 

目次

切らない眼瞼下垂ってどんな治療法?治療内容・流れ・値段

眼瞼下垂とは、まぶたを開く筋肉(眼瞼挙筋)の力が弱く、まぶたが開きにくい状態のことです。目が小さく見え、視界不良・おでこのシワなどを引き起こします。

切って治す方法と切らずに治す方法がありますが、ここでは、当院で行っている切らずに眼瞼下垂を治す方法について紹介していきます。

切らない眼瞼下垂治療の内容や流れ・値段について詳しく知りたい方は、ぜひ参考にしてくだい。

 

【永久保証】当院で行う「眼瞼下垂ワンデー埋没法」

当院では眼瞼下垂治療として「眼瞼下垂ワンデー埋没法」を提供しています。二重整形でよく行われている埋没法を派生させた治療方法で、「眼瞼下垂を治したいけどまぶたを切るのは怖い」という方におすすめです。

永久保証がついているので、万が一症状が良くならない場合はいつでもご相談いただけます。

以下では、眼瞼下垂ワンデー埋没法のポイントについて解説していきます。

 

ポイント①極細の糸で筋肉を縫い目の開きを改善

眼瞼下垂ワンデー埋没法の治療は以下の手順で行われます。

①上まぶたを反転させて、そこから糸を通します。
②糸で眼瞼挙筋の距離を縮めます。

眼瞼下垂の方の挙筋は、弾力がなくなり伸びた状態になっています。眼瞼下垂ワンデー埋没法は、伸びた挙筋を糸で止め、目を開きやすくする治療です。これにより、眼瞼下垂による目が開きにくい・目が小さく見えるなどのお悩みを改善します。

施術時間は両目で20分~30分と短く、体に負担がかかりにくい点も特徴です。

 

ポイント②傷跡を残さず綺麗な二重ラインを形成

当院の眼瞼下垂ワンデー埋没法は、傷跡を残さず綺麗な二重ラインが形成可能です。

保険診療で眼瞼下垂治療を行うと、仕上がりの美しさを求めるのは難しいといわれています。当院では、ご希望の二重ラインをカウンセリングでしっかりヒアリングした上で施術を行っています。

治療後は小さな点のように糸が見えますが、時間が経つと埋まっていくので、傷を作らず治療したい方にもおすすめです。

 

なかなか気付きにくい眼瞼下垂|早期の相談で適切な治療を

まぶたの開きが悪いという症状は、たるみが引き起こしている場合もあります。眼瞼下垂は目の開き自体が悪くなってしまいますが、たるみは主に加齢によって引き起こされ、目そのものは開いている状態です。

見た目に違いがなくても、原因が違うため治療方法も異なります。眼瞼下垂とたるみは見分けが付きにくく、眼瞼下垂だと気付かず来院する方もいます。

詳しくはYouTubeにて紹介していますので、参考にしてみてください。

 

切らない眼瞼下垂はこんな悩み・希望を持つ方におすすめ

切らない眼瞼下垂は、以下のような悩みを持っている方におすすめの治療です。

  • 目力がない二重の方
  • 眠そうな目・くぼんだ目をしている方
  • 目の開きが小さくなったと感じる方
  • 目を開く際に眉毛を上げてしまい、おでこにシワが出来てしまう方
  • 逆さまつ毛の方

以上のお悩みを解消するにあたって、以下のような希望を持っている方にもおすすめです。

  • 埋没法で二重整形をしてもぱっちりとした目元にならなかった方
  • 傷跡を残さず、綺麗な仕上がりにしたい方
  • 休みがとれず、腫れなどのダウンタイムを軽度に済ませたい方

 

眼瞼下垂ワンデー埋没法の治療の流れ・値段をご紹介

当院で行っている眼瞼下垂ワンデー埋没法の治療の流れは以下の通りです。

1.カウンセリング
 院長自らが患者さまのまぶたの状態を確認し、最適な治療方法をご提案いたします。
2.麻酔
 当院では、目薬タイプの麻酔を使用しています。その後、極細針の麻酔を注射するため、針の感覚が苦手な方でも安心です。
3.施術
 極細の糸を使用し挙筋を縫い縮めます。施術時間は両目で20~30分ほどです。
4.アフターケア
 当院の眼瞼下垂ワンデー埋没法には永久保証がついています。術後のお悩みはお気軽にご相談ください。

