院長ブログ

【医師が解決】脂肪吸引治療の疑問

院長ブログ

出演者情報

柴田医師:美容整形の女性の悩みについて本音の情報を発信している「Dr.柴田の美容整形予備校」主宰。

くらぬき:美容クリニックの主任カウンセラー。

脂肪吸引治療について

柴田医師:ようこそ、美容整形予備校へ。では、脂肪吸引について授業を始めましょう。こんにちは、ドクターの柴田です。

くらぬき:秘書のくらぬきです。

柴田医師・くらぬき:よろしくお願いします。

くらぬき:今回は脂肪吸引の授業です。脂肪をリバウンドせずなくしたいというご希望は男女ともに多く寄せられます。

  • 脂肪吸引ってそもそも何?
  • ダウンタイムは?
  • 術後の注意事項は?

などの脂肪吸引のトータル的なお話をしていただきたいと思います。

柴田医師:脂肪吸引は痩身治療の中で王道の治療法といってよいと思います。なんていっても脂肪を吸いだしてしまうので、間違いなく細くなります。基本的には体中ほぼ全身、脂肪吸引は可能で頬からあご、二の腕、背中、腹部、ウエスト、腰回り、太もも、ヒップ、ふくらはぎまで脂肪吸引は可能です。年齢性別問わず昔から人気の治療です。でも、脂肪吸引は怖いとかそういった印象があると思うので、安全に気を付けて、あとはデコボコしないかっていう心配もあると思うので、そうならないような丁寧な吸い方、それを心がけてやる必要があると思います。

脂肪吸引治療とは?

くらぬき:では、実際に柴田先生のもとに寄せられる脂肪吸引のご質問をご紹介します。脂肪吸引とはどのような治療か教えてください。

柴田医師:字の通りなんですけど、脂肪が多いところから脂肪を吸ってしまうんですね。吸ううっていっても細い鉄のストローみたいなもので掃除機のようなもので吸い出してしまうということです。なので、脂肪は体から外に出ていくと。吸った部分は当然細くなっていくというそういった治療です。

希望する量で脂肪吸引してもらえる?

くらぬき:希望する量を全て吸引できますか?

柴田医師:限りなく減らしてほしいというリクエストは多いんですけれども、特にお腹とかは例えば皮下脂肪と内臓脂肪があるので、取れるのは皮下脂肪ということで、皮下脂肪はなるべく取れる限り取るんですけども、内臓脂肪は残ります。そういったような限界みたいなのもありますけども、なるべく多く取るようなことは心がけておりますね。

効果の出やすい部分、出にくい部分はある?

くらぬき:効果の出やすい部分、効果の出にくい部分はありますか?

柴田医師:はい。もともと脂肪が多いところはやっぱり効果は出やすいです。なので、太もも、ヒップ、お腹。そういったところは脂肪を吸うと細くなりやすいです。逆に効果が出にくい部分というのは例えばふくらはぎなんかは痩せたいと思ったときに実はふくらはぎは筋肉が多かったりもするので、取れる脂肪は意外と少ないみたいなことはあり得ます。そこら辺は脂肪の付き具合で変わってくるとか思います。

ふくらはぎなど筋肉の多い部分は効果がでにくい

なぜ腫れや痛みが出るの?

くらぬき:なぜ、腫れや痛みがでるのか、具体的にはどのような状態か教えてください。

柴田医師:腫れは脂肪が1回減ると、人間の体は足りなくなったら補おうという性質があるので、水分が溜まってむくみます。単純にあとは傷を付けたということもあるので、反応としては腫れるということが起こります。だいたい2~3週間出ますけどね。

腫れは人間の性質上、2~3週間ほど水分が溜まって腫れを起こす

それから痛みは筋肉痛のような痛みというふうにいわれます。それは恐らく、脂肪の隣に筋肉があるので、そこから筋肉をこするみたいなところがちょっとあるので、それによって痛みが出るというふうに考えられます。

痛みは施術した隣の筋肉が施術部分と擦れることで起きる筋肉痛に近い症状

脂肪吸引のやり過ぎは危険?

くらぬき:脂肪吸引をしすぎると危険と聞きました。なぜですか?

柴田医師:実際、吸引しすぎると危険というのはあります。単純に、脂肪を吸ってるときに血液もある程度吸うことになりますので、限界を超えちゃうともう本当に貧血になりうるというものなので、体に負担がかかる程度の貧血を起こさない量っていうのがだいたいありますので、そこら辺を考えながら取るというふうになります。

脂肪吸引後にすぐ細くなる?

くらぬき:吸引後すぐに細くなりますか?

柴田医師:それは先ほどお話したことになるんですけども、脂肪が減るのでいきなり細くなりそうですけども、その部分に水分とかが溜まるので最初はむくみでむしろ太く見える時期が2~3週間ほどは続きます。そこから減って、1~2カ月したらだいぶ細くなって3カ月目ぐらいには完成ですよというそれぐらいの期間で細くなります。

なぜ脂肪吸引はリバウンドしないの?

くらぬき:脂肪吸引後はリバウンドしないというのはなぜでしょうか?

柴田医師:大人になってから脂肪の細胞の数っていうのは増えないと言われていて、脂肪っていうのはつぶつぶなんですけどもその数を減らしているので、太るって何かってなると脂肪細胞一個一個が膨らんでいくので、脂肪の数、細胞の数が減っていれば、例えばたくさん食べて太ったとしても吸引した部分は太る割合が少ないということで、実際リバウンドしにくいです。

脂肪吸引後の注意事項は?

くらぬき:脂肪吸引後の術後の注意事項を教えてください。

柴田医師:むくみが最初強いので、なるべく早くきれいにおさえたいということで、圧迫を基本的に心がけてもらってます。マッサージを推奨するクリニックさんもあるようなんですが、とにかく押さえることは大事かなと思います。あとはなるべく動いてもらったほうがいいです。ずっと寝てるとむくみが引きにくいんで、人間はやっぱり動いたほうが血の巡りがよくなって、むくみとか水分の流れがよくなるので、動いてもらったほうが早く回復します

くらぬき:先生、脂肪吸引治療についてよく分かりました。

柴田医師:今回は脂肪吸引について広い範囲でお話しましたが、次回からはもっと深掘りした内容にしていきます。今回の授業はここまで。ありがとうございました。

くらぬき:復習しておきます。

柴田医師・くらぬき:ありがとうございました。

 

院長ブログ

院長ブログ

【医師が解説】韓国で整形は超危険!?

院長ブログ

【医師が解決】脂肪吸引治療の疑問

©フェアクリニック All Rights Reserved.

メニューへ戻る