乳頭の専門治療

日本形成外科学会専門医が行う陥没乳頭の手術
日本形成外科学会専門医が行う陥没乳頭の手術

陥没乳頭の手術について

乳管、性感の機能を持つ
繊細な箇所です。
陥没周到手術は、
形成外科手術の領域です。

乳管、性感の機能を持つ繊細な箇所です。
陥没周到手術は、形成外科手術の領域です。

乳頭は複雑な構造で、
繊細な手術が求められる箇所です。
乳管や感度など、機能を損なうことなく
手術を行う必要があります。

※当院の手術は、
日本形成外科学会専門医 柴田健了院長が
すべて担当します。
安心してお任せください。

陥没乳頭(陥没乳首)で困ること

  • お悩み
    1

    授乳ができない
    授乳を考える方にとっては深刻で、母乳を与えたくても吸う力が弱い赤ちゃんだと乳頭のへこみで吸うことができない状態となります。
  • お悩み
    2

    乳腺炎等の
    病気のリスク
    へこんだ部分に汚れがたまり、雑菌が繁殖しやすい不衛生な状態になります。乳腺炎などを発症するリスクが高まります。
  • お悩み
    3

    男性に感じてない、
    と誤解される
    また性行為の際に男性から、「興奮していないから乳首がへこんだままなんだ」と男性に言われ、深く悩む女性もおられます。

陥没乳頭のレベル

指で引っ張っても外に出てこない場合を
「真性」、指で引っ張ればすぐに出てくるものを
「仮性」と呼びます。

  • 乳首の先端を容易に手でつまみだすことができるが、やがて埋もれてしまう。

  • 乳首の先端を何とか指でつまみだせるが、離すとすぐに埋もれてしまう。

  • 乳首を指でつまみだすことが全くできない。

陥没乳頭の原因は
「乳管が短い・拘縮している」から

乳管が短い、
縮んでいるため乳頭を中に引っ張り、
乳首の先端がへこみます。

乳管が短い、縮んでいるため乳頭を中に引っ張り、
乳首の先端がへこみます。

母乳が通るパイプである乳管が短い、拘縮(こうしゅく)していることで、乳管先端が内側へ引っ張られることでへこみが生じます。自然に治ることはないため、乳管を処置し正常な長さに戻す、または乳管を切り離すことで、へこみ・くぼみが戻ります。

治療方法

乳管を温存する手術を、
心がけています。

乳管を温存する手術を、心がけています。

授乳をお考えの方も、
安心してお受けいただる手術です。

過去の陥没乳頭手術の再治療

という状態も、診察の上で再治療の可否を判断いたします。
諦めずにどうぞご相談ください。

という状態も、診察の上で再治療の可否を判断いたします。
諦めずにどうぞご相談ください。

診療の流れ

手術は30~80分で、
日帰りで受けられます
(入院不要です)

手術は30~80分で、日帰りで受けられます(入院不要です)

STEP
1

柴田院長による問診・診察

女性看護師または女性カウンセラーが同席し、柴田院長が診察いたします。

STEP
2

手術方法の検討

陥没の状態、患者様の希望に沿った手術方法を一緒に考えます。

STEP
1

デザイン

診察の上、切除する箇所をデザインします。

STEP
2

局所麻酔、または無痛麻酔

治療時に痛みがないよう、麻酔をします。
局所麻酔または居眠り状態となる無痛麻酔の用意があります。

STEP
3

手術

切除、止血、縫合の順で手術を進めていきます。

STEP
4

終了・帰宅

術後のケアを行い、経過の説明を行ったあとお帰りいただけます。
へこみを引き出すため、乳頭にキャップを着けることがあります。

■通院について

3日後消毒にお越しいただきます。
7日後抜糸を行います。

※経過の問題がなければ、通院は以上で終了です。

手術時間 約30~80分

麻酔 局所麻酔または無痛麻酔

手術後の腫れ・内出血・痛み 腫れ、内出血は10日~2週間程度。
痛みは当日~3日程度。

傷跡 手術法により、乳首や乳輪に治療あとが残るが、やがて色は同化して目立たなくなる。一定期間、縫合あとが硬くなる。

手術後の生活 シャワーは翌日より可能。
入浴は抜糸後から可能。
性行為は約1ヶ月間禁止。

当院の治療は保険外診療となります。
料金はすべて税込表記です。
※モニターも募集しております。「モニター治療希望」とお伝えください。

close

モニター患者様募集中

モニター募集中

フェアクリニックでは、陥没乳頭治療モニター患者様を募集しております。お申し込みは以下フォームよりお願い致します。

治療モニター患者様を募集します。フォームより申し込み下さい。

地図

埼玉川口院

すべての診察を柴田院長が行います。
川口駅直結で最高のアクセスです。
(川口駅東口1分)

〒332-0017 埼玉県川口市栄町3-5-1 川口ミツワビル 6F

tel0120-667-080

地図

東京院

すべての診察を柴田院長が行います。
東京駅2分、日本橋駅2分

〒103-0027 東京都中央区日本橋3-1-4 日本橋さくらビル6階

tel0120-667-080

©フェアクリニック All Rights Reserved.

メニューへ戻る

}