当院の眼瞼下垂ワンデー埋没法は、永久保証込みで両目198,000円です。

 

切らない眼瞼下垂のダウンタイムは?気になる術後の経過

美容施術を受けるにあたって気になるのはダウンタイムの期間や症状ではないでしょうか。ここでは、切らない眼瞼下垂のダウンタイムや術後の経過について紹介していきます。

 

不安なダウンタイム|期間・痛み・腫れ・赤みは?

切らない眼瞼下垂はまぶたの裏側に糸を通すため、皮膚に傷が付かずダウンタイムが短いのがメリットです。

切る手術の場合、ダウンタイムは2週間~3カ月といわれていますが、当院の切らない眼瞼下垂は4~7日で落ち着きます。術後は二重の幅が広くなりますが、徐々に仕上がっていくので安心してください。

当院では目薬の麻酔と極細の針で行う局所麻酔を併用しているため、施術中の痛みはほぼ感じません。

赤みが出ることも少なく、糸を通す際の内出血で青さが小さく出ることがありますが、目立つほどではないでしょう。

 

治療後の過ごし方|メイク・シャワー・洗顔はいつから?

メイク・シャワー・洗顔は治療部位以外なら当日から可能です。また、治療部位のメイクは4日目から可能です。

コンタクトは48時間後から装着可能なため、眼鏡を準備しておくことをおすすめします。飲酒は腫れが引いてからにしましょう。

飲酒やお風呂で体が温まり血流が良くなると、腫れが強く出てしまうので気を付けてください。

 

【症例】写真・動画でビフォーアフターをチェック!

手術名 眼瞼下垂ワンデー埋没法
治療方法 極細の糸によって挙筋を縫い縮めることで、目の開きにくさを改善する方法です。
術後の経過 目を閉じて鏡を近づけると糸が小さな点のように見えますが、やがて埋まっていきます。

一時的に希望の二重のラインよりも広くなりますが、4~7日で落ち着きつきます。

糸を通す際に小さな内出血の青さが出ることがありますが、周囲にわかることはほとんどありません。

費用 両目 198,000円
保証 永久保証付きです。症状が改善されにくい場合、ご相談ください。

ビフォーアフターについてさらに詳しく知りたい方は、YouTubeの動画もご覧ください。

 

治療前に確認!切らない眼瞼下垂のデメリットとリスク

切らない眼瞼下垂のデメリットとして、症状が重度の場合改善があまり期待できないことがあげられます。

切らない眼瞼下垂はまぶたの裏側からアプローチする治療方法です。そのため傷が残りにくいというメリットがありますが、表の皮膚を調整することはできません。

まぶたがたるんでいる方・脂肪が多い方・重度の眼瞼下垂の方は、思い通りの二重ラインにすることが難しく、切開法の方が向いている場合もあります。

また、通常の眼瞼下垂手術は保険が適用される場合がありますが、切らない眼瞼下垂は保険が適用されず自費診療となります。

切らない眼瞼下垂は視野が狭い箇所で行う治療です。施術者のスキルによっては左右差が出るリスクもあるので、治療院選びは慎重に行いましょう。

 

【Q&A】切らない眼瞼下垂に関する疑問や不安を解消!

Q.効果の持ちはどれくらい?すぐ戻る?

まぶたの裏でまぶたを開く筋肉を糸で止めるため、基本的に元に戻ることはありませんが、管理方法やまぶたの状態・年月の経過によって戻る可能性もあります。目を強くこすると糸が切れてしまう場合があるので注意が必要です。

当院の切らない眼瞼下垂には永久保証がついています。術後に元に戻ってしまった場合は遠慮なくご相談ください。

 

Q.切らない眼瞼下垂と埋没の違いは?

切らない眼瞼下垂と埋没は、まぶたの裏からアプローチし症状を改善するという点では同じですが、施術の目的に違いがあります。

切らない眼瞼下垂は、眼瞼下垂を治療する手術です。きれいな二重をつくるよりも、目を開きやすくするという目的があります。

埋没は二重のラインをつくるための手術です。まぶたの内側を医療用の糸と針で止めて二重まぶたを形成します。理想的且つきれいな二重まぶたをつくるのが目的です。挙筋を糸で止めるわけではないので、眼瞼下垂の治療にはなりません。

 

Q.切らない眼瞼下垂は保険適用になる?

当院で提供している切らない眼瞼下垂は保険適用外です。

中度以上の眼瞼下垂は保険適用で切る治療をすることもできますが、まぶたの美しさを追求できる施術ではありません。きれいなラインを作りつつ眼瞼下垂を治療することが目的の場合は、自由診療となり保険適用外となります。

当院では、眼瞼下垂を治療するだけではなく、仕上がりの美しさを求めている方に向けた自由診療のメニューを提供しています。

また、目が開きにくいものの重度ではない偽性眼瞼下垂という症状もあり、こちらも保険適用外のため、自由診療で治療する方が多く見られます。

 

Q.保証について詳しく知りたい!永久って本当?

当院では、術後に二重のラインが消えてしまった・薄くなってしまったという方は無料で再手術することが可能です。

保証期間は治療内容によって変わりますが、切らない眼瞼下垂には永久保証がついています。万が一仕上がりに不満がある場合は、お気軽にご相談ください。

 

Q.男性でもフェアクリニックで眼瞼下垂の治療は受けられる?

当院では男性の患者さまも歓迎しています。もちろん切らない眼瞼下垂の治療を行うことも可能です。

プライベートを重視し完全個室で対応しているので、周りの目が気になることもありません。

 

Q.切らない眼瞼下垂の治療は誰でも希望すれば受けられる?

切らない眼瞼下垂の治療は基本的に誰でも受けられる治療です。生まれつき眼瞼下垂の方や、他院で治療し不満が残った方でも改善が期待できます。

ただし、眼瞼下垂の症状によっては切らない眼瞼下垂よりも切開手術の方が適している場合があります。

 

眼瞼下垂の症状によっては別の治療を提案する場合もあります

重度の眼瞼下垂は、切らない眼瞼下垂では症状の改善が期待できない可能性があるため、患者さまの症状に適した別の治療法をご提案する場合があります。

ここでは、眼瞼下垂にアプローチできる眉下切開について紹介していきます。

 

眼瞼下垂に切ってアプローチ|眉下切開(眉下リフト・ブロウリフト)

眉下切開とは、眉下を切開しまぶたのたるみをとる施術で、眉下リフト・ブロウリフトとも呼ばれています。眉下切開の治療方法は以下の通りです。

1.切除部分の皮膚をデザインします
2.眉下のきわに沿って切開し、たるみ部分を切除します
3.切除部分を縫合して終了です

傷跡部分が眉毛で隠れるため、まぶたを切るよりも治療跡がわかりにくくなります。たるみをとるだけなので二重の幅は変わりません。印象を変えずにたるみだけ改善したい方におすすめです。

費用は両目で275,000円。施術時間は両目で40~50分ほどかかり、片目だけの治療も受け付けています。

 

眉下切開のダウンタイム・術後の過ごし方

ここでは、眉下切開のダウンタイムや術後の過ごし方について紹介していきます。眉下切開の施術が気になる方はぜひ参考にしてみてくだい。

 

気になるダウンタイム|痛みはどのくらい?腫れ・赤みは?

眉下に極細の針で麻酔をしてから施術するため、治療中の痛みはほとんどありません。

眉下切開はまぶたを切開するよりも腫れが出にくいのが特徴です。とはいえ内出血が出る確率が高く、腫れが少し出る場合も。内出血は2週間ほどで引いていきます。

また、術後は眉下に縫合した糸が付きますので、気になる方は仕事などのスケジュールを調整する必要があるでしょう。

抜糸は7日後に行います。抜糸後は赤みが出ますが、1~2カ月で落ち着きます。

 

治療後の過ごし方|洗顔・シャワー・メイクはいつからOK?

治療部位以外の洗顔・シャワー・メイクは当日から可能です。治療部位は抜糸後から可能になります。施術してから1週間は治療部位を濡らさないように気を付けてください。

糸が切れる可能性があるため、抜糸までは筋トレなどのキツい運動は避けましょう。傷がくっついてから徐々に運動するのがおすすめです。

以下の記事では、眉下切開についてより詳しく解説しています。眉下切開が気になった方はぜひチェックしてみてください。

 

眼瞼下垂の治療を成功させるために注目したいポイントは?

切らない眼瞼下垂を受けるなら、医院選びはとても大切です。安心して治療を受けていただくために、医院選びの際に注目したいポイントを3つ紹介していきます。

 

Point①日本形成外科学会専門医の資格を持つ

美容整形を受ける際は、日本形成外科学会専門医の資格を持つ医師を選ぶのがおすすめです。

日本形成外科学会専門医とは、以下の3つの条件をクリアした形成外科医で、機能面だけでなく美容面を向上させるスペシャリストです。

  • 医師免許を取得し、日本形成外科学会に4年以上正学会会員として在籍する
  • 学会認定施設で所定の規格研修を受けて必要書類を提出する
  • 形成外科学会専門医試験に合格する

民間資格よりも審査基準が厳しく、提出物や症例数もかなりの数が必要となります。

 

Point②カウンセリングから手術まで同じ医師が担当する

カウンセリングから手術まで同じ医師が担当してくれる医院を選ぶのもポイント。

患者さまと医師の認識の違いをできるだけ排除し、理想を叶えるためには丁寧なカウンセリングがとても大切です。治療法やリスクについて詳細な説明がないクリニックはおすすめできません。

当院では、カウンセリングから手術まで院長が全て行っています。患者さまの希望を直接伺うため、納得したうえで施術を受けることが可能です。

 

Point③信頼できるクリニックと言える条件を満たす

信頼できるクリニックの条件は以下の5つです。

  • 治療方法の提案やカウンセリングは、カウンセラーではなく実際に施術する医師が行っている。
  • 治療部位が多くなるように勧誘しない
  • 痛みができるだけ少なくなるように配慮されている
  • 施術前に仕上がりについての確認を十分にしている
  • アフターケアが充実している

前述の通り、当院ではカウンセリングから施術まで全て院長が担当しています。しっかり納得いただいた上で施術を受けるか判断することが可能です。無理な勧誘もいたしません。

腫れや内出血ができるだけ少なくなるよう、治療部位が最小限になる治療を提案します。

また、痛みを最小限に抑えるために目薬の麻酔と完全無痛麻酔を併用しているので、治療中はほとんど痛みを感じません。

当院で行っている眼瞼下垂の治療は、目が開きやすくなるだけでなく仕上がりの美しさも追求しています。万が一仕上がりに不満があった場合は、永久保証がついているため、お気軽にご相談ください。

 

当院はフェアな価格で良質な治療の提供に取り組んでおります

当院では、良質な治療を低価格で受けていただけるようなクリニック作りに力を入れています。

当院の名前となっている「フェア」には、「正しい・明瞭」という意味があります。「美容施術を受けたら予想外のオプションが付いており、表示価格より高くなってしまった」なんてことはおこりません。

当院では、HPに記載している通りの価格で治療を提供しています。治療の情報は正確に、正直にお話しさせていただきます。

 

まとめ:まぶたの重み・目の開きにくさは切らない眼瞼下垂で解消できる

切らない眼瞼下垂治療について紹介してきましたが、いかがでしたか?

眼瞼下垂とは、目を開く筋肉が弱くなり目が開きにくくなった状態のことです。当院で提供している切らない眼瞼下垂治療は、ダウンタイムが少なく傷跡も残りません。

良質な治療を低価格で提供している当院で、眼瞼下垂治療を検討してみてはいかがでしょうか。

この記事を読んで当院の切らない眼瞼下垂治療に興味を持った方は、こちらの施術詳細ページをぜひチェックしてみてください。

 

©フェアクリニック All Rights Reserved.

メニューへ戻る

}